IrDAとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > IrDAの意味・解説 

IrDA

フルスペル:Infrared Data Association
読み方アイアールディーエー
別名:赤外線データ協会

IrDAとは、赤外線による無線通信標準規格策定した業界団体の名称、または、同団体によって策定された赤外線通信標準規格のことである。

IrDA規格では、不可視光線である赤外線信号利用し、近距離間でデータ通信を行うことができる。光信号利用するので、発光・受光装置遮蔽物がない状態で向き合わせる必要がある

IrDA規格は、主にノートPCPDAといったモバイル機器搭載されている。また、NTTドコモ携帯電話などでは、携帯電話端末どうしで直接に(基地局中継せずに)情報やり取りするための手段として、IrDAの規格標準的搭載されるようになっている

IeDAによって標準化された赤外線通信規格としては、IrDA ControlIrCOMMIrTran-PIrLPTIrSimpleIrSSなどがある。


参照リンク
IrDA
無線通信のほかの用語一覧
衛星通信:  トランスポンダ  通信衛星  VSAT
赤外線通信:  IrDA  IrDA Control  IrTran-P  IrSimple

IrDA

読み方あいあーるでぃーえー

Infrared Data Associationの略。赤外線による光無線データ通信規格化している団体名で、そこで策定された規格そのものを指すこともある。規格はまずノートパソコン採用され、NTTドコモ携帯電話標準採用されて普及加速した。携帯電話カメラ機能備えてからは、撮影した写真ノートパソコンに送るのに使われ、やがてコンパクトプリンタにも送受信機搭載されるようになった通信距離と転送速度によって規格細かく細分化されているが、115Kb/秒が一般的。現在はより4Mb/秒と高速IrSimple へと役割バトン渡しつつある。

IrDA

読み方あいあーるでぃーえー

Infrared Data Associationの略。赤外線による光無線データ通信規格化している団体名で、そこで策定された規格そのものを指すこともある。規格はまずノートパソコン採用され、NTTドコモ携帯電話標準採用されて普及加速した。携帯電話カメラ機能備えてからは、撮影した写真ノートパソコンに送るのに使われ、やがてコンパクトプリンタにも送受信機搭載されるようになった通信距離と転送速度によって規格細かく細分化されているが、115Kb/秒が一般的。現在はより4Mb/秒と高速IrSimple へと役割バトン渡しつつある。

IrDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/30 02:18 UTC 版)

IrDA(アイアールディーエイ、Infrared Data Association)は赤外線による光無線データ通信を規格化している団体であり、またその規格そのものの名称である。特に規格に関しては、 IrDA DATA と呼ぶ。




「IrDA」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「IrDA」の関連用語

IrDAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Windows Live フォト ガジェット

Alienware

Adobe Photoshop

がくっぽいど

桁区切りスタイル

ブロードバンドルータ

BlackBerry Curve 9350

ドコモタブレット ELUGA Live P-08D





IrDAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIrDAの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2018 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIrDA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS