素股とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 素股の意味・解説 

す また [0] 【素股】

何もはかずに、肌があらわれている股。
内もも。転じて股間で行う交接
[句項目] 素股が切れ上がる

素股

読み方:すまた

  1. 足を抄ふ、足がらに同じ。「-食はす」。
  2. 素股。男子間の淫行一男子他の男の股間性交することをいふ。俗語女子股間に遂情するをもすまたといふ。「女夫草」に「夕暮に見る築山のあたりよくすまたはあらぬ月弓のまと」とあり。
  3. 股間淫のこと。
  4. 女が陰部を使はせないで、股にはさんで男に交接の誤感を与えること。
  5. これは陰名ではなく交会秘語股間を女根に代用すること、またはその代用陰名の義に用いられる。〔風流

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

素股

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/19 19:00 UTC 版)

素股(すまた)は、ローションを使い、体を動かしながら手や太ももで男性器を男性に見えないように摩擦する行為である。誤解されやすいが、性感染症を未然に防ぐためにコンドーム着用してない場合は女性の性器やその付近に一切触れないで行われる[1]






「素股」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「素股」の関連用語

素股のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



素股のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの素股 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS