ISO感度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 光学 > 感度 > ISO感度の意味・解説 

イソ‐かんど【ISO感度】

ISO国際標準化機構)が定め感光材料感光度規格従来ASA感度同数値で、現在、最も一般的に用いられる。→感度3


ISO感度

フルスペル:ISO speed
別名:アイエスオーかんどイソかんど

ISO感度とは、フィルム感度を示す指標のことである。フィルムパッケージなどに50100200といった数値で示されており、数字大きくなるほど感度が高くなる。また感度が高くても、絞り値を同じに設定しておけば、より速いシャッター速度適正露出を得ることが可能である。ただし、高感度フィルム用いて撮影を行うと、粒状性が高くなるので、ざらつきが目立つ写真になってしまう。

なお、通常のデジタルカメラではISO感度を複数設定でき、ISO感度100200400程度がほとんどである。デジタルカメラにおいても、ユーザー感度理解しやすいように、撮像素子感度をISO感度に変換して表示するのが一般的である。

カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  プリ発光  フォーカスロック  IrTran-P  ISO感度  iショット  ガイドナンバー  開放F値

ISO感度

読み方いそかんど

フィルム感度を表す単位国際標準化機構ISO定めたもの。正式には「アイエスオー感度」だが、一般的には「イソ感度」と呼ばれている。ISO100、ISO200、ISO400、ISO800と数字大きくなるほど感度が高く、暗いところでの撮影に強い。しかし、感度が高いほど粒状性粗くなる。デジタルカメラにはフィルム使用しないが、「ISO100相当」と感度を表す目安としてフィルムカメラ同様に使われている。

ISO感度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 14:38 UTC 版)

ISO感度(アイエスオーかんど、イソかんど、ISO speed )は、国際標準化機構(ISO)で策定された写真フィルムの規格であり、あるフィルムがどの程度弱い光まで記録できるかを示す。従来のASA感度とDIN感度をまとめて記したものである。






「ISO感度」の続きの解説一覧



ISO感度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ISO感度」の関連用語

ISO感度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ISO感度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリISO感度の記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2020 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのISO感度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS