乗鞍岳とは?

のりくらだけ 【乗鞍岳】 ◇

長野県南西部岐阜県との県境にある火山群最高峰剣ヶ峰海抜3026メートル)をはじめ、二二峰から成る。なだらかな火山丘が連続して馬の鞍のように見える。

乗鞍岳(岐阜県・長野県)

3026m 北緯360623秒 東経1373313秒 (剣ケ峰) (世界測地系

乗鞍岳地図

概 要

 南から権現池鶴ヶ池烏帽子の3火山体が南北配列し、それぞれが古期山体新期噴出物からなる安山岩デイサイト溶岩ドーム溶岩流主体とする。山頂部には火口湖せき止め湖など多くの池がある。北東側山麓湯川上流域に硫気孔がある。



最近1万年間の火山活動

 9600年前と9200年前頃に剣ヶ峰噴火起こり9600年前の噴火では火山砂噴出、9200年前の噴火で、火山灰スコリア噴出溶岩流流出が起こった。これらの活動以降も、給源不明であるが、何回かの水蒸気爆発発生している。最新噴火は、約2000年前に恵比寿岳で発生し、火山灰噴出溶岩流出が起こっている(尾関ほか,2000)。



記録に残る火山活動

1990(平成2)年
地震群発南南西10 地震群発1 月24 日 M4.2、4 月1 日 M4.6。

1991(平成3)年
前年以来地震続く、1 月23 日 M4.3。1992 年末にかけて減少しつつ続 いた。

1995(平成7)年
8月 南西約2kmで地震群発

日本活火山総覧(第3版)(気象庁2005)による。>




乗鞍岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/22 03:58 UTC 版)

乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の長野県松本市岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰標高3,026m)を主峰とする山々の総称。山頂部のカルデラを構成する最高峰剣ヶ峰朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳、富士見岳など23の峰があり、広大な裾野が広がる。飛騨側の高山市街地などから大きな山容を望むことができ、親しまれてきたである[6][7]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 十石岳から剣ヶ峰にかけての高山帯付近の区域はその特別保護地区、安房峠乗鞍高原周辺などの中腹区域はその特別地域、それらの周辺の山域は普通地域の指定を受けている。
  2. ^ 幕府に提出された絵図に乗鞍岳の山名が記載されている。
  3. ^ 朝日岳の山名は、山頂八峰の一つとして残されている。
  4. ^ 乗鞍の創始者である重明行者が命名したとされている。
  5. ^ 烏帽子火山体は山体崩壊と激しい浸食により、4万年前までにその3分の1が崩れ去った。
  6. ^ これらの水蒸気噴火テフラには、九州鬼界カルデラから飛来した鬼界アカホヤ火山灰が混じっている。
  7. ^ 不消ヶ池は火口湖であるとすることもあるが、そうではないとする説もある。
  8. ^ 鶴ヶ池は火口湖であるとすることもあるが、そうではないとする説もある。
  9. ^ 畳平周辺でも、しばしばツキノワグマが目撃されている。
  10. ^ 敗戦により航空研究所は建設されず、軍用道路は岐阜県の県道に編入され山岳観光道路として利用されるようになった。
  11. ^ 東京大学宇宙線研究所の前身は、1950年(昭和25年)に朝日学術奨励金によって建てられた朝日の小屋。
  12. ^ 以前は、平湯大滝から谷沿いの登山道があったが、途中崩落のため通行禁止になっていた。新しい登山道は、平湯温泉スキー場から尾根伝いに桔梗ヶ原までの9.6kmで、登り5時間、下り3時間半を要する。これで、登りは登山道を歩き、下りはバスといったことが可能になった。
  13. ^ 富士見岳の西側を巻く道路もあり、旧乗鞍コロナ観測所へ向かう道路は摩利支天岳山頂で行止りとなっている。
  14. ^ 頂上小屋を経由しない西側のコースもある。
  15. ^ 平湯口コースは、平湯大滝から姫ヶ原までの区間が2005年の時点で通行禁止となっている。
  16. ^ 子ノ原口コースは、2005年の時点で閉鎖されている。
  17. ^ 野麦口コースは、2005年の時点で通行禁止となっている。
  18. ^ 剣ヶ峰(乗鞍岳の山頂)からの山小屋までの距離は、登山経路上の距離ではなく、2地点の直線距離。
  19. ^ 五色ヶ原内への入山には認定ガイド同伴が必要となっている。
  20. ^ インタープリター制度は、日本では五色ヶ原で最初に導入された。

出典

  1. ^ a b c d e 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2016年9月8日閲覧。
  2. ^ a b 日本の主な山岳標高(岐阜県の山)”. 国土地理院. 2011年6月11日閲覧。
  3. ^ 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、18-19頁
  4. ^ a b c 火山噴火予知連絡会による活火山の選定及び火山活動度による分類(ランク分け)について (PDF)”. 気象庁. pp. 4 (2003年1月21日). 2013年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c 乗鞍岳の火山活動解説資料(平成25年7月) (PDF)”. 気象庁地震火山部火山監視・情報センター (2013年7月). 2013年9月4日閲覧。
  6. ^ a b c 垣外富士男 (2002)、186頁
  7. ^ a b c 新高山市100景一覧表”. 高山市. 2014年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  8. ^ 山の便利手帳 (2010)、330頁
  9. ^ 火山監視・情報センターにおいて火山活動を24時間体制で監視している火山(常時観測火山) 気象庁
  10. ^ a b c d e f g h i 火山・乗鞍岳”. 気象庁. 2013年9月4日閲覧。
  11. ^ a b c 中部山岳国立公園区域の概要”. 環境省. 2013年9月4日閲覧。
  12. ^ a b c d e 平田謙一 (2000)、139頁
  13. ^ a b c d e 深田久弥 (1982)、223-226頁
  14. ^ 岩崎元郎 (2006)、56-57頁
  15. ^ 清水榮一 (1990)
  16. ^ 岐阜県山岳連盟 (1987)
  17. ^ 一等三角点研究会 (1988)
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 日本山岳会 (2005)、967-969頁
  19. ^ a b c d 深田クラブ (1987)、165頁
  20. ^ a b c d e f 日本の山1000 (1992)、348-349頁
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n 日本山名辞典 (1992)、407頁
  22. ^ a b c d 日本三百名山 (1997)、172頁
  23. ^ 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、115頁
  24. ^ a b c d e f 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、6-8頁
  25. ^ a b 高橋正樹 (2000)、35頁
  26. ^ a b c d e f 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、22-23頁
  27. ^ a b c d e 平田謙一 (2000)、115-120頁
  28. ^ a b c d e f g 高橋正樹 (2000)、37頁
  29. ^ a b c d 乗鞍岳と乗鞍高原 (PDF)”. 乗鞍観光協会. pp. 2. 2014年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月4日閲覧。
  30. ^ 高橋正樹 (2000)、37-39頁
  31. ^ 高橋正樹 (2000)、39頁
  32. ^ 中長期的な噴火の可能性評価について -監視・観測体制の充実等の必要な火山の選定- (PDF)”. 火山噴火予知連絡会、火山活動評価検討会. pp. 8 (2009年6月). 2016年11月16日閲覧。
  33. ^ 乗鞍岳 観測点配置”. 気象庁. 2013年9月4日閲覧。
  34. ^ 守屋以智雄(1994):火山層序学的調査に基く噴火の長期予測 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書. v.5, 1994, p.121-133
  35. ^ “乗鞍防災協議会設置へ 県が火山対策検討会議”. 岐阜新聞. (2014年11月14日). オリジナル2015年2月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150214082125/http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20141114/201411140915_23712.shtml 2015年2月14日閲覧。 
  36. ^ a b 伊部高夫 (2006)、33-35頁
  37. ^ a b 地図閲覧サービス「乗鞍岳」”. 国土地理院. 2013年9月6日閲覧。
  38. ^ a b c d e f 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、26-27頁
  39. ^ a b c d e 平田謙一 (2000)、66-69頁
  40. ^ 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、24-25頁
  41. ^ 白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石”. 松本市教育委員会. 2013年9月4日閲覧。
  42. ^ a b c d e f 斎藤守也、入江誠 (2002-03-29). “乗鞍コロナ観測所における気象観測” (PDF). 国立天文台報 (国立天文台) (第6巻): 37-47. http://www.nao.ac.jp/contents/about-naoj/reports/report-naoj/6-1-4.pdf 2013年9月8日閲覧。. 
  43. ^ a b c 乗鞍コロナ観測所の気象観測”. 国立天文台. 2013年9月4日閲覧。
  44. ^ 乗鞍岳の天気”. 高山市観光課. 2013年9月11日閲覧。
  45. ^ 乗鞍畳平付近でのクマ目撃情報”. 岐阜県 (2016年9月10日). 2016年11月16日閲覧。
  46. ^ 中村浩志 (2006)
  47. ^ a b c d 検討結果(乗鞍地区の自然の状況)”. 岐阜県. 2016年11月16日閲覧。
  48. ^ 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、105-106頁
  49. ^ 平田謙一 (2000)、140頁
  50. ^ 岐阜県レッドデータブック(改定版)・昆虫類”. 岐阜県 (2010年8月). 2016年11月16日閲覧。
  51. ^ 垣外富士男 (2002)、196頁
  52. ^ 乗鞍岳湿原”. 環境省 自然環境局. 2016年11月16日閲覧。
  53. ^ a b 島田靖 (1998)、117頁
  54. ^ 子ノ原高原レンゲツツジ群落”. 岐阜県. 2016年11月16日閲覧。
  55. ^ a b c 垣外富士男 (2002)、209頁
  56. ^ 平田謙一 (2000)、15頁
  57. ^ 小野木三郎 (2005)、2-3頁
  58. ^ 小野木三郎 (2005)、20頁
  59. ^ 小野木三郎 (2005)、22頁
  60. ^ a b 自然観察教育林”. 林野庁. 2013年9月8日閲覧。
  61. ^ a b 岐阜県乗鞍環境保全税”. 岐阜県. 2016年11月16日閲覧。
  62. ^ 乗鞍環境保全税の概要”. 岐阜県. 2016年11月16日閲覧。
  63. ^ a b c d e f g 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、116-117頁
  64. ^ 平田謙一 (2000)、83頁
  65. ^ ウォルター・ウェストン (1997)、370頁
  66. ^ ウォルター・ウェストン (1997)、372頁
  67. ^ 垣外富士男 (2002)、187-188頁
  68. ^ 乗鞍コロナ観測所”. 国立天文台太陽観測所 (2010年10月1日). 2013年9月8日閲覧。
  69. ^ 乗鞍観測所について”. 東京大学宇宙線研究所. 2016年11月16日閲覧。
  70. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 柳原修一 (1990)、61-66頁
  71. ^ 高山市HP・観光情報(乗鞍スカイライン) 
  72. ^ a b 乗鞍山麓五色ヶ原”. 五色ヶ原の森運営共同事業体. 2016年11月16日閲覧。
  73. ^ a b c d e f g h 平田謙一 (2005)、155-157頁
  74. ^ 平田謙一 (2000)、76-77頁
  75. ^ 島田靖 (2009)、27-29頁
  76. ^ 日本山岳会 (2005)、969-970頁
  77. ^ 島田靖 (1998)、58-59頁
  78. ^ 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、46頁
  79. ^ 島田靖 (2009)、38-39頁
  80. ^ 飛騨山岳会 (2010)、40-41頁
  81. ^ 平田謙一 (2000)、121頁
  82. ^ 山の便利手帳 (2010)、166頁
  83. ^ 山と高原地図 (2013)
  84. ^ 日本山名辞典 (1992)、324頁
  85. ^ 平田謙一 (2000)、77頁
  86. ^ 簡易郵便局の業務の開始(乗鞍山頂簡易郵便局) (PDF)”. 日本郵政東海支社 (2013年6月5日). 2013年9月5日閲覧。
  87. ^ 小林俊樹 (1996)、28頁
  88. ^ a b マイカー規制のご案内”. 飛騨乗鞍観光協会. 2013年9月11日閲覧。
  89. ^ 平田謙一 (2000)、70-71頁
  90. ^ 垣外富士男 (1998)、86-87頁
  91. ^ 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、76-77頁
  92. ^ 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍”. 日本サイクリング協会. 2013年9月5日閲覧。
  93. ^ 飛騨山岳会 (2010)、273頁
  94. ^ 飛騨山岳会 (2010)、274頁
  95. ^ a b 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、10-11頁
  96. ^ 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、54-55頁
  97. ^ a b 乗鞍岳自然観察ガイド (2005)、48-49頁
  98. ^ 島田靖 (2009)、34-37頁
  99. ^ エコツーリズム大賞”. 日本エコツーリズム協会. 2013年9月5日閲覧。
  100. ^ 田中豊雄 (1999)、2頁
  101. ^ 乗鞍高原からみた乗鞍岳”. 環境省・インターネット自然研究所. 2016年11月17日閲覧。
  102. ^ 飛騨山岳会 (2010)、4頁
  103. ^ 飛騨山岳会 (2010)、2頁
  104. ^ 桜田隆範 (2007)、303頁
  105. ^ ふるさと切手「国土緑化」の発行”. 日本郵政. 2013年9月11日閲覧。
  106. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 日本百名山 乗鞍岳(1994年11月2日放送)”. NHK. 2016年11月17日閲覧。
  107. ^ 北アルプス 乗鞍岳”. NHK. 2013年9月8日閲覧。
  108. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細「週刊 日本の名峰 乗鞍岳(2009年1月30日放送)」”. NHK. 2016年11月17日閲覧。
  109. ^ 日帰り3026メートル 北アルプス 乗鞍岳”. NHK. 2013年9月8日閲覧。
  110. ^ 大人の山歩き~自分に出会える百名山~ 過去の放送内容”. テレビ朝日. 2016年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。







乗鞍岳と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「乗鞍岳」の関連用語

乗鞍岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

中之島

妙高山

安達太良山

霧島山

知床硫黄山

羊蹄山

八幡平

沼沢





乗鞍岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2018 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乗鞍岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS