2010年4月とは? わかりやすく解説

2010年4月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 06:39 UTC 版)

2010年メキシコ湾原油流出事故」の記事における「2010年4月」の解説

4月20日、夜10時爆発炎上

※この「2010年4月」の解説は、「2010年メキシコ湾原油流出事故」の解説の一部です。
「2010年4月」を含む「2010年メキシコ湾原油流出事故」の記事については、「2010年メキシコ湾原油流出事故」の概要を参照ください。


2010年(平成22年)4月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 23:21 UTC 版)

NTTネオメイト」の記事における「2010年平成22年4月」の解説

NTTネオメイトNTTアプリエと7月1日期日とし合併する発表

※この「2010年(平成22年)4月」の解説は、「NTTネオメイト」の解説の一部です。
「2010年(平成22年)4月」を含む「NTTネオメイト」の記事については、「NTTネオメイト」の概要を参照ください。


2010年4月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 06:33 UTC 版)

2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火」の記事における「2010年4月」の解説

2010年4月14日エイヤフィヤトラヨークトル短期間活動休止の後、今度氷河中央噴火した融雪氷水(en)による洪水起き火山両側2つ分かれて流れ近く川の下流進入し、再び800人の住民避難を強いることとなった2度目ヨークルフロイプまたはラハールが、その夜にマルカルフリョゥト谷(英語版)を流れ下った。マルカルフリョゥト川(英語版)に沿った道路数カ所削り取られた。 噴火口を覆う厚さ200m氷河急速に溶け出しており、火山からは火山灰混ざり合っ氷河真っ黒なとなって流れ洪水発生する恐れがあるとして周辺800人に避難勧告出されたが、住民への避難勧告僅かでニュース見なければ噴火している事すら知らなかった語ったほど現地住民パニックはなかったという。 先の噴火とは異なり第2噴火氷河氷の下発生した溶かされた氷からの冷水溶岩素早く冷却し火山ガラスへと粉砕して、噴煙柱運び上げられる細かい火山ガラス小片生じさせた。VEIは4と推定され3月20日フィムヴォルズハウルスでの噴火より10-20倍も大規模なもので、超高層大気火山ガラス大量に含む噴煙柱生じさせた。そしてそれは航空機にはきわめて危険なものであった。 2010年4月16日には、脈動する噴煙柱が8キロメートル (5 mi)を超える高度に達した。また稲妻柱の内部でしばしば見られた。 2010年4月17日噴火続いていたが、爆発的ではなくなり、噴煙柱以前のような13キロメートル (8 mi)より下がって5キロメートル (3 mi)の高さを維持した。これはヨーロッパ全域まで運ばれるのに十分な高さではなかった。4月18日06:00時点予報は、北欧上空覆い続け噴煙柱示した。 2010年4月18日アイスランド気象庁IMO)は、ケプラヴィーク近くレーダー測定器が、8時現地時間)からエイヤフィヤトラヨークトルからの噴煙をほとんど検出しなかったことに注目した。それは、噴煙の高さが10,000フィート (3,048 m)以下であったことを意味する。強い地震活動続いていたが、火山灰または洪水記録報告されなかった。 2010年4月19日に(同じくIMOによると)に灰は5キロメートル (3 mi)の高さに達し噴火地域の南から、5-6キロメートルに及んだIMOは、火山灰生成の段階から岩流段階移ってきたことを明らかにした。マグマ空中への飛散1.5 - 3キロメートル (0.93 - 1.86 mi)にかけて検出した。 2010年4月20日に、アルジャジーラEnglish service通信員(en)のDavid Chaterは、アイスランド南部のクヴォルスヴォールル(英語版)から、火山が、直前24時間のうちに沈静化たように見えた後に、再び溶岩と重い火山灰噴出し始めたことを伝えた彼は火山活動4月19日遅い時間に再び活発化し始めたと伝えた。彼も、よりはるかに大量の火山灰注目したが、その噴煙19日間ずっと増加しており、大西洋流されていった。 2010年4月21日噴煙柱は、火山の上空の2キロメートル (1 mi)にまで高くなり、火山の南5キロメートル (3 mi)にまで達したIMO地震活動減少していることを報告した他の報告書では、火山灰噴出減少し溶岩流増加していることが示された。 2010年4月23日噴煙柱(en)は3 - 4.8キロメートル (1.9 - 3.0 mi)の高さとなり、南西方向に吹き流されて6キロメートル (4 mi)に及んだ水蒸気が、アイスランド首都レイキャビクから初め目視見られるようになった火山灰降下レイキャビクでは予測されなかったが、都市部空港での国際便飛行中止の事態招いた。 2010年4月24日に、第2噴火始まって以来11日経ち噴煙柱穏やかな爆発的活動によって13,000フィート (4,000 m)に達した火山噴火活動終わ徴候示していない。2010年4月21日始まった確実視されている溶岩流出により、噴火口の厚い氷河北部の氷が溶かされている。Gígjökullから融雪氷水が半継続的に流れ出ており、この100-120立方メートル/秒の水流には明らかに溶岩関連している。つまり溶岩が氷と接触し水蒸気誘発引き起こしている。溶岩マグマ流出量は20-40トン/秒に見積もられた。軽いテフラ火山灰)が火山近くに降下した報告はない。火山震動活動(en)はこの2-3日の間は同じ状態で続いている世界気象機関WMO)は、火山がいつでも爆発的噴火起こす状態にたやすく戻るだろうと警告した

※この「2010年4月」の解説は、「2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火」の解説の一部です。
「2010年4月」を含む「2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火」の記事については、「2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火」の概要を参照ください。


2010年4月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 14:15 UTC 版)

吉井英勝」の記事における「2010年4月」の解説

吉井は2010年4月9日にも衆議院経済産業委員会で、「老朽化原発巨大地震重なったときに、(中略大変な事態になる」と訴えたが、当時経済産業大臣直嶋正行民主党)は、「安全第一の上でこれ(原子力発電)は推進をするというのが基本方針」と答弁した

※この「2010年4月」の解説は、「吉井英勝」の解説の一部です。
「2010年4月」を含む「吉井英勝」の記事については、「吉井英勝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2010年4月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2010年4月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2010年4月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2010年メキシコ湾原油流出事故 (改訂履歴)、NTTネオメイト (改訂履歴)、2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火 (改訂履歴)、吉井英勝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS