シャッター速度とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > シャッター速度の意味・解説 

シャッタースピード

別名:シャッター速度
【英】shutter speed

シャッタースピードとは、カメラにおいてシャッター開閉する速度のことである。銀塩カメラデジタルカメラにおいて、露出時間調整する役割持っている

シャッタースピードは「秒」を単位とし、20分の1秒、160分の1秒、といったように速度調節を行うことができる。撮影現場明るさ(光の量)によって、同じシャッタースピードでも写り方に違い現われる。適切にシャッタースピードを調整することで、より美し写真撮影できる。

一般的には、明る場合にはシャッタースピードを速めて光を制限し、暗い場合にはシャッタースピードを遅くして、より多くの光を取り込むことで、より適切な撮影ができるとされる。シャッタースピードを活かした撮影技術としてはスローシンクロなどがある。なお、シャッタースピードが遅くなればなるほど、手ぶれ起こりやすくなる。

カメラ露出適正調整する機能として、シャッタースピードの他に、レンズ絞り値がある。シャッタースピードは光の通る時間調整するのに対してレンズ絞り値は光の通り道の幅を調整する。なお、撮影時の露出自動設定する自動露出AE機能のうち、シャッタースピードを任意決定し、それに合わせて絞り値を自動調整する機能が、シャッター速度優先AEなどと呼ばれる

フィルム式の銀塩カメラでは、シャッター物理的な幕か扉のような機構であるが、デジタルカメラにおいては電気的に採光している時間設定することによって、シャッタースピード調整同等機能実現している。この機能はデジタルシャッターと呼ばれている。

カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  シャッター速度優先AE  写メール  視野率  シャッタースピード  シャッターボタン  白飛び  測光

シャッター速度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 15:32 UTC 版)

シャッター速度(シャッターそくど、: Shutter speed )は、カメラによる写真撮影の際、シャッターが開放され、フィルムまたは撮像素子レンズを通したにさらされる(露出する)時間(露光時間、シャッタースピード、「SS」とも略される)をいう。この時間が短いほどシャッター速度が速い、長いほどシャッター速度が遅いという。(正確にはスピードという表現はふさわしくない。注釈参照) [1]




  1. ^ なお本来スピードとは、単位時間あたりの移動距離を示す物理量(単位:m/sec)であるから、露光時間(単位:sec)を表すのにスピードという語を使うのはふさわしくない(シャッターを構成する先行幕と後行幕が移動するスピードは一定であり、両者の走行開始の時間差により露光時間が決まる)。したがって、用語としては既成事実化しているものの、「シャッタータイム」もしくは「露光時間」といった表現にすべきとする考え方もできる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シャッター速度」の関連用語

シャッター速度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シャッター速度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシャッタースピードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシャッター速度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS