見込とは?

見込

読み方:みこみ
別表記:見込み見こみ

予測予想のこと。近い将来に関する比較現実みのある事項について表現することが多い。

み‐こみ【見込】

〔名〕

見た様子。みば。みえ。見かけ外観

俳諧詞林金玉集(1679)五「見こみよし花も奥ある家桜風虎〉」

うつせみ(1895)〈樋口一葉〉一「家は何処までも奇麗にて見こみの好ければ」

② 目をつけてねらいとするところ。手に入れようとめざしているもの。めあて。

浮世草子世間娘容気(1717)「どこに見こみあって百にちかい婆々とは死んだ事ぞ」

先行き予想。また将来可能性望み。あて。

経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「益々死戦決する有様あり。這は汝等の見込の違ひしか」

舞姫(1890)〈森鴎外〉「治癒の見込なしといふ」

④ 刀の鍔などの細工物で、入念細工をした物。

浄瑠璃博多小女郎波枕(1718)中「鍔(つば)に見込の中脇差

(5) 茶碗や鉢の内面

(6) 建築で、部材側面


み‐こ・む【見込】

1⃣ 〔他マ五(四)

見入る。見つめる。じっと見る

浄瑠璃文武五人男(1694)一「門の内、きっと見こふで立たりしを」

② めあてとする。あてこむまた、目をつけてねらう。

大学垂加先生講義(1679)「深う思入のある書様也。其思ひ入の所を見こまねば、死底にして終るぞ」

咄本鹿の子餠(1772)借雪隠「此嶋はむざと小便のならぬ不自由、そこを見込(ミコ)んで茶屋の裏をかり、かし雪隠

③ 有望だと思う。よいとみて思い定める。人のねうちを認める。

浄瑠璃山崎与次兵衛寿の門松(1718)上「吾妻見込んで頼むとは、いとしらしい婆さん

執念深くとりつく。みいる。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「わしに見こまれたが因果ぢゃ」

(5) 予想して勘定に入れる。あらかじめ考慮しておく。

*寄笑新聞1875)〈梅亭金鵞三号「金を貸すには倒れを見込(ミコ)むこと西洋各国と雖も同し

2⃣ 〔他マ下二〕 有望だと思う。

史記抄(1477)一二世間人主よりは高尊なる心があるそ、見こめたほとに魏の使と云て燕へいったそ」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「見込」の関連用語

見込のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



見込のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS