サブスクリプション方式とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > サブスクリプション方式の意味・解説 

サブスクリプション契約

読み方サブスクリプションけいやく
別名:サブスクリプション方式
【英】subscription agreement

サブスクリプション契約とは、主にソフトウェアライセンス契約方式で、売買ではなく特定間内使用権販売する方式のことである。

サブスクリプション契約においては1年、または複数年の単位使用契約が交わされることが多い。契約期間内は、ソフトウェアアップデートなどは追加料金支払うことなく受けることができる。契約期間を過ぎると使用権がなくなるため、再度契約を結ぶ必要がある

サブスクリプション契約を採用している製品の例としては、Red Hatが提供しているLinuxディストリビューションの「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)などが知られている。

なお、サブスクリプション契約の方式で提供されるサービスを「サブスクリプションサービスということもある。


サブスクリプション方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 05:10 UTC 版)

サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなるのが一般的である。コンピュータソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。「サブスク」とも略される[1][2]


  1. ^ 高級家具のサブスク、400ブランド サブスクライフ”. 日本経済新聞社 (2020年2月23日). 2020年2月26日閲覧。
  2. ^ トヨタの車サブスク苦戦、申込数1日6件 遠い事業化”. 朝日新聞社 (2019年12月16日). 2020年2月26日閲覧。
  3. ^ a b c ミック、木村明治「Coffee Break ライセンスとサブスクリプション」『おうちで学べるデータベースのきほん』翔泳社、2015年。ISBN 9784798141336
  4. ^ a b 関口大介、岩崎覚史『ドローンビジネス参入ガイド』翔泳社、2017年、28頁。ISBN 9784798152905
  5. ^ Ron Miller (2015年12月15日). “Adobeの売上は記録破り―大企業でもビジネスモデルの根本的転換は可能だ”. TechCrunch. 2017年9月19日閲覧。
  6. ^ a b 横山勝 (2017年7月28日). “所有から利用へ。「サブスクリプション」型モデルでビジネスを変革!”. 電通. 2017年9月19日閲覧。
  7. ^ 「IoT活用で実店舗の顧客エンゲージメント向上」 〜データドリブンな意思決定を実現する「スポーツクラブ ルネサンス」の取り組み〜”. CNET Japan. 2017年9月19日閲覧。
  8. ^ Victoria Song (2019年5月15日). “古いCreative Cloudは著作権的に問題? Adobeが警告”. GIZMODO. https://www.gizmodo.jp/2019/05/adobe-warns-using-old-creative-cloud-apps.html 2019年5月25日閲覧。 
  9. ^ 「不祥事が起きる→関連作品は封印」でいいのか。電気グルーヴの「自粛」撤回求める署名、発起人の思い”. BuzzFeed (2019年3月17日). 2020年3月9日閲覧。
  10. ^ サブスクは音楽を生かすのか、殺すのか――電気グルーヴ配信停止も波紋”. ITmedia (2019年7月11日). 2020年3月9日閲覧。


「サブスクリプション方式」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サブスクリプション方式」の関連用語

サブスクリプション方式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サブスクリプション方式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサブスクリプション契約の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサブスクリプション方式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS