フォトグラムとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > フォトグラムの意味・解説 

フォトグラム

読み】:フォトグラム
【英】:PHOTOGRAM

写真の特殊技法カメラを用いずに、感光紙光源のあいだに、透明、半透明不透明さまざまな物体をおいて露光させてつくるシルエット写真。これによって抽象的イメージ構成することができる。光源にはろうそくマッチ懐中電灯写真の引伸し機などを用いる。1921年頃から、前衛写真先駆者であるマン・レイ(1890〜1976)や、ハンガリー彫刻家デザイナーで光と造形の関係を追求したモホリ=ナジ(1895〜1946)、ダダメンバーであるトリスタン・ツァラ(1896〜1963)、クルト・シュヴィッタース(1887〜1948)などにより試みられた。日本では、瑛九えいきゅう.1911〜1960)による作品が有名である。なお、写真技法ではあるが、この手法では、出来上るプリントは、当然のことではあるが1限定され、通常の写真のように複数作することは出来ない

フォトグラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/06 06:23 UTC 版)

フォトグラム(Photogram, Photogramm, Fotogramm)とは、カメラを用いずに、印画紙の上に直接物を置いて感光させるなどの方法により制作された写真作品。








英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フォトグラム」の関連用語

フォトグラムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フォトグラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォトグラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS