ポルノグラフィとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > ポルノグラフィの意味・解説 

ポルノグラフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 10:10 UTC 版)

ポルノグラフィフランス語: Pornographie)とは、ウェブスターの「国際辞典」の定義によれば、「性的興奮を起こさせることを目的としたエロチックな行為を(文章またはなどで)表現したもの」と定義している。ギリシア語: πορνογραφια (pornographia)(『オックスフォード英語辞典』によれば、英語: writing of harlots の意)が語源であるという説があり、直訳すると売春婦の行為に関する文章や絵という意味になる。しかし、実際には1850年前後にイギリスで作られた言葉であるといわれている(『オックスフォード英語辞典』による用例の文献初出は1857年のものである)。日本では略称として、ポルノとも言われる。




注釈

  1. ^ 「愛の亡霊」なども発表
  2. ^ 松田英子、藤竜也が出演した

出典

  1. ^ 大辞泉:【ポルノショップ】さまざまな性具・ポルノグラフィーなどを売る店。
  2. ^ 我妻洋 『社会心理学入門(上)』講談社1987:103-104 ISBN 4061588060
  3. ^ 小宮自由 (2016年5月19日). “わいせつ物頒布罪は廃止すべきである”. アゴラ. 2019年9月24日閲覧。
  4. ^ 「白日夢」や「華魁」などの映画も発表した
  5. ^ http://movies.yahoo.co.jp/movie/141600/
  6. ^ New York Times: Fruits of Passion”. 4 Augsut 2020閲覧。
  7. ^ キャスト:イザベル・イリエ、クラウス・キンスキー、アリエル・ドンバール、高橋ひとみ、山口小夜子、ピーター、新高恵子ら出演
  8. ^ ポップアートの最も有名な芸術家。マリリン・モンローやエルヴィス・プレスリーらを題材にしたポップ・アートを発表した
  9. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24587
  10. ^ Sylvia Kristel”. 2020年6月5日閲覧。
  11. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』12-13頁
  12. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』226-227頁。
  13. ^ 光文社『FLASH』誌、2019年10月15日号。10月22日・29日合併号。
  14. ^ ヨコタ村上孝之 『マンガは欲望する』 筑摩書房、2006年、103-104頁。ISBN 978-4480873514
  15. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』30頁。
  16. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』75-76頁・90頁。
  17. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』196-208頁。
  18. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』139頁。
  19. ^ 瀬地山角 「ポルノグラフィーの政治学」『新・知の技法』 東京大学出版会 1998年 ISBN 4130033123 pp.74-81.
  20. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』26-27頁
  21. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』17頁。
  22. ^ Milton, Diamond; Ayako, Uchiyama (1999). “Pornography, Rape and Sex Crimes in Japan”. International Journal of Law and Psychiatry 22 (1): 1-22. PMID 10086287. http://www.hawaii.edu/PCSS/biblio/articles/1961to1999/1999-pornography-rape-sex-crimes-japan.html 2018年1月30日閲覧。. 
  23. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』33-34頁
  24. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』22-23頁
  25. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』42-44頁。
  26. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』23頁。
  27. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』44頁。
  28. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』45-58頁。
  29. ^ 例えばA. SnitowとP. Califiaの『ポルノと検閲』やN. Strossenの『ポルノ防衛論』。
  30. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』25-27頁・31頁。
  31. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』28-29頁。
  32. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』28頁。
  33. ^ 『欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差』29頁など。
  34. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』19頁など。
  35. ^ 『女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム』23頁。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポルノグラフィ」の関連用語

ポルノグラフィのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポルノグラフィのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポルノグラフィ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS