FA-200とは?

【FA-200】(えふえーにひゃく)

Fuji FA-200.
富士重工業開発生産した、国産唯一の実用軽飛行機愛称エアロスバル

T-1によって戦後日本航空史切り開いた富士重工業が、それに続いて開発した民間飛行機である。初飛行1965年
空力的に安定していながら、高い機動性機体強度を持つため、曲技機として使用することもできるという、優れた特性を持つ。

その高い性能認められ、オーストラリアなどへの輸出堅調であったが、その後日本製飛行機同様に保守サービス体制弱く、また低翼により下側方の視界が悪く用途制限されたため、300をもって製造終了した。

スペックデータ

乗員1名+乗客3名
全長8.17m
全高2.59m
翼幅9.42m
主翼面積14.0
翼面荷重82.1kg/
空虚重量650kg
最大離陸重量1,150kg
プロペラマッコーレイIC172MGM7656 or 7662固定2(FA-200-160)
マッコーレイB2D34C53/74E-O油圧定速(FA-200-180)
マッコーレイA170/EFA7658固定2(FA-200-180AO)
エンジンライカミング O-320D2Aレシプロエンジン(160hp)×1基(FA-200-160)
ライカミング IO-360B1Bレシプロエンジン(180hp)×1基(FA-200-180)
ライカミングO-360A5ADレシプロエンジン(180hp)×1基(FA-200-180AO)
出力荷重0.12 kW/kg
速度
(最高/巡航
128kts(237km/h)/100kts(185㎞/h
失速速度
フラップ上げ/下げ
109km/h(FA-200-160)/115km/h(FA-200-180)/114km/h(FA-200-180A0)
92km/h(FA-200-160)/97km/h(FA-200-180)/96km/h(FA-200-180A0)
航続距離1,400km
実用上昇限度5,790m
上昇率5.7m/s

派生型

FA-200-180.jpg
Photo:MASDF

FA-200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 06:04 UTC 版)

FA-200は、日本の航空機メーカー富士重工業で製造された軽飛行機。愛称は富士重工業の自動車のブランド「スバル」からとったエアロスバル1965年昭和40年)に初飛行。1986年(昭和61年)に生産終了するまでに、試作機3機を含めて299機が製作された[2]


  1. ^ a b c d e 木村秀政・田中祥一『日本の名機100選』文春文庫 1997年 ISBN 4-16-810203-3
  2. ^ a b c d e f 日本の航空宇宙工業50年の歩み. 社団法人日本航空宇宙工業会. (2003年5月). p. 25. https://www.sjac.or.jp/common/pdf/toukei/50nennoayumi/4_2_nihonnokoukuki2.pdf 
  3. ^ 内藤子生, 石川登 (1967). “富士重工FA-200軽飛行機について”. 日本航空学会誌 15 (161): 203. doi:10.2322/jjsass1953.15.201. 
  4. ^ 小型機展示 - 仙台国際空港で展示されている機体(JA3548)。個人所有機から東日本航空専門学校の教材となり、用途廃止後に空港へ寄贈された。
  5. ^ 栃木県子ども総合科学館
  6. ^ 廃園後もそのまま残されている。


「FA-200」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FA-200」の関連用語

FA-200のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



FA-200のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFA-200 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS