草津白根山とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の火山 > 草津白根山の意味・解説 

草津白根山(群馬県・長野県)

2171m 北緯363722秒 東経1383155秒 本白根山)(世界測地系

草津白根山地図



概 要

 第三紀火山岩基盤山地の肩付近噴出源とするため、非対称成長した成層火山。最高所白根・本白根等の火砕丘群が南北並び、それらから東・南方に、数範囲安山岩溶岩流斜面、さらに下方範囲デイサイト火砕流台地である。
 白根山火砕丘頂部には北東から南西に並ぶ水釜湯釜、涸釜(かれがま)の3火口湖がある。有史後の噴火1902年の弓池付近までを含む山頂火口周辺で起き、近年噴火活動はすべて水蒸気爆発である。泥流を生じやすい。草津温泉をはじめ温泉に富み、硫化水素多く含む噴気活動がある。

草津白根山写真2
2002年7月9日状況



最近1万年間の火山活動

 香草(かくさ)溶岩噴出は約7000年前、殺生(せっしょう)溶岩噴火は約3000年前に起こった。(早川・由井,1989)



記録に残る火山活動

日本活火山総覧(第3版)(気象庁2005)による。>



火山観測

気象庁では,地震計空振計,GPS遠望カメラ設置し,草津白根山の火山活動監視観測を行っています。




火山活動解説資料

気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。



草津白根山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/28 22:49 UTC 版)

草津白根山(くさつ しらねさん)は、日本北関東群馬県吾妻郡草津町に所在する活火山である。標高は2,160メートル。正式名称は白根山であるが、他の白根山と区別する必要のある場合の名称として地域名「草津」を冠した草津白根山の名で呼ばれる。また、近隣の逢ノ峰と本白根山を含めた三山の総称とすることもあり、この場合は標高2,171メートルの本白根山最高峰となる。一つの火山の山体として捉える際は後者の考え方をとる(特に2018年の本白根山での噴火以降は、後者の意味で扱われることが増えている)。




  1. ^ 草津白根 歴史時代の噴火”. 産総研(地質調査所). 2013年5月7日閲覧。
  2. ^ a b 坂本直樹「草津白根山」『砂防学会誌』第43巻第1号、砂防学会、1990-1991年、 38-41頁、 doi:10.11475/sabo1973.43.38
  3. ^ a b 上木賢太、寺田暁彦、「草津白根火山の巡検案内書」 『火山』 2012年 57巻 4号 p.235-251, doi:10.18940/kazan.57.4_235
  4. ^ 日本の火山 vol.14 草津白根山[群馬県・長野県]”. 平成22年度 広報誌「ぼうさい」7月号(第58号). 内閣府. 2011年2月1日閲覧。
  5. ^ a b 火山についてのQ&A/Question #3193”. 日本火山学会. 2012年5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  6. ^ 1:15,000 火山土地条件図 草津白根山 (PDF)”. 国土地理院. 2016年11月19日閲覧。
  7. ^ “草津白根山の火口周辺警報を解除 -噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)へ引下げ-” (プレスリリース), 気象庁, (2017年6月7日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1706/07a/kusatu-shiranesan170607.html 2017年7月14日閲覧。 
  8. ^ 火山噴火予知連絡会拡大幹事会:草津白根山の火山活動に関する見解について草津白根山の火山活動に関する火山噴火予知連絡会拡大幹事会見解、気象庁、2018年1月26日。
  9. ^ “草津白根山の噴火警戒レベルを3へ引上げ” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2018年1月23日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1801/23a/kusatu-shiranesan180123.pdf 2018年1月23日閲覧。 
  10. ^ a b 本白根山の火山活動による被害及び消防機関等の対応状況等(第7報)消防庁、2018年1月26日。
  11. ^ 草津白根山(本白根山)を対象とする噴火警戒レベルを新たに設定し、3月16日14時より運用を開始します気象庁、2018年3月15日。
  12. ^ 噴火警報(火口周辺)(草津白根山)平成30年3月16日14時00分気象庁、2018年3月16日。
  13. ^ 志賀草津道路が開通 例年同時期、噴火影響なく: 日本経済新聞
  14. ^ 噴火警報(火口周辺)(草津白根山)平成30年4月22日07時00分(気象庁、2018年4月21日)
  15. ^ 〔草津白根山〕国道292号志賀草津道路は一部区間通行止めに(4/22)(レスキューナウニュース)- Yahoo!ニュース
  16. ^ わずか5日で撤回…白根山周辺の規制解除を取り消し(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
  17. ^ ひずみ24-2-1-9 ひずみ集中と地殻内流体変動の解明 (PDF) ひずみ集中帯の重点的調査観測・研究プロジェクト(平成24年)
  18. ^ 草津白根山火ロ湖湯釜の湖水および湖底泥中のランタノイド元素 日本化学会誌 Vol.1993(1993) No.5 P543-548, JOI:JST.Journalarchive/nikkashi1972/1993.543
  19. ^ 早川由紀夫、津白根火山の成り立ち 早川由紀夫研究室
  20. ^ 早川由紀夫、「マスターテフラによる日本の100万年噴火史編年(<特集>火山学の『夢』を語る)」 『火山』 1995年 40巻 Special号 p.S1-S15, doi:10.18940/kazan.40.Special_S1
  21. ^ a b 火山別噴火履歴表示 草津白根山 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  22. ^ [SVC48-11 草津白根火山本白根火砕丘群の完新世の噴火履歴] 日本地球惑星科学連合2016年大会 2016年5月22日(日)
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 草津白根山 有史以降の火山活動”. 日本国 国土交通省 気象庁. 2017年10月30日閲覧。
  24. ^ 昭和七年十月白根山噴火報告 気象庁 驗震時報第7巻 pp.95-102
  25. ^ 河又久雄、高橋正樹、草津白根火山における 14ka 以降のマグマ化学組成時間変化 日本火山学会講演予稿集 1993.2 巻 (1993) p.95-, doi:10.18940/vsj.1993.2.0_95
  26. ^ 河又久雄、高橋正樹、G45 草津白根火山 14ka 以降の形成史 日本火山学会講演予稿集 1994.2巻 (1994), doi:10.18940/vsj.1994.2.0_169
  27. ^ 草津白根山 噴火警報(火口周辺) 気象庁地震火山部 2018年(平成30年)1月23日
  28. ^ 濁川暁、石崎泰男、吉本充宏 ほか、P1-21 噴出物の層序と全岩組成からみた草津白根火山本白根火砕丘群の完新世の噴火履歴(ポスターセッション) 日本火山学会講演予稿集 2014 巻 (2014) セッションID:P1-21, doi:10.18940/vsj.2014.0_139


「草津白根山」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「草津白根山」の関連用語

草津白根山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



草津白根山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
気象庁気象庁
©2019 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの草津白根山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS