アマサギとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 鳥類 > 野鳥 > アマサギの意味・解説 

あま‐さぎ【尼×鷺/甘×鷺】

サギ科全長50センチくらい。羽色白色で、繁殖期には頭・首背などがきつね色になる。くちばしは黄、足は黒色日本では夏鳥で、水田湿地帯でみられる。猩猩(しょうじょう)


シラウオ

学名Salangichthys microdon 英名:Japanese icefish
地方名シラオ、アマサギ、シラススベリシラユなど 
脊椎動物門硬骨魚綱キュウリウオ目シラウオ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権尼岡 邦夫

特徴
ハゼ科シロウオ混同されるがまったくの別種。体は前方に向かって細くなり、吻端はとがる。尻びれの基底大きいうろこが1列に並ぶ。内湾汽水域生息し、4〜5月河川下流域などに遡上産卵後に死ぬ。刺し網定置網船曳き網、四つ手網など土地によって様々な方法漁獲される。生で食べるが、スシ種にもある。独特のにおいを持つため、卵とじ吸い物にするとおいしい。

分布:北海道岡山までの太平洋岸、サハリンから九州西岸までの日本海 大きさ:10cm
漁法:刺網定置網船曳網、四手網叉手網など 食べ方:卵とじ吸い物酢の物など

アマサギ

アマサギ
アマサギ

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



甘小魚

読み方:アマサギ(amasagi)

ワカサギ別称
キュウリウオ科淡水魚

学名 Hypomesus transpacificus nipponensis


黄毛鷺

読み方:アマサギ(amasagi)

サギ科渡り鳥

学名 Bubulcus ibis


アマサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/02 04:12 UTC 版)

アマサギ(猩々鷺、飴鷺、Bubulcus ibis)は、ペリカン目サギ科アマサギ属に分類される鳥類。本種のみでアマサギ属を構成する。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥 (2006)、168-169頁
  2. ^ a b ひと目でわかる野鳥 (2010)、101頁
  3. ^ Western Cattle Egret (Bubulcus ibis) (Linnaeus, 1758)” (英語). バードライフ・インターナショナル. 2012年12月15日閲覧。
  4. ^ 日本のレッドデータ検索システム「アマサギ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年12月15日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  5. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種」(島しょ部)2011年版 (PDF)”. 東京都. pp. 42 (2011年). 2012年12月15日閲覧。
  6. ^ 福岡県の希少野生生物 RED DATA BOOK 2011 FUKUOKA・アマサギ”. 福岡県 (2011年). 2012年12月15日閲覧。
  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2012. Bubulcus ibis. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1.


「アマサギ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アマサギ」の関連用語

アマサギのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アマサギのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2021 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアマサギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS