赤目現象とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 赤目現象の意味・解説 

赤目現象

読み方あかめげんしょう
別名:赤目効果
【英】red-eye effect

赤目現象とは、暗所フラッシュ撮影した際、瞳が赤く写る現象のことである。

赤目現象は、暗い場所で広がっている瞳孔フラッシュの光が入り網膜内の毛細血管に強い光が当ることで発生する。

最近カメラでは、赤目現象を軽減する機能として、撮影前にプリ発光予備発光呼ばれるフラッシュ発光数回行い、それによって瞳孔収縮させる「赤目軽減モード」が用意されている機種も多い。

カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  AE  AEロック  赤目軽減モード  赤目現象  エリア選択AF  色温度  イメージスタビライザー

赤目現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/08 14:17 UTC 版)

赤目現象Red-eye effect)とは、フラッシュを使って写真を撮影した時、人物などのく写る現象をいう。赤目効果とも言う。






「赤目現象」の続きの解説一覧



赤目現象と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤目現象」の関連用語

赤目現象のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤目現象のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ赤目現象の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤目現象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS