靴篦とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > 靴篦の意味・解説 

くつ べら [3][0] 【靴篦

靴をはくとき、踵(かかと)にあてて足を靴に入れやすくする道具

靴べら

(靴篦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/02 15:43 UTC 版)

靴べら(くつべら、靴箆)とは、を履くために使用される、へらである。関西地区では「靴すべり」とも呼ばれる。靴を履く時にかかとに当てて、靴に足を入りやすくするために用いられる。その素材も形状も大きさも様々だが、その使用法から、表面は滑らかに仕上げられていて、厚さは薄めに作られており、ヒトのかかとの横幅よりも幅は狭く作られている。






「靴べら」の続きの解説一覧



靴篦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

靴篦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



靴篦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの靴べら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS