ARPUとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ARPUの意味・解説 

ARPU

フルスペル:Average Revenue Per User
読み方エーアールピーユーアープアルプ
別名:顧客一人当たりの売上加入者一人当たりの売上1契約当たりの売上

ARPUとは、携帯電話加入電話などの通信事業における顧客1人あたりの平均売上げのことである。

ARPUは、携帯電話PHS事業では、基本料金通話料パケット通信料などから構成される。このうち基本料金通話料合計を特に「音声ARPU」と呼び基本料金パケット通信料合計を「データARPU」(パケットARPU)と呼ぶことがある

近年携帯電話事業では、音声ARPU減少傾向にあり、データARPU逆に増加しつつあるNTTドコモ発表によれば同社3GサービスFOMA」のARPUは、2006年3月時点音声ARPUデータARPUパケットARPU)を2600円上回っていたが、2010年3月にはその差が500円未満に縮まっている。2011年3月にはほぼ等し数字になっている予測されている(2010年10月時点修正による)。

データARPU増大背景として、特に2000年代終盤以降は、ソーシャルゲーム普及アイテム課金アバター課金仕組み増加などがより顕著になりつつある。2011年内にデータARPU音声ARPU逆転するのではないか推測する声もある。

なお、APRUと共に顧客1人当たりの月間平均通話時間を示すMOUMinutes of Use)の指標も、よく参照される。


参照リンク
NTTドコモ 年度事業データ - (NTTドコモ
携帯電話のほかの用語一覧
サービス:  Y!mobileメール  Yahoo!エンディング  預託機
システム:  ARPU  アナログ携帯電話  アークスライド  赤ロム

ARPU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/08 13:23 UTC 版)

ARPU(エーアールピーユー(まれに「アープ」などとも発音)、英語: Average Revenue Per User)は、通信事業者の1契約あたりの売上をあらわす数値である。一般には携帯電話PHS含む)について用いられる用語であるが、電話会社やインターネット事業者に使われることもある。この項では携帯電話のARPUについて解説する。




「ARPU」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ARPU」の関連用語

ARPUのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ARPUのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリARPUの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのARPU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS