大峰山脈とは?

おおみねさんみゃく おほみね- 【大峰山脈】 ◇

紀伊山地中央部南北に走る山脈最高峰仏経ヶ岳(ぶつきようがだけ)(八剣山海抜1915メートルをはじめ、1400~1900メートル山々連なる大和アルプス

大峰山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/19 07:02 UTC 版)

大峰山脈(おおみねさんみゃく)は八経ヶ岳最高峰とする紀伊山地の脊梁をなす山脈である。広義の大峰山は大峰山脈を指す場合もあり、深田久弥の『日本百名山』の「大峰山」は大峰山脈全般に亘って記述されている。東西は熊野川上流の十津川と支流の北山川に挟まれ、北は中央構造線に沿う紀ノ川上流の吉野川に接する。大峰山脈の北端は吉野山となる[1][2]




  1. ^ 『日本歴史地名大系30 奈良県の地名』 平凡社、1981年
  2. ^ 『コンサイス地名事典』 三省堂、1998年
  3. ^ 吉松敏隆 『地域区分と境界断層』
  4. ^ 産総研 シームレス地質図データベース(WebGIS版)
  5. ^ 角川日本地名大辞典』 角川書店、1990年
  6. ^ 『大台ヶ原自然再生推進計画』 環境省近畿地方環境事務所、2009年
  7. ^ 森岡弘之、坂根隆治 『紀伊半島大峰山系の亜高山帯鳥相』 国立科博専報、1980年


「大峰山脈」の続きの解説一覧



大峰山脈と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大峰山脈」の関連用語

大峰山脈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大峰山脈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大峰山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS