IrTran-Pとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > IrTran-Pの意味・解説 

IrTran-P

フルスペル:Infrared Transfer Picture
読み方アイアールトランプアイアールトランピー

IrTran-Pとは、近距離間の赤外線通信技術であるIrDA規格一種で、写真などの静止画像転送するための規格のことである。カシオ計算機シャープソニーなどによって共同開発された。

IrTran-Pはデジタルカメラプリンタへの搭載想定されている。IrTran-Pを利用することで、物理的ケーブルを用いることなく、デジタルカメラ撮影した画像パソコンや他のデジタルカメラ転送したり、プリンタから印刷を行ったり、といった作業が可能になる。

IrTran-Pは1997年10月IrDA規格として正式に認定された。現在では同じ目的Bluetoothなどが採用されている場合も多い。


参照リンク
IrDA - (英文




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「IrTran-P」の関連用語

IrTran-Pのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Android

LUMIX Phone P-02D

ネットワークプリンタ

Office for iPad

らくらくホン

Xperia A SO-04E

BlackBerry Z30

抜き合わせ





IrTran-Pのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIrTran-Pの記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS