鞍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > の意味・解説 

あん【×鞍】

読み方:あん

人名用漢字] [音]アン(呉)(漢) [訓]くら

馬のくら。「鞍上鞍馬鞍部


くら【×鞍】

読み方:くら

人が乗りすいよう牛・馬などの背に置く具。

鞍橋(くらぼね)


鞍 (くら)

鞍 日本古来からの耕鞍の一種で、ワラ材の鞍床と木製鞍骨からなっている。鞍床は稲ワラ小束(直径7~8cm)を左右おのおの7束ずつ、屋根型に縫い合わせたもので、家畜皮膚接して擦傷をおこさず、汗を適度に吸収するように配慮している。鞍骨は前骨が千木型で後骨は頂部左右連がらず分離し上下二段横桟がある。引綱をこの鞍に固定する止め木手綱通し鉄環横桟につけられている。

鞍 (くら)

馬の背中の人がまたがる部分にのせるものです


くら(鞍)

馬の背置いて、人や荷物をのせる具。大きく分ける馬場用と障害用に分けられる馬場用の鞍はあおり革の前の線がまっすぐで騎手が膝で体を固定できないため、あまり楽なものではない。少し前の方にあおり革がせり出している鞍が安定的である。
障害用の鞍は、あおり革がなお一層前へ出ていて、膝の固定と、騎手が体を前方へ傾斜させることができる。この極端なものが競走用の鞍である。また、レースではこの鞍の重さ負担重量含まれる


作者井上雅彦

収載図書夢魔異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2001.6
シリーズ名光文社文庫

収載図書燦めく闇―井上雅彦自選短篇集
出版社光文社
刊行年月2005.3


読み方
くら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:40 UTC 版)

(くら)とは、人がウマに騎乗する際に用いる馬具の一種である。




「鞍」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 03:14 UTC 版)

滝山寺」の記事における「鞍」の解説

鎌倉時代後期

※この「鞍」の解説は、「滝山寺」の解説の一部です。
「鞍」を含む「滝山寺」の記事については、「滝山寺」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 20:48 UTC 版)

ポニー・エクスプレス」の記事における「鞍」の解説

ポニー・エクスプレスセントジョゼフに来る以前1844年、イズラエル・ランディスがそこで小さな鞍と馬具の店を開いた。その店は町が発展するに連れて拡大しポニー・エクスプレスが町来た時にはその新しく設立された会社のためにサドル生産する理想的な候補者になっていた。ポニー・エクスプレス騎手駅間10マイル以上の距離を急速に駆けるので、馬が担う荷重減らすためにあらゆる考慮払われた。そのために特別に軽量の鞍が考案され制作された。皮革少なくし、金属木製部品減らして当時西部一般に使われていた鞍のデザインに近いものになった郵袋サドルとは別の部品であり、この点でポニー・エクスプレス特徴があった。馬につける標準的な郵袋その大きさと形故に、また一つの鞍から別のに付け替えるために時間を要し乗り換え時に不必要な遅れを生じさせたので採用されなかった。多くの中継所があったので1つ駅での遅れは積もり積もって大きなものになるはずだった。この難しさ克服するために「モチラ」すなわち皮革覆われた袋が鞍の上投げ上げられた。モチラには鞍のホーン部と後部鞍骨かけられるようにその大きさに合わせて穴が明けられた。モチラには広い革のスカート部が付けられ4つのキャンティナ、すなわち箱形堅い革部品が付き、そこに郵便納められ運ばれた。

※この「鞍」の解説は、「ポニー・エクスプレス」の解説の一部です。
「鞍」を含む「ポニー・エクスプレス」の記事については、「ポニー・エクスプレス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鞍」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 13:13 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鞍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鞍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鞍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鞍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
JRAJRA
Copyright 2022 Japan Racing Association.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鞍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの滝山寺 (改訂履歴)、ポニー・エクスプレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS