スーパーCCDハニカムとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > スーパーCCDハニカムの意味・解説 

スーパーCCDハニカム

読み方スーパーシーシーディーハニカム
【英】Super CCD

スーパーCCDハニカムとは、富士フイルム富士フイルムマイクロデバイスが共同開発したCCDイメージセンサーの名称である。

一般的なCCDイメージセンサーでは、四角形フォトダイオード格子状配置されているのに対して、スーパーCCDハニカムでは8角形フォトダイオード蜂の巣ハニカム)状に配置されている。これによって、単位面積当りの受光領域広くなり、同じ画素数でより高い解像度を得ることが可能となっている他、高感度化も実現している。

スーパーCCDハニカムは1999年開発された。2008年にはスーパーCCDハニカム EXR発表されている。


参照リンク
画像生成技術(スーパーCCDハニカム) - (富士フイルム
新構造イメージセンサー「スーパーCCDハニカム」の原理と応用 - (富士フイルム研究報告 No.46-2001)
カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  総画素数  ズームレンズ  スローシンクロ  スーパーCCDハニカム  1CCD  3CCD  多分割測光

スーパーCCDハニカム

読み方すーぱーしーしーでぃーはにかむ

富士写真フイルムが独自に開発した CCD通常CCDの フォトセンサ (受光素子)の並び方が正方格子配列であるのに対して亀の甲のようにジグザグに並べた配列で、フォトセンサのカタチ八角形蜂巣ハニカム)状にでき、結果的センサ大きくすることができた。センサ大きいほど得られる電気信号の量が増え、感度アップさせたり画質向上させるなどのメリット生まれた。
ハニカム信号処理

スーパーCCDハニカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/12 16:46 UTC 版)

スーパーCCDハニカム®(スーパーシーシーディーハニカム)とは富士フイルムが開発した八角形のハニカム構造を採用したCCDイメージセンサの名称であり、同社の登録商標である。






「スーパーCCDハニカム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スーパーCCDハニカム」の関連用語

スーパーCCDハニカムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スーパーCCDハニカムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスーパーCCDハニカムの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2019 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスーパーCCDハニカム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS