半沢直樹とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 半沢直樹の意味・解説 

半沢直樹

読み方:はんざわなおき

2013年7月TBS日曜劇場放送開始されたテレビドラマタイトル、および、同作品の主人公の名前。池井戸潤原作小説シリーズが基となっており、小説主人公同名

主人公・半沢直樹はメガバンク勤務する銀行員であり、業界とその周辺はびこる不正、銀行内外巨悪に対して果敢に立ち向かう一見、爽やかで穏やかな風貌人となりであるが、敵を追い詰める時は一転して鬼気迫る

テレビドラマ・半沢直樹は、同時期のテレビドラマの中では群を抜いて高い視聴率記録している。2013年9月15日放送された回では視聴率35パーセントを超え、瞬間的40パーセントをも超えたとされる

主人公半沢セリフ、「やられたらやりかえす倍返しだ」は、流行語となっている。

半沢直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 15:00 UTC 版)

半沢直樹』(はんざわなおき)は、TBS系「日曜劇場」で放送された、池井戸潤の小説『半沢直樹シリーズ』を原作としたテレビドラマである。主演は堺雅人




注釈

  1. ^ 日曜劇場の最高記録は『女たちの忠臣蔵』(1979年、42.6%)である。
  2. ^ 4月5日から19日まで『下町ロケット』特別総集編、4月26日から5月24日まで『ノーサイド・ゲーム』特別編、5月31日から6月28日まで『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON I』特別編が放送された。
  3. ^ a b c 原作の中野渡は旧産業中央銀行出身とされている。
  4. ^ 第8話に登場した人事調書より。
  5. ^ 浅野には10倍返し、大和田には100倍返しとも言っている。
  6. ^ 初登場時から半沢に東京本部内部の情報を与えるなど、影から半沢をサポートをしている。
  7. ^ 「クールで整然とした物言い」は第一部の描写より。「熱い情熱が再燃」は第二部からの描写より。
  8. ^ a b その後、大和田は近藤との約束通りに、彼を東京本部の広報部に調査役として配属した。
  9. ^ 中野渡は「銀行員は莫大なカネを動かす力を与えられているが、その気になれば人ひとりの人生を生かすことも殺すことも出来てしまう。だからこそ銀行員が見るべきものはカネではなく人である」という旨を語っている。
  10. ^ 原作では旧東京第一銀行出身とされている。
  11. ^ 本部での聞き取り調査の後、小木曽らが半沢を出向させようとするのを押さえている。
  12. ^ 逆に半沢の代わりとして支店長の浅野を出向させた。
  13. ^ 一方で、渡さなければ北海道根室市へのさらなる出向という条件もつきつけた。
  14. ^ 劇中で大和田は、自らの行いに対して「懲戒解雇になっても文句の言えない男ですよ」と語り、ありそうな出向先として北海道九州の中小企業(非金融業)を自嘲的に挙げていた。
  15. ^ 原作では旧東京第一銀行出身とされており、大和田と同じである。
  16. ^ 第8話では、金融庁検査の最中に半沢を更迭しようとする上層部に反抗。大和田には「不当人事だ」と、断固半沢を守る姿勢を示した。
  17. ^ 第6話では、大和田からの接待の受諾を上司であるにも関わらず頭を下げ懇願している。
  18. ^ 風俗情報誌『MAN-ZOKU』
  19. ^ 西大阪スチールの一件が起きるまでは通常の上司と部下の関係であった。
  20. ^ 藤沢未樹の口座を経由して浅野の銀行口座に振り込まれた。
  21. ^ 半沢も角田と会話するときは敬語を使用している。
  22. ^ 半沢曰く、「産業中央バブル入行組の悪しき伝統」とのこと。
  23. ^ 奥様会での福山次長の妻と花に対する対応から(第8話より)。
  24. ^ 第6話から第7話にかけての湯浅の描写から。
  25. ^ 原作小説から性別が変更された登場人物であり、原作の「羽根夏彦」に相当する役回りの人物。テレビドラマ版のプロデューサーによれば、ドラマ版では羽根を「ホテルを愛して、仕事がすべてでのし上がってきた人が陥ってしまった悪」という解釈の元、独身女性という設定に変更したという。
  26. ^ この前日、家族で水族館に出かけている最中に、半沢から「花」名義で送られてきた不正の件に関する脅しのメールを見て狼狽する夫を見ていたため、この行動に及んだ。
  27. ^ 「もし作業の自動化が、融資の条件だとしたら?」という半沢からの厳しい問いに「そうなったら他の銀行を探すまで。これは私のポリシーだ。これだけは譲れません」と毅然と答え、半沢を感服させた。
  28. ^ この時に、半沢は他にもマキノ精機の持つ特許に対して「甘すぎる」(材質や用途などを限定しすぎており、他社が簡単に模倣できてしまうから)として作り直すことも助言している。
  29. ^ 原作における中野渡の出身行について、実際は本ドラマの原作である『オレたち花のバブル組』ではまったく言及されていないが、続編の『銀翼のイカロス』で旧産業中央銀行出身と明記されている。
  30. ^ 「ここは強大な悪人を出して欲しい」という堺雅人の提案による[56]

出典

  1. ^ 日曜劇場『半沢直樹』”. TBSテレビ. 2016年4月1日閲覧。
  2. ^ a b TBS日曜劇場「半沢直樹」初回放送日7・19に決定!堺雅人が報告「お待たせいたしました」”. www.sponichi.co.jp. スポーツニッポン新聞社. 2020年6月21日閲覧。
  3. ^ 吉沢亮『半沢直樹』SPドラマでTBS初主演「完全に倍返しですよ」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年11月8日). 2019年11月8日閲覧。
  4. ^ “半沢直樹スピンオフに緒形直人ら実力派俳優が出演”. 日刊スポーツ. (2019年12月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912090000610.html 2019年12月10日閲覧。 
  5. ^ “『半沢直樹』、ネット調査でもトップ! 2位は『ショムニ』 - スマホ化など視聴スタイルの変化も反映”. マイナビニュース. (2013年8月8日). https://news.mynavi.jp/article/20130808-drama/ 2020年3月20日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f 伊與田英徳 (2013年9月14日). 半沢直樹 : プロデューサーに聞く「倍返し」秘話、タイトルへ込めた思い. インタビュアー:毎日新聞デジタル. まんたんウェブ.. https://mantan-web.jp/article/20130913dog00m200066000c.html 2013年9月18日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 監督も想定外!「半沢直樹」メガヒットの裏側”. 東洋経済オンライン (2013年5月15日). 2013年8月12日閲覧。
  8. ^ 「半沢直樹」平成1位の42.2%! デイリースポーツ 2013年9月24日
  9. ^ “紅白視聴率44・5% 優子「卒業」効果”. nikkansports.com. (2014年1月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140103-1238929.html 2014年1月23日閲覧。 
  10. ^ 脚本・八津弘幸さん:インタビュー|TBSテレビ:日曜劇場『半沢直樹』”. TBSテレビ. 2020年7月20日閲覧。
  11. ^ 「下町ロケット」半沢と似て非なる熱狂の裏側 TBS常勝チームのキーマンがすべてを明かす(その6) 東洋経済オンライン 2015年11月22日、同24日閲覧。
  12. ^ “なぜ『半沢直樹』は『ミタ』を超えたのか? -連ドラ評論家・木村隆志がヒットの要因を徹底分析”. マイナビニュース. (2013年9月24日). https://news.mynavi.jp/article/20130924-hn/ 2013年9月24日閲覧。 
  13. ^ 「半沢直樹」4月19日よる9時スタート! 初回は25分拡大スぺシャル【半沢直樹が待ちきれないっ!】 | ガジェット通信 GetNews” (日本語). ガジェット通信 GetNews (2020年3月23日). 2020年4月1日閲覧。
  14. ^ 半沢直樹などTBS3ドラマ放送延期 コロナ撮影難 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年3月31日閲覧。
  15. ^ 「半沢直樹」最新作に向け、前作の特別総集編を放送 - ドラマ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年3月15日閲覧。
  16. ^ 『半沢直樹』新作放送直前に前作おさらい “特別総集編”を2週連続で放送”. ORICON NEWS. 2020年7月7日閲覧。
  17. ^ 半沢直樹がキャラ変!? 続編が“あの爆死ドラマ”の脚本家へ変更で不安の声|日刊サイゾー”. 日刊サイゾー (2020年7月15日). 2020年7月20日閲覧。
  18. ^ a b 『半沢直樹』の裏話 バルブ職人は本物、職場は阪急百貨店?”. NEWSポストセブン (2013年8月6日). 2013年9月閲覧。
  19. ^ a b c 半沢直樹ドラマロケ地めぐりで、大阪・梅田周辺を満喫するプラン!食べてよし、見てよしのスポットとは”. Travel.jp (2013年10月15日). 2016年4月1日閲覧。
  20. ^ テクニカルディレクター浅野太郎 鬼軍曹日記” (2013年9月7日). 2013年9月閲覧。
  21. ^ 三井不動産株式会社 会社概要”. 2013年9月閲覧。
  22. ^ a b c いわゆるバブル世代最後の入行年。オトコマエで時代を牽引 バブル世代女性は上を目指す 働く女性の25年 世代別研究(1)”. 日本経済新聞 (2013年5月12日). 2014年3月12日閲覧。
  23. ^ 上戸彩 (2020年7月5日). 人気ドラマ『半沢直樹』再び!上戸彩に聞く、半沢直樹の魅力とは?. (インタビュー). ViVi.. https://www.vivi.tv/post115313/ 2020年7月11日閲覧。 
  24. ^ スポニチアネックス (2013年8月30日). “「半沢直樹」脇役降板報道は誤解 TBS「同じ名字の役が2人いた」”. 2013年8月30日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g h 『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS. 2020年3月19日閲覧。
  26. ^ 芸歴書 - 大判社
  27. ^ a b c d e f g TBS (日本語), 日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ, http://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/ 2020年3月31日閲覧。 
  28. ^ プロフィール - MILLENNIUM PRO
  29. ^ プロフィール - MILLENNIUM PRO
  30. ^ 今日からドラマ始まります♪ - 宇田川さや香 オフィシャルブログ 2013年7月7日
  31. ^ “今田美桜、『半沢直樹』SPドラマでヒロイン役 主演・吉沢亮と初共演”. ORICON NEWS. (2019年11月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2149465/full/ 2019年12月5日閲覧。 
  32. ^ Inc, Natasha. “東京03角田「半沢直樹」出演、半沢と同じ東京セントラル証券・営業企画部に” (日本語). お笑いナタリー. 2020年3月29日閲覧。
  33. ^ a b “『半沢直樹』SPドラマ新キャストに吉沢悠、井上芳雄、北村匠海、緒形直人ら”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年12月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2150609/full/ 2019年12月10日閲覧。 
  34. ^ a b c d “吉沢亮主演「半沢直樹」SPドラマに吉沢悠、井上芳雄、北村匠海、尾上松也ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月10日). https://natalie.mu/eiga/news/358807 2019年12月10日閲覧。 
  35. ^ STARDUST - スターダストプロモーション- 清水大登 出演情報”. スターダスト オフィシャルサイト. 2020年7月20日閲覧。
  36. ^ <半沢直樹>SPドラマ放送決定、主演は吉沢亮に!「完全に倍返しですよ」”. ザテレビジョン (2019年11月8日). 2019年12月5日閲覧。
  37. ^ プロフィール - セントラル
  38. ^ a b c d e ザテレビジョン. “賀来賢人、今田美桜ら「半沢直樹」豪華キャストが一挙解禁!相関図、コメントも到着 (2/3) | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年3月19日閲覧。
  39. ^ “今や超売れっ子女優の吉田羊さんがドラマ半沢直樹にも出ていた” (日本語). エントピ[Entertainment Topics]. (2015年7月28日). http://entertainment-topics.jp/19845 2018年7月11日閲覧。 
  40. ^ TBSテレビ:日曜劇場『半沢直樹』撮影日報 2013年8月17日「半沢直樹と東京にいる同期たち」。2013年8月21日閲覧
  41. ^ “上司の「今でしょ!」「認めたく…、若さ故の…」にOLは辟易”. NEWSポストセブン. (2013年7月30日). http://www.news-postseven.com/archives/20130730_202624.html 2016年4月1日閲覧。 
  42. ^ 堺雅人、半沢を「台無しにしたい」 『リーガルハイ』に自信満々”. ORICON STYLE (2013年10月3日). 2016年4月1日閲覧。
  43. ^ 福澤克雄 (2013年7月6日). 【インタビュー】7月期ドラマ『半沢直樹』演出. (インタビュー). ORICON NEWS.. https://www.oricon.co.jp/news/2026328/full/ 2020年1月6日閲覧。 
  44. ^ Paravi 半沢直樹(前回シリーズ)
  45. ^ 『半沢直樹』最終回で『ミタ』超え、“紅白”並みの視聴率42.2%、瞬間最高46.7%”. ORICON STYLE (2013年9月24日). 2016年12月28日閲覧。
  46. ^ 野呂エイシロウ (2015年11月5日). “「下町ロケット」異例のヒット生む緻密な戦略”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2018年1月19日閲覧。
  47. ^ a b c 該当各日 『毎日新聞』 テレビ欄。
  48. ^ タイムシフト視聴率10【関東地区】2019/12/30(月)〜2020/1/5(日)”. ビデオリサーチ. 2020年1月28日閲覧。
  49. ^ Paravi 半沢直樹(新シリーズ)
  50. ^ “「半沢直樹」平均世帯視聴率22.0%「ドクターX」抜き初回視聴率令和1位”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月21日). https://hochi.news/articles/20200720-OHT1T50265.html 2020年7月21日閲覧。 
  51. ^ “堺雅人主演「半沢直樹」第2話視聴率は22.1% 初回から0.1ポイント上昇”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月26日). https://hochi.news/articles/20200727-OHT1T50059.html 2020年7月26日閲覧。 
  52. ^ 【TBSオンデマンド】日曜劇場「半沢直樹」見逃し配信スタート!!”. PRTIMES (2013年7月9日). 2020年7月6日閲覧。
  53. ^ 半沢直樹 [@Hanzawa_Naoki] (2020年7月5日). "ついに! ついに!! ついに!!! 日曜劇場「半沢直樹」前回シリーズの第 1 話〜第 5 話まで配信決定!!!!!" (ツイート). Twitterより2020年7月6日閲覧
  54. ^ 半沢直樹 [@Hanzawa_Naoki] (2020年7月12日). "特別総集編いかがでしたか!? 物足りないーー!という皆様に朗報 「半沢直樹」前回シリーズの配信決定!!!" (ツイート). Twitterより2020年7月13日閲覧
  55. ^ a b “「半沢直樹」初回視聴率22.0%〝超好発進〟でもファンから不満の声噴出のワケ”. 東スポWeb. (2020年7月21日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/drama/1997553/ 2020年7月21日閲覧。 
  56. ^ 週刊TVガイド 2013年9月13日号(9月4日発売)より
  57. ^ 「半沢直樹」初回に「下町ロケット」佃製作所などの株価 ネット歓喜!池井戸ドラマの会社続々”. スポーツニッポン (2020年7月20日). 2020年7月27日閲覧。
  58. ^ 「半沢直樹」続編初回 細部に続々“恩返し演出”?同期・近藤や湯浅社長 前作キャラなどにファン歓喜”. スポーツニッポン (2020年7月26日). 2020年7月27日閲覧。
  59. ^ 『半沢直樹』、ギャラクシー月間賞受賞 「久しぶりの快作」「脇役の熱演ぶり光った」”. ORICON STYLE (2013年10月21日). 2016年4月1日閲覧。
  60. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.47』、角川マガジンズ、 3-10頁。
  61. ^ GyaO、「GyaO Entertainment Awards 2013」を発表 2013年最もユーザーに支持されたコンテンツを表彰”. GyaO広報 (2013年11月20日). 2013年12月5日閲覧。
  62. ^ トレンド大賞、今年は「東京2020オリンピック・パラリンピック招致」”. ORICON STYLE (2013年11月6日). 2016年4月1日閲覧。
  63. ^ 【2013新語・流行語】年間大賞は史上最多4つ 「じぇじぇじぇ」「倍返し」など本命勢揃い”. オリコン (2013年12月2日). 2013年12月2日閲覧。
  64. ^ 『ネット流行語大賞 2013』『アニメ流行語大賞 2013』をそれぞれ発表! それぞれの今年の大賞は?”. ガジェット通信 (2013年12月2日). 2013年12月5日閲覧。
  65. ^ “日刊スポーツ・ドラマグランプリ 2013年度ドラマGP年間大賞発表”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-dramagp/17/ns-dgp-result_final.html 2016年5月5日閲覧。 
  66. ^ “アジアTV最優秀賞に半沢直樹&山田太一作品”. 映画.com. (2014年12月18日). http://eiga.com/news/20141218/1/ 2014年12月18日閲覧。 
  67. ^ ロケ地・道頓堀に「半沢直樹」効果…2倍たこ焼きなど「倍返し」商品、続々登場(1/2ページ) - MSN産経west(産経新聞)、2013年9月5日閲覧。
  68. ^ “半沢直樹 : 「倍返し饅頭」大ヒットで連日長蛇の列 数量制限も即完“バイ””. まんたんウェブ. (2013年8月9日). https://mantan-web.jp/article/20130829dog00m200046000c.html 2013年8月31日閲覧。 
  69. ^ “韓国で『半沢直樹』、来年元日から放送”. BLOGOS. (2013年12月27日). https://blogos.com/article/76760/ 2020年8月2日閲覧。 
  70. ^ “韓国にも半沢直樹が上陸 競争社会の憂さ晴らしにもってこい”. NEWSポストセブン. (2014年4月1日). https://www.news-postseven.com/archives/20140401_246115.html?DETAIL 2020年8月2日閲覧。 
  71. ^ “韓国で「半沢直樹」がリメイク? 交渉が難航する理由とは”. デイリー新潮. (2020年7月2日). https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07021101/?all=1 2020年8月2日閲覧。 
  72. ^ 社会現象を巻き起こした人気ドラマ8選”. ciatr (2016年6月29日). 2016年7月30日閲覧。
  73. ^ a b 「加倍奉還!」中国や台湾でも人気、海賊版も
  74. ^ 『半沢直樹』第1話、中国の配信サイトから削除…“国際政治上のただならぬ理由””. Business Journal (2020年7月23日). 2020年7月23日閲覧。
  75. ^ “「半沢直樹」のオフィスから急に国旗が消えた、中国への配慮か?台湾ネットでは不満の声”. レコードチャイナ. (2020年7月28日). https://www.recordchina.co.jp/b823992-s0-c70-d0044.html 2020年8月2日閲覧。 
  76. ^ “「半沢直樹」初回再放送、国旗消える=中華民国国旗出現で中国から不満/台湾”. フォーカス台湾. (2020年7月27日). http://mjapan.cna.com.tw/search/202007270003.aspx?q=半沢直樹 2020年8月2日閲覧。 
  77. ^ “「半沢直樹」再放送で消された台湾の旗。中国大陸で反対の声が上がっていたが... TBSの回答は?”. HUFFPOST. (2020年7月28日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/hanzawa_jp_5f1f7875c5b638cfec48d86c 2020年8月2日閲覧。 
  78. ^ “「半沢直樹」が中国マネーに屈した? 再放送で消えた台湾国旗の謎 中国サイトで違法アップロードされ話題に”. zakzak. (2020年7月31日). https://www.zakzak.co.jp/ent/news/200731/enn2007310013-n1.html 2020年8月2日閲覧。 
  79. ^ “『半沢直樹』見逃し配信NGは事務所の思惑!? 堺雅人同事務所のタモリも映像化困難”. 日刊サイゾー. (2020年7月26日). https://www.cyzo.com/2020/07/post_247836_entry.html 2020年7月26日閲覧。 
  80. ^ テレビ試写室 : 「花咲舞が黙ってない」 “女版半沢”? 杏が等身大の“働く女子”好演(毎日新聞デジタル・まんたんウェブ)2014年4月28日閲覧
  81. ^ “女版・半沢”「花咲舞」今期1位発進(デイリースポーツ)2014年4月28日閲覧

参照話数

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 2013年版 第5話
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 2013年版 最終話
  3. ^ a b c d e f g h i j k 2013年版 第6話
  4. ^ a b c d e f 2013年版 第7話
  5. ^ a b c 2013年版 第9話
  6. ^ a b c d 2013年版 第8話
  7. ^ a b c d e f g 2013年版 第3話
  8. ^ ラジオドラマ 第2章
  9. ^ a b c d e f 2013年版 第2話
  10. ^ a b c d e f g h i j 2013年版 第1話
  11. ^ ラジオドラマ 第1章
  12. ^ a b c d e f 2013年版 第4話
  13. ^ a b c d e f g h i エピソードゼロ
  14. ^ ラジオドラマ 第3章




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「半沢直樹」の関連用語

半沢直樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



半沢直樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの半沢直樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS