崩落とは? わかりやすく解説

崩落

読み方:ほうらく

構造物などが崩れて落ちること。地震構造劣化などで発生しやすい。転じて金融取引相場で値が崩れ落ちるように下落することを表現する際にも用いられる

ほう‐らく【崩落】

読み方:ほうらく

[名](スル)

くずれ落ちること。「石垣が—する」

相場がくずれるように急激に下がること。「株価が—する」


崩落

作者ジョン・アップダイク

収載図書美しき夫たち
出版社筑摩書房
刊行年月1993.5


崩落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 05:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「崩落」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「崩落」を含むページの一覧/「崩落」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「崩落」が役に立つかも知れません。

関連項目



崩落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 05:27 UTC 版)

ロミー・シュナイダー」の記事における「崩落」の解説

1979年フランスでロミー過去納税義務問題となったことを発端フランス国税庁から莫大な額の追徴課税を受け、ロミー事実上破産してしまう。若くしてスターになり、金銭には無頓着でいつも人任せにしていたロミー大きなショックを受け、年齢重ねることへの不安も重なり動揺した彼女はしだい自分自身や女としての自分魅力にすら疑い持ち始め精神的に肉体的に不安定になり、アルコール手を出すうになる同時に夫・ビアシーニとの間もギクシャクし始める。ビアシーニによれば80年代初め明らかにロミー変わってしまった」。 1980年、フランシス・ジロー監督華麗なる女銀行家』の時にはすでに、撮影中の出番合間トレーラー引きこもり一部の気の許せスタッフにしか会おうとしなかった。あるカットクローズアップ何度も撮り直したとき、ロミーはこう言ったという。「ねぇ、はっきり言いなさいよ。このおばさん、まだきれい?」 皮肉にもこの映画成功しロミー魅力はまた高く評価された。 ロミー仕事でも私生活でも自信喪失悩まされ、「私が50歳になるころ、あなたはようやく39歳。私が60歳になるころ、あなたはようやく49歳うまくいく思える?」といった発言繰り返すロミー年下の夫のビアシーニは徐々に苦痛感じるようになる。またオプタリドンの常用により自制心失い激しい不安の発作被害妄想繰り返すロミーにビアシーニは疲れはててゆく。 マルチェロ・マストロヤンニ共演の『Fantasma d'amore』(ディーノ・リージ監督 1980年)の撮影中、ロミー現場アシスタントのロラン・ペタン(その後『TAXi』などの映画プロデューサーとして活躍ペタンロミーより10歳年下だった)を愛人としたことで、夫婦間亀裂決定的なものとなり、1981年3月2人離婚決意10月正式に離婚する1981年5月腫瘍のため、ロミーは右の腎臓摘出する手術を受け、右腹には手術による25cmの傷跡が残る。 継父のビアシーニになついていた息子ダーヴィットは母の新し愛人拒絶し、母に反抗した。母の元を離れ継父とその両親と暮らすようになり、苦渋絶望が母ロミーの胸をさらに痛めつけることになった1981年7月5日14歳ダーヴィットはたまた留守だったビアシーニ両親宅の垣根飛び越えたとき、足をすべらせ鉄製の鋭い角棒に身を貫いて無残な事故死遂げた4時間に及んだ手術の後、医師小声伝える。「遺憾ながら…」。その瞬間ロミー叫び病院廊下響き渡った。ビアシーニが回想する。「何という叫びだったろう。金属のようにカン高い、絶望叫び。私がこれまでの全生涯で耳にした、最も痛ましい声だった」 数日後葬儀アラン・ドロン手配した。何百通という悔やみ状届いたが、その中にはフランス大統領フランソワ・ミッテランのものも混じっていた。黒い大きなサングラスをかけ、実弟抱きかかえられロミー映像残っている。

※この「崩落」の解説は、「ロミー・シュナイダー」の解説の一部です。
「崩落」を含む「ロミー・シュナイダー」の記事については、「ロミー・シュナイダー」の概要を参照ください。


崩落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 09:12 UTC 版)

モランディ橋」の記事における「崩落」の解説

2018年8月14日午前1130分頃激しい雷雨の中、西側主塔中心として210メートル690フィート)に渡り崩れた落雷により崩れたとする証言があり 、30台から35台の自動車と3台のトラックが崩落に巻き込まれたと報じられている 。 の下にはポルチェーヴェラ川(イタリア語版)が流れ、サンピエルダレーナ(イタリア語版)の工業地域がある。車両巻き込んだ大部分大雨増水していたポルチェーヴェラ川に落下し残り部分トリノジェノヴァ線(イタリア語版)、ミラノジェノヴァ線(イタリア語版)の鉄道線路と、重電会社アンサルド・エネルジーア(イタリア語版)の倉庫落下した。ただし、祝日フェッラゴスト(聖母被昇天祭Ferragosto前夜祭の日だったため、倉庫に人はいなかった。 初期仮説として構造上の弱さ大規模な崩落を引き起こしたと言われている。事故当時道路基礎強化を含む補修工事中であった伝えられている。 コリエーレ・デラ・セラによれば2013年以来11回目崩落である。

※この「崩落」の解説は、「モランディ橋」の解説の一部です。
「崩落」を含む「モランディ橋」の記事については、「モランディ橋」の概要を参照ください。


崩落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:47 UTC 版)

六十谷水管橋」の記事における「崩落」の解説

2021年10月3日午後本橋左岸から4径間目(中央径間)が崩落した翌日午前11時現在で和歌山市北部の約6万世帯(約138000人)が断水となった。この規模和歌山市の約4割の地域にあたる。

※この「崩落」の解説は、「六十谷水管橋」の解説の一部です。
「崩落」を含む「六十谷水管橋」の記事については、「六十谷水管橋」の概要を参照ください。


崩落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 08:51 UTC 版)

Old Man of the Mountain」の記事における「崩落」の解説

凍結融解が"老人"の額の亀裂広げた1920年代までに、その亀裂は鎖で繕うのに十分な大きさになり、1957年州議会は、速乾セメント20トン, プラスティック覆いの棒、ターンバックル、上からのをよける為のコンクリート製排水、を使ったより入念な防水加工為に25千ドル充当金を可決したこうした処置甲斐なく、この岩は2003年5月3日深夜から午前2時の間崩落した。この崩落に際して人々狼狽は非常に大きく人々なくなった岩の形に敬意を払うために訪問し献花した

※この「崩落」の解説は、「Old Man of the Mountain」の解説の一部です。
「崩落」を含む「Old Man of the Mountain」の記事については、「Old Man of the Mountain」の概要を参照ください。


崩落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:51 UTC 版)

ミネアポリス高速道路崩落事故」の記事における「崩落」の解説

2007年8月1日中部夏時間午後6時05分、交通ラッシュ時規制され車線渋滞気味だったところ、中央スパンが突然崩れて隣接するスパンもこれに続いた構造物路面下方河川河岸崩落し、その過程南側部分東へ25m倒壊した合計111台の車両巻き込まれ乗員および18人の建設作業者が35m下にある河川河岸落とされた。北側部分は、鉄道敷地内にある無人静止した貨物列車の上落ちていった。 崩落の連続画像は、セントアンソニー滝水門ダム駐車場設置されていた屋外監視カメラ撮影された。崩落直後騒ぎミネソタ州運輸局交通カメラ(崩落時は橋以外方面向いていた)でも撮影された。連邦政府直ち国家運輸安全委員会(NTSB)による調査開始したNTSBのマーク・ローゼンカー委員長は、崩落の9時間後に調査委員数名連れて現地到着した。彼は一週間近くミネアポリス留まり連邦、州、地方役人との主要な政府連絡窓口としての役割務めと共に調査状況簡略説明報道機関行った2007年8月2日市長R・T・ルィバークがミネアポリス市に、州知事ティム・ポーレンティーミネソタ州非常事態宣言宣言した市長宣言はその翌日ミネアポリス市議会によって承認され期限定めず延長された。ホワイトハウス報道官のトニー・スノウによると、崩落の翌朝時点では、ミネソタ州連邦政府災害宣言要請しなかった。ブッシュ大統領ミネソタ州当局と共に8月4日現地訪問時に支援約束し米国運輸長官メアリー・ピーターズ再建作業主導する発表した市長知事は、大統領との非公開会談にて詳細な援助要請出した現地当局は、8月5日到着したFBI物証チームおよび米国海軍潜水士による支援受けた

※この「崩落」の解説は、「ミネアポリス高速道路崩落事故」の解説の一部です。
「崩落」を含む「ミネアポリス高速道路崩落事故」の記事については、「ミネアポリス高速道路崩落事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「崩落」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

崩落

出典:『Wiktionary』 (2021/09/26 15:19 UTC 版)

名詞

ほうらく

  1. 構造物山肌坑道などが崩れ落ちること。
  2. 相場に、また大幅に下がること。

動詞

活用

サ行変格活用
崩落-する

「崩落」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「崩落」の関連用語

崩落のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



崩落のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの崩落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロミー・シュナイダー (改訂履歴)、モランディ橋 (改訂履歴)、六十谷水管橋 (改訂履歴)、Old Man of the Mountain (改訂履歴)、ミネアポリス高速道路崩落事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの崩落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS