赤外線写真とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 光学 > 写真 > 赤外線写真の意味・解説 

せきがい せんしゃしん せきぐわい- [7] 【赤外線写真】

赤外線のみを透過させる赤外線フィルター赤外線フィルム用いて写す写真夜間撮影特殊効果をねらう美術写真などのほか、森林地質土壌などの地勢調査に用いる。

赤外線写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/02 03:00 UTC 版)

上:近赤外領域で撮影した木、下:可視領域で撮影した同じ木。




  1. ^ Chemistry of Photography”. 2006年11月28日閲覧。
  2. ^ Pioneers of Invisible Radiation Photography - Professor Robert Williams Wood”. 2006年11月28日閲覧。
  3. ^ Annual Report of the Director Bureau of Standards to the Secretary of Commerce for the Fiscal Year Ended June 30, 1919 U. S. Govt. Print. Off., United States National Bureau of Standards, 1919.
  4. ^ http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/service/film/index.shtml#3
  5. ^ http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/professional/products/films/film_list/blackWhitelist.shtml
  6. ^ http://wwwjp.kodak.com/JP/plugins/acrobat/ja/professional/products/films/eir/EIR.pdf
  7. ^ http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/professional/products/films/eir/index.shtml
  8. ^ a b “Ultra-Personal Sony Handycam” (プレスリリース), Reuters wire service, (1998年8月12日), http://www.deadmedia.org/notes/38/380.html 2007年2月9日閲覧。 
  9. ^ Digital Infrared at Jim Chen Photography
  10. ^ レンズに赤外線カットフィルターを装着することにより、この問題はほぼ解決が可能である
  11. ^ http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2006/08/10/4403.html?ref=rss
  12. ^ 同社のデジタル一眼レフカメラ「Finepix S3 PRO」の派生モデルである
  13. ^ Phase One P45+ IR”. 2008年7月2日閲覧。
  14. ^ 灰色に見える
  15. ^ 特に一般的なものはフッ化カルシウム(蛍石レンズ)やフッ化リチウムの結晶など。これらは複屈折性を持たないために光学系の設計が比較的容易である。赤外線分析機器では塩化ナトリウムヨウ化カリウムなどの窓材を使うこともある。さらに、可視光線をカットする光学ローパスフィルターとして金薄膜などを用いることがある。


「赤外線写真」の続きの解説一覧



赤外線写真と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤外線写真」の関連用語

赤外線写真のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤外線写真のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2019 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤外線写真 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS