茅とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > の意味・解説 

かや【×茅/×萱】

読み方:かや

屋根をふく材料とするイネ科のススキ・チガヤやカヤツリグサ科スゲなどの総称。《 秋》「―の穂の稚(おさな)き月を眉の上楸邨


ち【×茅】

読み方:ち

チガヤ古名

浅茅原―生(ふ)に足踏み心ぐみ我(あ)が思ふ児らが家のあたり見つ」〈万・三五七


ち‐がや【×茅/××萱/白茅】

読み方:ちがや

イネ科多年草原野群生し、高さ約60センチ晩春より先に「つばな」とよぶ円柱状の花穂をつける。根茎漢方茅根(ぼうこん)といい、利尿止血薬とする。しげちがや。《 秋》「すごすごと日の入る山の―かな/紅緑」

茅/茅萱/白茅の画像

ぼう【×茅】

読み方:ぼう

人名用漢字] [音]ボウバウ)(漢) [訓]かや ち ちがや

イネ科の草の名。チガヤ。「茅茨(ぼうし)」

かやぶきの。粗末な。「茅屋茅舎茅門

難読茅萱(ちがや)・白茅(ちがや)・茅渟鯛(ちぬだい)・茅花(つばな)・茅蜩(ひぐらし)


ちがや (茅)

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

Imperata cylindrica var. koenigii

わが国各地をはじめアジアアフリカ広く分布してます。山野ふつうに生え、高さは3050センチになります根茎広がりは広線形まとまってつき、冬には先端赤み帯びます。の節にだけ、白色長毛あります5月から6月ごろ、茎頂尾状花序つけます小穂基部には長い絹毛が密生し銀白色よく目立ちます。若い花穂茅花(つばな)と呼ばれ甘みがあるのでむかしは子どものおやつにされたそうです漢方では根茎茅根ぼうこん)と呼び利尿消炎止血などに用います。別名で「ふしげちがや(節毛茅)」とも呼ばれます
イネ科チガヤ属の多年草で、学名Imperata cylindrica var. koenigii。英名は Japanese blood grass
イネのほかの用語一覧
チカラシバ:  ペンニセツム・バーガンディジャイアント  ペンニセツム・パープルマジェスティ  力芝
チガヤ:  
チゴザサ:  稚児笹
チヂミザサ:  縮み笹
チャスマンティウム:  ワイルドオーツ

読み方:カヤkaya

笠菅刈萱などの総称



読み方:チガヤ(chigaya), チ(chi

イネ科多年草薬用植物

学名 Imperata cylindrica


読み方:カヤkaya

原野路傍などでよく見かける多年草

季節

分類 植物


読み方:チ(chi

チガヤ古名

季節

分類 植物


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/14 02:11 UTC 版)

(かや)は、古くから[いつ?]屋根材や飼肥料などに利用されてきた、イネ科[1][2]あるいはイネ科およびカヤツリグサ科[3]草本の総称である。


  1. ^ a b c d 深津正、「カヤ」 『世界大百科事典平凡社〈2009年改定新版〉、2009年。 
  2. ^ a b 「カヤ」 『万有百科大事典 19 植物』 小学館、1972年。 
  3. ^ a b c d e f g 「かや」 『日本国語大辞典小学館〈第二版〉、2000–2002。 
  4. ^ a b 広辞苑 第五版 「かや」
  5. ^ 『角川新字源』(1988年 122版)「萱」
  6. ^ 広辞苑 第五版 「かるかや」


「茅」の続きの解説一覧

茅(かや)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/30 22:29 UTC 版)

夜明け後の静」の記事における「茅(かや)」の解説

維新前小此木家に仕えていた中間・茂作の娘。算術心得があった父が、会計役として宮仕えの身となり経済的余裕ができたため、静より先に山手女学院入学していた。

※この「茅(かや)」の解説は、「夜明け後の静」の解説の一部です。
「茅(かや)」を含む「夜明け後の静」の記事については、「夜明け後の静」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 11:26 UTC 版)

発音(?)

名詞・造語成分

  1. ススキイネアシなど茅葺き使用する様々な植物総称
  2. チガヤとも呼ばれるイネ科多年草であり、よく見かける雑草一つ古名

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「茅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



茅と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「茅」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
90% |||||

茅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茅のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの夜明け後の静 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS