Dr5クローム現像とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Dr5クローム現像の意味・解説 

dr5クローム現像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/05 08:32 UTC 版)

dr5クローム現像(ディーアールファイヴクロームげんぞう、英語: dr5 chrome process)は、白黒写真のリバーサル現像の処方で、白黒リバーサルフィルムはもとより、ネガフィルムを含むモノクロフィルムから[1]、スライド用などのポジフィルムが得られる方法である(一般にモノクロフィルムはネガフィルムをリバーサル現像する処方も公表されているが、特に白黒リバーサルをうたっているフィルムは品種にもよるが、リバーサル現像に向いた特性やベースを無色とするなどの違いがある)。開発者は、dr5クローム・ラボのCEOかつ創業者であり、写真家から写真化学者に転身したデイヴィッド・ウッドである[2]。dr5クローム現像は、一般的な光ベースのリバーサル現像というよりも、むしろ、化学的なリバーサル現像である[2]。デイヴィッド・ウッドは、The Darkroom Cookbook (2008年)という評価の高い書籍に貢献した[3]




  1. ^ ただし富士フイルムの「ACROS」をはじめとして、いくつかの適さない白黒ネガフィルムもあるとしている( http://www.dr5.com/blackandwhiteslide/filmreviewdev1.html
  2. ^ a b dr5 Chrome Lab”. Inside Analog Photo Radio (2008年12月13日). 2008年12月22日閲覧。
  3. ^ Contributors chapter - Darkroom Cookbook”. 2011年12月2日閲覧。
  4. ^ A&I's website”. 2011年12月2日閲覧。
  5. ^ Lab Profile: dr5: B&W Chromes Reborn With Proprietary dr5 Process”. Rangefinder (2005年). 2011年12月2日閲覧。
  6. ^ Photo Expo-Plus”. 2011年12月2日閲覧。
  7. ^ Expo review”. 2011年12月2日閲覧。
  8. ^ Dr 5 Chrome”. 2010年11月1日閲覧。
  9. ^ Tecnolab's website”. 2011年12月2日閲覧。
  10. ^ dr5 Chrome relocates to Denver” (2005年6月30日). 2010年11月1日閲覧。
  11. ^ CINE FILM IN dr5 CALL FOR AVAILABLE SERVICE”. 2011年12月2日閲覧。


「dr5クローム現像」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Dr5クローム現像」の関連用語

Dr5クローム現像のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Dr5クローム現像のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのdr5クローム現像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS