谷崎 潤一郎とは?

たにざきじゅんいちろう -じゆんいちらう 【谷崎潤一郎】 ○

1886~1965小説家東京生まれ東大中退第二次「新思潮同人。美や性に溺れ官能世界を描く唯美的な作家として文壇登場関西移住後,古典的日本的美意識深め数々名作を生んだ。代表作刺青」「痴人の愛」「蓼喰ふ虫」「春琴抄」「細雪」「鍵」,現代語訳「源氏物語」など。

谷崎潤一郎

読み方たにざき じゅんいちろう

小説家東京生。一高東大進み小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊。『象』『刺青』等の作品永井荷風認められ、文壇登る震災後関西移住、『卍』『春琴抄』等谷崎文学頂点ともいえる作品を著す。戦中期は『細雪』を執筆、『源氏物語』の現代語訳にあたる。文化勲章受章昭和40年(1965)歿、79才。

谷崎 潤一郎 (たにざき じゅんいちろう)

1886〜1965 (明治19年昭和40年)
小説家マゾヒズムから老人の性まで描き、絢爛たる谷崎文学を築く。国際的にも高い評価
明治?昭和期小説家東京都出身。父が家業失敗して苦学した。東京帝国大学在学中の1910年明治43第二次「新思潮」を創刊発表した「刺青(しせい)」が永井荷風激賞された。マゾヒズム描写や高い物語性は自然主義中心文壇衝撃与えた。関東大震災後の関西移住契機に、日本伝統文化回帰、「細雪」や「陰翳礼讃いんえいらいさん)」などを発表晩年は「鍵」「瘋癲ふうてん老人日記」などで老人の性を描いた。

 年(和暦)
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 3才
1894年 (明治27年) 日清戦争 8才
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 17才
1904年 (明治37年) 日露戦争 18
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 21
1910年 (明治43年) 韓国併合 24
1918年 (大正7年) 米騒動 32
1923年 (大正12年) 関東大震災 37
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 42
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 46
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 50
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 55
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 59
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 60
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 65
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 67
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 70
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成 74
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印 74
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック 78


 人物
市川 左団次二世 1880年1940年 (明治13年昭和15年) +6
石井 柏亭 1882年1958年 (明治15年昭和33年) +4
福原 信三 1883年1948年 (明治16年昭和23年) +3
高村 光太郎 1883年1956年 (明治16年昭和31年) +3
鳩山 一郎 1883年1959年 (明治16年昭和34年) +3
石橋 湛山 1884年1973年 (明治17年昭和48年) +2
東条 英機 1884年1948年 (明治17年昭和23年) +2
安田 靫彦 1884年1978年 (明治17年昭和53年) +2
三浦 環 1884年1946年 (明治17年昭和21年) +2
武者小路 実篤 1885年1976年 (明治18年昭和51年) +1
平塚 らいてう 1886年1971年 (明治19年昭和46年) 0
山田 耕筰 1886年1965年 (明治19年昭和40年) 0
松旭斎 天勝 1886年1944年 (明治19年昭和19年) 0
柳 宗悦 1889年1961年 (明治22年昭和36年) -3
古今亭 志ん生 1890年1973年 (明治23年昭和48年) -4
山川 菊栄 1890年1980年 (明治23年昭和55年) -4
近衛 文麿 1891年1945年 (明治24年昭和20年) -5
岸田 劉生 1891年1929年 (明治24年昭和4年) -5
河合 栄治郎 1891年1944年 (明治24年昭和19年) -5
芥川 龍之介 1892年1927年 (明治25年昭和2年) -6
西条 八十 1892年1970年 (明治25年昭和45年) -6

谷崎潤一郎(たにざき・じゅんいちろう)

1886年(明19)、東京生まれ東京帝国大学国文科中退実弟谷崎清二。
1910年(明43)、第二次「新思潮」を創刊し、「刺青」「麒麟」などで耽美主義作家として注目された。
豊かなイマジネーション絢爛文体官能描写などで、独自の領域開拓した。
探偵小説作品としては、1911年(明44)、「秘密」を「中央公論」に発表
1918年(大7)、「人面疽」を「新小説」を発表
1919年(大8)、「或る少年の怯れ」を「中央公論」に発表
1920年(大9)、「途上」を「改造」に発表
1930年(昭5)、佐藤春夫夫人を譲る。
1931年(昭6)、谷崎潤一郎宅を訪問後、事故死した渡辺温同情し、「新青年」に「武州公秘話」を発表
江戸川乱歩にも影響与え探偵小説中興の祖といえる
1948年(昭23)、朝日文学賞受賞
1949年(昭23)、文化勲章受賞
1950年(昭24)に発表した「月と狂言師」は日本文藝家協会の「創作代表選集 4(昭和24年後期)」に収録される。
1957年(昭32)に発表した「老後の春」は日本文藝家協会の「創作代表選21(昭和32年後期)」に収録される。
1965年(昭40)、腎不全心不全により死去



谷崎潤一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/29 08:16 UTC 版)

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年明治19年)7月24日 - 1965年昭和40年)7月30日)は、日本小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。




  1. ^ a b c d e 「江戸素町人の血」(アルバム谷崎 1985, pp. 2-17)
  2. ^ 「谷崎潤一郎年譜」(夢ムック 2015, pp. 262-271)
  3. ^ 『尋中一中日比谷高校八十年の回想』(如蘭会編、1958年)、須藤直勝 『東京府立第一中学校』(近代文藝社、1994年9月) P.147
  4. ^ a b 「極彩色の悪夢」(アルバム谷崎 1985, pp. 18-31)
  5. ^ a b c d e 「関西移住と美意識の変容」(アルバム谷崎 1985, pp. 32-64)
  6. ^ a b c d e f 「古典回帰の時代」(アルバム谷崎 1985, pp. 65-77)
  7. ^ 谷崎松子瀬戸内寂聴の対談「愛と芸術の軌跡 文豪と一つ屋根の下」(別冊婦人公論 1983年夏号)。『あざやかな女たち――瀬戸内晴美対談集』(中央公論社、1984年1月)。瀬戸内 1997, pp. 137-180に所収
  8. ^ 三島由紀夫、ノーベル文学賞最終候補だった 63年 日本経済新聞2014年1月3日、2014年1月7日閲覧
  9. ^ a b 64年ノーベル文学賞:谷崎、60年に続き最終選考対象に 毎日新聞 2015年1月3日閲覧
  10. ^ 谷崎潤一郎と西脇順三郎、ノーベル賞候補に4回 読売新聞 2013年1月14日閲覧
  11. ^ a b 「戦中から戦後へ」(アルバム谷崎 1985, pp. 78-96)
  12. ^ 石川悌二著『近代作家の基礎的研究』, p.226-229
  13. ^ 石川悌二著『近代作家の基礎的研究』, p.223-224
  14. ^ a b c d 三島由紀夫舟橋聖一の対談「大谷崎の芸術」(中央公論 1965年10月号)。『源泉の感情』(河出書房新社、1970年10月)。三島39巻 2004, pp. 485-498に所収
  15. ^ a b c 「大谷崎」(『現代日本文学全集18谷崎潤一郎集』月報 筑摩書房、1954年9月)。三島28巻 2003, pp. 344-346に所収
  16. ^ 「谷崎文学の世界」(朝日新聞夕刊 1965年7月31日号)。三島33巻 2003, pp. 484-487に所収
  17. ^ a b c 小谷野 2006
  18. ^ 「『国を守る』とは何か」(朝日新聞 1969年11月3日号)。三島35巻 2003, pp. 714-719に所収
  19. ^ 作家論 1974
  20. ^ 没後に数度刊行。新版は2015年‐2017年に刊行(中央公論新社・全26巻)
  21. ^ a b 「一 つれなかりせばなかなかに」「二 我といふ人の心は」「三 ああ、青春の日よ」「四 『影』」「五 話をこわしたのは、このぼくなんだよ」(瀬戸内 1997, pp. 5-136)
  22. ^ a b 丸谷 1993, pp. 58-60
  23. ^ 「比類なき『大谷崎』――震災と変容」(太陽 2016, pp. 75-87)
  24. ^ 今東光 『東光金欄帖』(中公文庫、1978年)谷崎潤一郎 P.111 - 123
  25. ^ 直井明 『本棚のスフィンクス』(論創社)P.336
  26. ^ 小谷野敦『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集』(幻冬舎新書 2007年9月)P.102 - 104







谷崎 潤一郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「谷崎 潤一郎」の関連用語

谷崎 潤一郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



谷崎 潤一郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2018 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの谷崎潤一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS