カヤクグリとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 鳥類 > 野鳥 > カヤクグリの意味・解説 

かや‐くぐり【×潜】

イワヒバリ科全長14センチくらい。上面赤みがかった暗褐色に縦斑があり、下面暗灰色日本特産高山ハイマツ帯にすみ、低木の間を飛び回る。冬は平地にも下りる。《 夏》「—聴き近き尾根わたる/汀」


茅潜

読み方:カヤクグリ(kayakuguri)

燕雀目の小鳥


カヤクグリ

カヤクグリ
カヤクグリ


茅潜

読み方:カヤクグリ(kayakuguri)

イワヒバリ科

学名 Prunella rubida


茅潜

読み方:カヤクグリ(kayakuguri)

イワヒバリ科高山

季節

分類 動物


カヤクグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 05:38 UTC 版)

カヤクグリ(茅潜、萱潜[4]学名Prunella rubida (Temminck & Schlegel, 1848)[2])は、イワヒバリ科カヤクグリ属[5]分類される鳥類の1


注釈

  1. ^ カヤクグリが日本の固有種(準日本固有種)とされることがある。
  2. ^ 兵庫県のカテゴリー「Aランク」は、環境省の絶滅危惧I類(CRまたはEN)相当。
  3. ^ 奈良県のカテゴリー「絶滅危惧種」は、環境省の絶滅危惧II類。
  4. ^ 大分県では、2001年版のレッドデータブックで準絶滅危惧の指定を受けていた。
  5. ^ 青森県のカテゴリー「希少野生生物Cランク」は、環境省の準絶滅危惧相当。
  6. ^ 千葉県のカテゴリー「一般保護生物(D)」は、環境省の準絶滅危惧相当。
  7. ^ 滋賀県のカテゴリー「希少種」は、環境省の準絶滅危惧相当。

出典

  1. ^ a b c Prunella rubida (Japanese Accentor) in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.2” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2014年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c d IOC World Bird List 4.3 (Waxbills, parrotfinches, munias, whydahs, Olive Warbler, accentors & pipits)” (英語). 国際鳥類学会議(IOC). 2014年10月21日閲覧。
  3. ^ Prunella rubida (Temminck & Schlegel, 1845)” (英語). ITIS. 2014年10月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e 真木 (2012)、187頁
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 真木 (2014)、652頁
  6. ^ a b c d e f g 叶内 (2006)、463頁
  7. ^ a b c d e f g h 中川 (2010)、176頁
  8. ^ a b c d e f g h i 五百澤 (2014)、304頁
  9. ^ a b c d 高木 (2000)、71頁
  10. ^ a b c d e f g 日高 (1997)、94頁
  11. ^ a b c d e f 国松 (1995)、180頁
  12. ^ 笹川 (2011)、390頁
  13. ^ 梓川鳥類生態研究会 (1993)、11頁
  14. ^ a b c 梓川鳥類生態研究会 (1993)、12頁
  15. ^ a b c d e 日高 (1997)、95頁
  16. ^ a b レッドデータブックとっとり改訂版(動物) (PDF)”. 鳥取県. pp. 67 (2012年). 2014年10月21日閲覧。
  17. ^ a b c d 小海途 (2011)、128-129頁
  18. ^ a b 青森県レッドデータブック(2010年改訂版) (PDF)”. 青森県. pp. 208 (2010年). 2014年10月21日閲覧。
  19. ^ 日本のレッドデータ検索システム「カヤクグリ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2014年10月21日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  20. ^ 兵庫県レッドデータブック「カヤクグリ」 (PDF)”. 兵庫県 (2003年). 2014年10月22日閲覧。
  21. ^ 愛媛県レッドデータブック「カヤクグリ」”. 愛媛県 (2003年). 2014年10月21日閲覧。
  22. ^ 徳島県版レッドデータブック (PDF)”. 徳島県. pp. 86 (2011年8月). 2012年12月13日閲覧。
  23. ^ 奈良県版レッドデータブック(鳥類)”. 奈良県 (2002年). 2014年10月21日閲覧。
  24. ^ 栃木県版レッドリスト(2011改訂版)「カヤクグリ」”. 栃木県 (2011年3月). 2014年10月21日閲覧。
  25. ^ 福岡県の希少野生生物 RED DATA BOOK 2011 FUKUOKA「カヤクグリ」”. 福岡県 (2011年). 2014年10月21日閲覧。
  26. ^ レッドデータブックおおいた (PDF)”. 大分県. pp. 326 (2001年). 2014年10月21日閲覧。
  27. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 121 (2011年). 2014年10月21日閲覧。
  28. ^ いわてレッドデータブック 岩手の希少な野生生物 web版「カヤクグリ」”. 岩手県 (2014年3月). 2014年10月21日閲覧。
  29. ^ 福井県レッドデータブック(動物編)「カヤクグリ」”. 福井県 (2002年). 2014年10月21日閲覧。
  30. ^ a b c d e 黒田 (1986)、62頁
  31. ^ 五百澤 (2014)、302頁
  32. ^ 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、529頁。ISBN 4-385-15378-7


「カヤクグリ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カヤクグリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カヤクグリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2022 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカヤクグリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS