噴火警戒レベルとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 噴火警戒レベルの意味・解説 

噴火警戒レベル

読み方:ふんかけいかいレベル

気象庁発表している、特定の火山対す警戒レベルを5段階示し指標。「噴火予報」および「噴火警報」を通じて発表される。

噴火警戒レベルに変動があった場合警戒が必要な市区町村と、変動後のレベル発表される。レベル区分それぞれ次の通りである。

レベルキーワード火山活動状況
5避難居住地域に重大な被害をもたらす噴火発生した、あるいは、切迫している状態にある
4避難準備居住地域に重大な被害をもたらす噴火発生予想される。噴火可能性が高まってきている。
3入山規制居住地域の近くまで重大な被害をもたらす噴火発生した、あるいは発生すると予想される。その範囲立ち入る生命の危険がある
2火口周辺規制火口付近に重大な被害をもたらす噴火発生した、あるいは発生すると予想される。火口付近に立ち入る生命の危険がある
1平常火山活動平常火口内に入った場合には生命の危険がある

噴火警戒レベル導入火山は、2011年5月現在、浅間山富士山阿蘇山雲仙岳桜島吾妻山など、全国30火山対象となっている。それ以外の火山は「噴火警戒レベル未導入火山」に区分され、「火口周辺が危険」、「入山が危険」、「居住地厳重注意」などの警戒情報状況に応じて発表される。

噴火警戒レベルは、2007年から、それまでの「火山活動レベル」などに替わって導入された。噴火警戒レベルの導入により、周辺住民がとるべき行動への指示併せて明示されるようになっている

2011年5月16日には阿蘇山小規模噴火活動見られ、噴火警戒レベルは平常時を示す「レベル1」から、火口付近への立ち入り規制する「レベル2」へ引き上げられている。

関連サイト
現在の噴火警戒レベル - 気象庁
噴火警戒レベルとは - 気象庁
噴火警報、噴火警戒レベルのリーフレット(PDFファイル) - 気象庁

ふんかけいかい‐レベル〔フンクワケイカイ‐〕【噴火警戒レベル】


噴火警戒レベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 15:27 UTC 版)

噴火警戒レベル(ふんかけいかいレベル、英語: Volcanic Alert Levels[1])とは、日本において、各火山の活動状況に応じて必要な防災対応や警戒範囲を示すものとして気象庁が発表する指標で、1(活火山であることに留意)から5(避難)までの5段階が設けられている[2]




注釈

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 当初からの16火山[24]
  2. ^ 2018年3月16日に白根山(湯釜付近)を分けるまでは、草津白根山全体を対象として発表。
  3. ^ 2018年3月16日に本白根山を分けるまでは、草津白根山全体を対象としての導入。

出典

  1. ^ Volcanic Warnings and Volcanic Alert Levels”. 気象庁. 2016年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 気象庁 2019
  3. ^ a b “"12月1日から噴火警報、噴火警戒レベルを発表します"” (pdf) (プレスリリース), (2007年11月30日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0711/30a/honbun071130.pdf 2016年3月25日閲覧。 
  4. ^ “御嶽山の噴火災害を踏まえた火山情報の見直しについて ~「火山の状況に関する解説情報」等の変更~” (pdf) (プレスリリース), 気象庁, (2015年5月12日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1505/12b/kazanjoho.pdf 2015年5月22日閲覧。 
  5. ^ “噴火警戒「平常」表現取りやめ”. 首都圏 NEWS WEB (日本放送協会). (2015年5月12日). オリジナルの2015年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150512060126/http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150512/4683971.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter 2015年5月22日閲覧。 
  6. ^ (pdf) 気象庁ホームページにおける気象情報の配色に関する設定指針 (Report). 気象庁. (2012-05-24). p. 5. https://www.jma.go.jp/jma/press/1205/24a/120524_hpcolorguide.pdf 2014年11月2日閲覧。. 
  7. ^ “噴火警戒レベル判定基準の公表について” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2016年3月25日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1603/25a/160325levelkijunn.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  8. ^ 噴火警戒レベルの判定基準”. 気象庁. 2019年9月28日閲覧。
  9. ^ a b 阿蘇山の噴火警戒レベル判定基準 平成28年12月20日現在 (pdf)”. 気象庁. 2019年3月26日閲覧。
  10. ^ a b 阿蘇山の噴火警戒レベル判定基準とその解説 平成30年4月23日現在 (pdf)”. 気象庁. 2019年3月26日閲覧。
  11. ^ (pdf) 火山活動度レベルの導入 (Report). 気象庁. https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/CCPVE/Report/090/kaiho_090_32.pdf 2016年3月25日閲覧。. 
  12. ^ (pdf) 「火山情報等に対応した火山防災対策検討会」(第1回)議事概要について (Report). 内閣府. (2006-11-02). http://www.bousai.go.jp/kazan/zyouhoutaiou/pdf/061102kazangiji.pdf 2016年3月25日閲覧。. 
  13. ^ (PDF) 噴火時等の避難体制に係る火山防災対策のあり方(仮称)骨子 (Report). 内閣府. (2007-03-22). http://www.bousai.go.jp/kazan/zyouhoutaiou/pdf/20070322.kosshi.pdf 2016年3月25日閲覧。. 
  14. ^ “火山活動状況に関して噴火時等の避難行動等を踏まえ区分された新しいレベルの名称について” (PDF) (プレスリリース), 内閣府(防災担当)、気象庁, (2007年6月7日), http://www.bousai.go.jp/kazan/zyouhoutaiou/pdf/070607kisya.pdf 2016年3月25日閲覧。 
  15. ^ “噴火時等の避難体制に対応した火山情報の改善について” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2007年6月7日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0706/07c/20070607kazanbosai_kaizen.pdf 2016年3月25日閲覧。 
  16. ^ 噴火警報・予報の説明”. 気象庁. 2017年7月13日閲覧。
  17. ^ a b 火山の監視”. 気象庁. 2019年3月26日閲覧。
  18. ^ 大雪山や蔵王山など14活火山に防災協議会、政府が設置要請”. 日本経済新聞 (2014年11月11日). 2019年3月26日閲覧。
  19. ^ 火山災害 49火山周辺の140市町村を「災害警戒地域」へ 内閣府”. exciteニュース. ハザードラボ (2014年11月11日). 2019年3月26日閲覧。
  20. ^ 噴火警戒レベルの判定基準 (§更新情報)”. 気象庁. 2020年10月15日閲覧。
  21. ^ a b “アトサヌプリ、恵山の噴火警戒レベルの運用を開始します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2016年3月8日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1603/08b/160308atosa_esan.pdf 2016年3月25日閲覧。 
  22. ^ a b “雌阿寒岳と十勝岳に噴火警戒レベルを導入します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2008年12月2日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0812/02a/081202_level.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  23. ^ a b “大雪山及び乗鞍岳の噴火警戒レベルの運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2019年2月25日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1902/25a/taisetsunorikura190225.html 2019年3月26日閲覧。 
  24. ^ “12月1日に発表する各火山の噴火警報及び噴火予報” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2007年11月30日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0711/30a/3betsu071130.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  25. ^ “有珠山に噴火警戒レベルを導入します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2008年5月29日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1509/18d/150918kuttara.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  26. ^ “倶多楽の噴火警戒レベルの運用を開始します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2014年9月18日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0805/29a/080529_level.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  27. ^ a b c “岩木山、蔵王山、鶴見岳・伽藍岳の噴火警戒レベルの運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2016年7月12日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1607/12b/iwaki_zao_tsurumigaran160712.html 2016年12月16日閲覧。 
  28. ^ a b c “八甲田山、新島及び神津島の噴火警戒レベルの運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2019年7月10日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1907/10a/hakkodasanniijimakozushima190710.html 2019年9月28日閲覧。 
  29. ^ “秋田焼山の噴火警戒レベルの運用を開始します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2013年7月10日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1307/10a/130710_level.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  30. ^ “秋田駒ケ岳に噴火警戒レベルを導入します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2009年9月30日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0909/30c/090930_level.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  31. ^ “鳥海山の噴火警戒レベルの運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2018年3月9日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1803/09a/chokaisan180309.html 2019年3月26日閲覧。 
  32. ^ a b “栗駒山及び弥陀ヶ原の噴火警戒レベルの運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2019年5月10日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1905/10b/kurikomamidagahara190510.html 2019年9月28日閲覧。 
  33. ^ a b c d “安達太良山、磐梯山、那須岳、箱根山に噴火警戒レベルを導入します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2009年3月17日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0903/17a/090317_level.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  34. ^ a b “日光白根山、霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベルの運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2016年11月22日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1611/22c/nikkoshirane_ebinokogen_161122.html 2016年12月15日閲覧。 
  35. ^ “草津白根山(本白根山)を対象とする噴火警戒レベルを新たに設定し、3月16日14時より運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2018年3月15日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1803/15f/kusatsu-motoshiranesan180315.html 2018年4月13日閲覧。 
  36. ^ “草津白根山の噴火警戒レベルを3へ引上げ” (プレスリリース), 気象庁, (2018年1月23日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1801/23a/kusatu-shiranesan180123.html 2018年4月13日閲覧。 
  37. ^ a b c “新潟焼山、焼岳及び伊豆東部火山群に噴火警戒レベルを導入します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2011年3月17日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1103/17a/110317_level.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  38. ^ a b “御嶽山と三宅島に噴火警戒レベルを導入します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2008年3月27日), https://www.jma.go.jp/jma/press/0803/27b/080327_level.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  39. ^ 御嶽山の火山活動解説資料(平成 26 年9月)”. 気象庁. 2016年3月26日閲覧。
  40. ^ “白山の噴火警戒レベルの運用を開始します” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2014年8月19日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1508/19a/150819hakusan.pdf 2016年3月26日閲覧。 
  41. ^ a b “八丈島及び青ヶ島の噴火警戒レベルの運用を開始します” (プレスリリース), 気象庁, (2019年5月9日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1805/09a/hachijojimaaogashima180509.html 2019年3月26日閲覧。 
  42. ^ “霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベルを3へ引上げ” (プレスリリース), 気象庁, (2018年4月19日), https://www.jma.go.jp/jma/press/1804/19a/ebinokogen180419.html 2018年4月19日閲覧。 
  43. ^ 口永良部島の火山活動解説資料(平成 27 年5月)”. 気象庁. 2016年3月26日閲覧。


「噴火警戒レベル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「噴火警戒レベル」の関連用語

噴火警戒レベルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



噴火警戒レベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの噴火警戒レベル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS