ソープ嬢とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ソープ嬢の意味・解説 

ソープ嬢


ソープランド

(ソープ嬢 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/24 20:35 UTC 版)

ソープランドは、湯船のある部屋(浴室)で通称風俗嬢と呼ばれる女性が、男性客に対し性的なサービスを行う風俗店である。風俗店の中でも性交を含めたサービスを提供するため「風俗の王様」と称される。「ソープ」、「特殊浴場」、「個室(高級)サウナ」などとも呼ばれる。




  1. ^ 性風俗関連特殊営業の届出数の推移(平成25~29 年)
  2. ^ 中東では男性客には男性、女性客には女性の垢すり師がつくのが原則。
  3. ^ 広岡敬一『ちろりん村顛末記』(朝日文庫)P.19
  4. ^ 松沢呉一『エロスの原風景』(ポット出版)P.84 - 93
  5. ^ トルコ嬢の名は本番サービスが主流になって以降で、当時は「体を売らない」という信条もあり指技以外の行為を求められることは恥とする気風があったとされる。
  6. ^ 広岡敬一『ちろりん村顛末記』P.20 - 21
  7. ^ 【北海道震度7地震】ススキノのソープが500円で風呂提供 「私たちも被災者」通常営業は休止”. 2019年5月16日閲覧。 『産経新聞』
  8. ^ 事件番号 昭和53う393、福岡高等裁判所、昭和53年12月7日
  9. ^ 事件番号 昭和42(あ)605、最高裁判所第三小法廷、昭和42年9月19日
  10. ^ 事件番号 昭和43う482、福岡高等裁判所、昭和44年1月29日
  11. ^ 参議院法務委員会昭和31年5月15日 政府委員・長戸寛美発言”. 2013年4月21日閲覧。
  12. ^ 『「夜のオンナ」はいくら稼ぐか?』p.78 -
  13. ^ 岩永 p16
  14. ^ 터키탕명칭 증기탕으로 공식 변경 문화 일보(文化日報) 1997-02-11
  15. ^ 中国現代用語辞典-入浴センター(新式銭湯)(2010年10月9日時点のアーカイブ
  16. ^ 岩永 p36-38
  17. ^ 岩永 p18
  18. ^ 接吻は心を許した相手とだけ行うという不文律があったため。このようなけじめをつけることは職業人としての誇りを保ち、人間としての尊厳を両立させることが可能である心理的な防衛として機能する。
  19. ^ a b 岩永 p20
  20. ^ 岩永 p18-24
  21. ^ 岩永 p19
  22. ^ 岩永 p21
  23. ^ “ソープランドとは?プレイの内容・流れ・料金など。本番はできる?” (日本語). inbee【インビー】 | 「男」と「女」の「性」のお悩み解決メディアサイト. https://in-bee.net/media/articles/83 2018年10月2日閲覧。 
  24. ^ 岩永 p19,21
  25. ^ ミリオン出版俺の旅』2010年11月号 p89「現役ソープ嬢・七住舞のフーゾク覗き穴」
  26. ^ 岩永 p27-34
  27. ^ 岩永 p34-36
  28. ^ 岩永 p23
  29. ^ 米沢りか 『アクション大魔王 第3巻』白泉社 1997年5月 p.169、『戦後性風俗大系』p.296 - p.297
  30. ^ 凡平著『志ん生で味わう江戸情緒(2)江戸の花街「遊廓」がわかる』(技術評論社、2005年)ISBN 9784774124377
  31. ^ a b c d e f g h i j k l 孝友社出版『THE SUGAR』通巻18号 p89「僕らの生活快感事典」
  32. ^ a b 孝友社出版『THE SUGAR』通巻18号 p90「僕らの生活快感事典」
  33. ^ a b c d e f g 孝友社出版『THE SUGAR』通巻18号 p88「僕らの生活快感事典」
  34. ^ 孝友社出版『THE SUGAR』通巻18号 pp88-89「僕らの生活快感事典」
  35. ^ 『戦後性風俗大系』p.232 - 236




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソープ嬢」の関連用語

ソープ嬢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソープ嬢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソープランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS