華魁とは?

華魁

原題:
製作国:日本
製作年:1983
配給:富士映画
スタッフ
監督:武智鉄二 タケチテツジ
製作:小川益生 オガワマスオ
原作:谷崎潤一郎 タニザキジュンイチロウ
脚本:武智鉄二 タケチテツジ
企画:前野有行 

矢野潤 ヤノジュン
撮影:高田昭 タカダアキラ
音楽:宮下伸 
美術:長倉稠 

小澤秀高 オザワヒデタカ
編集:内田純子 ウチダジュンコ
録音:辻井一郎 ツジイイチロウ
スクリプター:原栄三郎 
助監督:荒井俊昭 アライトシアキ
照明:田口政広 タグチマサヒロ
キャスト(役名
親王塚貴子  (華魁・菖蒲太夫
夕崎碧  (女郎・美代野
梓こずえ アズサコズエ (女郎鳴門
明日香浄子  (女郎山吹
宮原昭子  (女郎千代春)
松原レイ マツバラレイ (女郎菊野
響恭子 ヒビキキョウコ (女郎・里繁)
酒井しず サカイシズ (女郎小菊
矢生有里  (女郎小雪
川口小枝 カワグチサエダ (華魁・揚羽太夫
真柴さとし マシバサトシ (貸本屋喜助
伊藤高 イトウ (彫物師・清吉)
桜むつ子 サクラムツコ (遺手・お辰)
殿山泰司 トノヤマタイジ (道具屋八兵衛
解説
長崎遊廓舞台に、しがない絵草紙売りの男と恋におちる華魁の姿を描く。谷崎潤一郎小説人面疽』の映画化で、脚本監督は「白日夢(1981)」の武智鉄二撮影同作高田昭それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
明治中期長崎遊廓。華魁と呼ばれ、揚羽太夫人気二分する菖蒲太夫は、絵草紙を売っている青年喜助恋に落ちている。ある夜、肌のきれいな女を求めて廓にやって来た刺青師の清吉は、相手をした女郎、美代野に魅せられ、クロロホルムで彼女を失神させると、全身蜘蛛刺青を彫った。刺青評判呼び、美代野地獄太夫という華魁に出世する。一方、清吉は風呂場でチラッと見た菖蒲太夫の肌に魅せられていた。その頃絵草紙を売っていることが見つかり、警察追われる身となった喜助は、菖蒲太夫アメリカ逃亡決意する。いざ密行となったとき、清吉が現れ喜助は殺され、菖蒲太夫は膝にケガをしてしまう。九死に一生を得た菖蒲太夫貨物船に乗せられるが、着いたのはアメリカならぬ横浜船員チャブ屋に華魁を売りとばす気でいた。横浜の遊界で働くようになった菖蒲だが、いざ行為をしようとすると、右膝の傷が喜助人面疽の顔となり、菖蒲を抱こうとする男たちをおどすようになるが、菖蒲説得で喜肋の怨霊消えた菖蒲はその美貌肉体テクニックでたちまち人気者になり、客の一人ニューヨーク富豪ひとり息子と知り会い、本気で愛し合い結婚することになった。ところが、新婚初夜菖蒲局部喜助の顔となり、ジョージペニスに噛みついた。“誰とも一生結婚をしない”という誓いを彼女が破ったからだ。牧師悪魔払いをするが、喜助十字架ロザリオも噛み砕いてしまう。そこで菖蒲は「あたしはあなたをいちばん愛しています、未来夫婦になりましょうと言いきかせる。と、喜助の顔は消え菖蒲局部はもとの美しさに戻った。恐怖心消えぬジョージ菖蒲優しく導き歓喜もだえる彼女の表情は、浮世絵の女美しさも及ばぬものだった

華魁

読み方:おいらん

  1. 大豆。〔第六類 器具食物
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

華魁

読み方:オイランoiran

作者 谷崎潤一郎

初出 大正4年

ジャンル 小説




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「華魁」の関連用語

華魁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



華魁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS