女峰山とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 女峰山の意味・解説 

にょほう‐さん【女峰山】

読み方:にょほうさん

栃木県北西部日光市北西にある山。標高2483メートル日光火山群東部成層火山で、北麓鬼怒川南麓大谷(だいや)川が流れる。南麓二荒山(ふたらさん)神社東照宮などの社寺がある。


女峰山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/23 10:11 UTC 版)

女峰山(にょほうさん)は日光市の北側、男体山の北東約7km地点にある標高2,483mの成層火山である。日光三山のひとつ。日本二百名山のひとつ。


  1. ^ a b c d e f g h i j 「女峰山」(ヤマケイオンライン)
  2. ^ 不明の軽飛行機発見 日光山中 四人とも遺体で『朝日新聞』1978年(昭和53年)8月18日朝刊、13版、23面


「女峰山」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女峰山」の関連用語

女峰山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女峰山のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女峰山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS