噴火後とは? わかりやすく解説

噴火後

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 14:27 UTC 版)

カグツチ (漫画)」の記事における「噴火後」の解説

宮崎沖地震から6日後の6月18日16時24分に韓国岳マグマ水蒸気爆発霧島火山研究所周辺の町破壊される。その被害状況愕然とする間もなくそれからわずか5分後の16時29分にカルデラ破局的噴火によりえびの市小林市湧水町消滅噴火から8分後、都城市火山弾降り注ぎ多数死者が出る。火山弾がやんだのもつかの間未曾有の規模火砕流襲われ都城壊滅火砕流四方に広がり南に50km離れた鹿児島市さらには東側鰐塚山地を超え宮崎市壊滅させる一方で噴火口から噴出した大量の火山灰徐々に日本列島覆い始める。降り積もった灰はモルタル化し、そこへ大量の黒い雨降り注ぎ雨水地面浸透せずモルタル化したの上流れてラハールとなり、直接的な火砕流被害発生しなかった熊本市佐世保市のみ込む。やがて東京上空暗雲覆われ火山灰降り始める

※この「噴火後」の解説は、「カグツチ (漫画)」の解説の一部です。
「噴火後」を含む「カグツチ (漫画)」の記事については、「カグツチ (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「噴火後」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

噴火後のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



噴火後のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカグツチ (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS