殺生とは? わかりやすく解説

せっ‐しょう〔‐シヤウ〕【殺生】

読み方:せっしょう

[名・形動(スル)

生き物を殺すこと。仏教では最も重い罪の一つとされる。「無益な—」「みだりに—してはいけない」

むごいこと。また、そのさま。残酷。「—な仕打ち」「そんな—なことは言うな」

殺生戒」の略。


せっしょう 【殺生】

仏教語。生きものを殺すことで、その行為を殺業という。仏教では最も重い罪の一つとし、僧俗別な禁じている。五悪十悪一つ。とくに大乗仏教ではこれを重視し殺生禁断強調する。だが、実際は殺生なしの生活はありえないので、懺悔教え説かれる。殺生を禁じた戒が殺生戒。(仏教思想による殺生禁断インド中国でも行われたが、日本でも奈良平安期行われ神社仏寺境内が、その地に指定された。春日神社の鹿を殺した者は石子詰死刑処された)

殺生

作者ヤルマル・セーデルベリィ

収載図書セーデルベリィ小品集
出版社大学書林
刊行年月1994.6


殺生

作者笹沢左保

収載図書殺生に相違なし
出版社文芸春秋
刊行年月1995.2
シリーズ名宮本武蔵


殺生

読み方:セッショウ(sesshou)

作者 萩原朔太郎

初出 大正2年

ジャンル


五戒

(殺生 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/25 03:32 UTC 版)

五戒(ごかい, サンスクリット: pañcaśīla, パーリ語: pañcasīla[3][1])とは、仏教において性別を問わず、在家信者が守るべき基本的な五つの(シーラ)のこと。


  1. ^ a b c Terwiel 2012, p. 178.
  2. ^ Kent, Alexandra (2008). Kent, Alexandra; Chandler, David (eds.). The Recovery of the King (reprinted ed.). Nordic Institute of Asian Studies. p. 127 n.17. ISBN 978-87-7694-036-2
  3. ^ Getz 2004, p. 673.
  4. ^ a b c d e Dharmaskandha -Gretil
  5. ^ a b c d e 五戒-戒律講説- * 真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺
  6. ^ バッダンタ・ニャーヌッタラ長老 2009, p. 24.
  7. ^ バッダンタ・ニャーヌッタラ長老 2009, p. 25.
  8. ^ バッダンタ・ニャーヌッタラ長老 2009, pp. 25–30.
  9. ^ バッダンタ・ニャーヌッタラ長老 2009, pp. 30–31.
  10. ^ バッダンタ・ニャーヌッタラ長老 2009, p. 30.
  11. ^ a b c Leaman 2000, p. 139.
  12. ^ Religions - Buddhism: Abortion”. BBC. 2018年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月閲覧。
  13. ^ a b Harvey 2000, p. 69.
  14. ^ Mcdermott 1989, pp. 271–2.
  15. ^ Harvey 2000, p. 156.
  16. ^ Keown 2013a, p. 616.
  17. ^ a b c d Cozort 2015.
  18. ^ a b Ledgerwood 2008, p. 152.
  19. ^ a b Spiro 1982, p. 45.
  20. ^ Terwiel 2012, p. 186.
  21. ^ Mcdermott 1989, pp. 273–4, 276.
  22. ^ Swearer 2010, p. 177.
  23. ^ 仁王像の頭にハチの巣、口部分から出入り 修復作業公開、当麻寺「引っ越し」期待”. 産経フォト (2021年5月25日). 2021年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月9日閲覧。
  24. ^ Harvey 2000, p. 70.
  25. ^ a b c Gwynne 2017, The Buddhist Pancasila.
  26. ^ a b c Wai 2002, p. 3.
  27. ^ a b c Wijayaratna 1990, pp. 166–7.
  28. ^ a b Meadow 2006, p. 88.
  29. ^ a b c d Terwiel 2012, p. 183.
  30. ^ Ratanakul 2007, p. 253.
  31. ^ Ariyabuddhiphongs & Hongladarom 2011, pp. 338–9.
  32. ^ Ariyabuddhiphongs 2007, p. 43.
  33. ^ Jaiwong & Ariyabuddhiphongs 2010, p. 337.
  34. ^ a b c Johansen & Gopalakrishna 2016, p. 342.
  35. ^ a b c Harvey 2000, pp. 71–2.
  36. ^ Harvey 2000, p. 73.
  37. ^ a b c d Leaman 2000, p. 140.
  38. ^ a b c Harvey 2000, p. 72.
  39. ^ a b Harvey 2000, p. 68.
  40. ^ Eugenics and Religious Law: IV. Hinduism and Buddhism. The Gale Group. (2004). オリジナルの24 August 2018時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180824071911/https://www.encyclopedia.com/science/encyclopedias-almanacs-transcripts-and-maps/eugenics-and-religious-law-iv-hinduism-and-buddhism 
  41. ^ Perrett 2000, p. 112.
  42. ^ a b Gombrich 1995, p. 298.
  43. ^ Derks 1998.
  44. ^ a b c Harvey 2000, p. 74.
  45. ^ Segall 2003, p. 169.
  46. ^ Harvey 2000, pp. 74, 76.
  47. ^ a b Harvey 2000, p. 75.
  48. ^ Wai 2002, p. 295.
  49. ^ Powers 2013, pañca-śīla.
  50. ^ Gwynne 2017, Ahiṃsa and Samādhi.
  51. ^ a b c Harvey 2000, p. 77.
  52. ^ Mcdermott 1989, p. 275.
  53. ^ Tachibana 1992, p. 62.
  54. ^ Neumaier 2006, p. 78.
  55. ^ Terwiel 2012, p. 185.
  56. ^ Harvey 2000, p. 78.
  57. ^ a b c Harvey 2000, p. 79.
  58. ^ Vanphanom et al. 2009, p. 100.


「五戒」の続きの解説一覧

殺生

出典:『Wiktionary』 (2021/10/07 17:48 UTC 版)

名詞

(せっしょう)

  1. 生き物殺すこと。
  2. とてもむごいこと。
    • 「そんな殺生な」

類義語

動詞


「殺生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「殺生」の関連用語

殺生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



殺生のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五戒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの殺生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS