売春防止法とは? わかりやすく解説

売春防止法


ばいしゅん‐ぼうしほう〔バイシユンバウシハフ〕【売春防止法】

読み方:ばいしゅんぼうしほう

売春防止目的として制定され法律売春勧誘周旋など、売春助長する行為処罰売春を行うおそれのある女子の保護更生措置などを規定する昭和32年(1957)施行


売春防止法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/17 09:37 UTC 版)

売春防止法(ばいしゅんぼうしほう、昭和31年5月24日法律第118号)は、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行または環境に照らして売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする(1条)日本法律である[1][2]


  1. ^ a b RONの六法全書 on LINE - 売春防止法”. 2021年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c コトバンク - 売春防止法”. 2021年9月17日閲覧。
  3. ^ 琉球政府公報1970年号外66号
  4. ^ 「借金300万円のため週3回売春した」新宿“立ちんぼ”女教師逮捕 その素顔とは”. FNNプライムオンライン (2021年9月15日). 2021年9月17日閲覧。


「売春防止法」の続きの解説一覧

売春防止法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:51 UTC 版)

ソープランド」の記事における「売春防止法」の解説

売春防止法では単純売春に対する罰則はなく、客とソープ嬢金銭を介して性交渉行って摘発することはできない。しかし、経営者側が客や女性売春のための場所を提供することは、売春防止法でいう「場所提供」にあたり、また女性勤務管理することは「管理売春にあたり違法である入浴料サービス料別としたり、ローション避妊具管理を、女性裁量任せているのも、働く女性個人事業主であり、店舗経営者管理売春関与してないことを明確にするめである実際女性自由意志外出できない状況常態化していることが、物証証言により確認できた場合に、勤務中(つまり管理売春)とみなされるという過去の判例複数存在する。 なお、売春防止法第3条に、単純売春に対する罰則規定存在しない背景については、売春防止法案の審議の際の国会議事録によると、次の通りである。 「立証極度に困難であり、かつ、徹底的な証拠立てをしようとすれば人権蹂躙非難さえ生じ得る」こと。 勧誘第5条)や売春助長する行為第6条 - 策15条)を処罰することで、法律の目的達しようとするものであること。

※この「売春防止法」の解説は、「ソープランド」の解説の一部です。
「売春防止法」を含む「ソープランド」の記事については、「ソープランド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「売春防止法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



売春防止法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「売春防止法」の関連用語

売春防止法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



売春防止法のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの売春防止法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソープランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS