ゾーンシステムとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > アレルギー用語 > ゾーンシステムの意味・解説 

ゾーンシステム

喘息慢性的変動しやすい喘息管理のゾーンシステムは、患者自分自身喘息の状態を把握し、悪化兆候早い段階感知して早期対処するために役立つ。長期管理ステップ異なり症状急変に対応するためのシステムである。 喘息状態を次の3つのゾーン分けそれぞれに交通信号の色を当ててある。
1)緑で安全なグリーンゾーン発作なし、ピークフロー値は自己最良値80100%
2)黄色要注意イエローゾーン喘鳴/胸苦しさ軽度小発作最良値の5080
3) 赤で要警戒レッドゾーン中等度の中発作以上、最良値の50未満
患者家庭で対処する内容は、以下である。
1)グリーンゾーンよくコントロールされており、症状はあっても喘鳴程度症状があれば、β2刺激薬吸入を行う。
2)イエローゾーン呼吸困難などの発作がある。β2刺激薬吸入1時間に3回まで行い改善なければ医師により指示された量の経口ステロイド薬内服して医師診察を受ける。
3) レッドゾーン安静時に喘息症状があり、日常生活支障がある早期β2刺激薬吸入早期経口ステロイド内服行い早急に医師診察を受ける。準備があれば酸素吸入開始する。

ゾーンシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/19 06:26 UTC 版)

ゾーンシステム写真の技法のひとつであり、フィルムへの最適な露出現像処理を決定するためのものである。アンセル・アダムスとフレッド・アーチャーによって1941年に考案された。 写真家はゾーンシステムを用いることで写真表現の過程と最終結果との関係を正確に決定することができる。 ゾーンシステムは白黒のシートフィルムのために発明された。しかし、ロールフィルムにも、またカラー写真にも、ネガリバーサルデジタル写真のいずれにも適用できる。




  1. ^ アダムス (1981, p. 30) は反射光露出計を、被写体に降り注ぐ光を測るだけで、実際に画面を描く個々の物の輝度を考慮していないために利用価値が限定された機器だと考えていた。
  2. ^ 典型的な画面はハイライトとシャドウの両部分を含み、画面の構成要素は光源に対して様々な角度を成しており、そのため通常は単に「平均」反射率という言葉を使ってよい。ここでは前記の効果も含めるために「有効な」平均反射率という言葉を使っている。
  3. ^ アダムス(1981)は11段階のゾーンを用いた。Picker(1974)、White、Zakia、Lorenz(White, Minor, Richard Zakia, and Peter Lorenz. 1976. The New Zone System Manual. Dobbs Ferry, N.Y.: Morgan & Morgan. ISBN 0-87100-100-4)など、他の写真家の中には10段階のゾーンを用いる者もいる。写真家が自身の方法を採用し続けている限りはどちらの方法でも問題ない。
  4. ^ アダムス (1981) は露出ゾーンネガ濃度バリュープリントバリューを区別していた。ネガ濃度バリューは露出とネガ現像とで調整される。プリントバリューはネガ濃度バリューと印画紙への露光と印画紙現像とで調整される。ただし、一般には単なる「ゾーン」と言う単語でネガ濃度バリューやプリントバリューを指すこともある。
  5. ^ ゾーンおよびその典型的な風景要素への適用に関するアダムスの説明は本項目の表よりもやや広範に渡っている。
  6. ^ あるフィルムと現像液との組み合わせでの実効感度が「露光指数」(EI, Exposure Index)と記されることがある。しかし、ゾーンシステムに用いられる体系立った感度決定に比べ、露光指数は遥かに恣意的な選択肢をさす場合が多々ある。
  7. ^ 交換式フィルムバックを使えるロールフィルムカメラであれば、希望する現像方法ごとにフィルムバックを使い分けることで N+ や N- での現像が可能である。交換式フィルムバックが使えない場合、現像方法ごとにカメラボディを使い分けることになり、小さいフォーマットのカメラ以外では実用的でないだろう。
  1. ^ a b c d e f Adams, Ansel. 1981. The Negative. The New Ansel Adams Basic Photography Series/Book 2. ed. Robert Baker. Boston: New York Graphic Society. ISBN 0-8212-1131-5. Reprinted, Boston: Little, Brown, & Company, 1995. ISBN 0-8212-2186-8.
    (日本語版)アンセル・アダムズ『アンセル・アダムズの写真術2 ザ・ネガティヴ』梅澤篤之介訳、岩崎美術社、1994年。ISBN 4-7534-1343-8
  2. ^ Adams, Ansel. 1948. The Negative: Exposure and Development. Ansel Adams Basic Photography Series/Book 2. Boston: New York Graphic Society. ISBN 0-8212-0717-2.
  3. ^ ISO 6:1993. Photography—Black-and-White Pictorial Still Camera Negative Film/Process Systems. International Organization for Standardization.
  4. ^ ANSI PH2-1979. American National Standard Method for Determining Speed of Photographic Negative Materials (Monochrome, Continuous-Tone). New York: American National Standards Institute.
  5. ^ Adams, Ansel. 1983. The Print. The New Ansel Adams Basic Photography Series/Book 3. ed. Robert Baker. Boston: New York Graphic Society. ISBN 978-0821215265. Reprinted, Bulfinch, 1995. ISBN 978-0821221877
  6. ^ Adams, Ansel. 1985. Ansel Adams: An Autobiography. ed. Mary Street Alinder. Boston: Little, Brown, & Company. ISBN 0-8212-1596-5
  7. ^ Picker, Fred. 1974. Zone VI Workshop: The Fine Print in Black & White Photography. Garden City, N.Y.: Amphoto. ISBN 0-8174-0574-7.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゾーンシステム」の関連用語

ゾーンシステムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゾーンシステムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2019 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゾーンシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS