口開けとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 口開けの意味・解説 

くち‐あけ【口開け/口明け】

物の口を開けること。また、その時くちきり

物事商売などのしはじめかわきり

旦那、—です、廓(なか)までお安く参りましょう」〈荷風祝盃

山・磯などの共有地利用の禁を解くこと。また、その日

能で、1曲が狂言方のせりふで始まること。狂言口開(きょうげんくちあけ)。

上方(かみがた)で、歌舞伎続き狂言序幕のこと。


くち‐あけ【口開・口明】

〔名〕

物の口を開くこと。また、その時

多聞院日記天正四年(1576)七月二三日「旧冬十一月末に一石つくみその口開一段勝れて吉し

物事しはじめかわきりくちびらき

浄瑠璃曾我五人兄弟(1699頃)一「女郎ぐるひの口あけに旦那へは虎我々も」

能楽で、ワキなどがいちばんはじめに出て発言する詞。また、その役者開口(かいこう)。

京阪で、通し狂言最初の幕。

歌舞伎幼稚子敵討(1753)口明金毘羅利生 幼稚子敵討 口明


口開け

読み方:くちあけ

  1. 事の初めを意味し取引所などにては売買成立最初を指す。
  2. ⑴〔花〕女郎始めて客を取ること、又その日一度も客を取つていないこと。⑵すべて事の始めをいう。

分類 取引所花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「口開け」の関連用語

口開けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



口開けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS