サブスクリプションとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > サブスクリプションの意味・解説 

サブスクリプション

別名:サブスク
英語:subscription

サブスクリプション、サブスクとは

サブスクリプション(subscription)、サブスクリプション方式、または「サブスク」とは、製品サービス一定期間ごとに一定の金額利用料)で提供するというビジネスモデルのこと。

サブスクリプションの方式販売される内容は、製品サービスそのものではなく利用権である。つまり、消費者対価支払って製品サービス購入し、自分所有物にするというわけではなく、対価支払って製品サービス利用できる権利取得して使う、というものである

「サブスクリプション」の言葉の意味

サブスクリプション(subscription)は、英語の動詞「サブスクライブ」(subscribe)の名詞形である。サブスクライブは「購読」「予約購読」などと訳されることの多い名詞である。IT・Web上のサービス関連では、「RSSフィード購読」や「YouTubeチャンネル登録」、あるいは、ゲーム配信プラットフォームの「Steam」におけるユーザー作成した追加コンテンツMOD)を適用する、といったアクションを指す意味で用いられている。

サブスクリプションと定額制の違いは?

サブスクリプションの方式は、基本的には「定額制使い放題になるサービス」と表現してもあながち間違いではない。しかし、従来の「定額制使い放題」とは別種概念として理解なければならない

定額制」は、基本的には「従量制従量課金制)」と対比される概念である。例えば、通信通話サービスでは、従量制場合利用したデータ量通話時間の分だけ料金加算される。サービスを全く利用なければ対価料金)は最小限抑えられるものの、使い続けると料金際限なく嵩んでいく。他方定額制場合は、サービスを全く使用しなくても所定料金支払必要があるが、どれだけ使い続けても料金変わらない

「サブスクリプション」は、定額使い放題という意味ではいわゆる定額制」と同様だが、基本的には「買い取り方式対比される概念である。従来販売されていた(購入所有した上で使ってた)ものを、もの自体販売せずに一定期間限り自由に使える権利販売することがサブスクリプションである。

サブスクリプション方式で提供されるサービスの例

サブスクリプションはデジタルコンテンツの提供と相性のよいビジネスモデルである。例えば、音楽映画映像電子書籍ソフトウェアゲームといったコンテンツは、既にサブスクリプションによる提供方式一般的な選択肢1つになっている

動画配信サービス大手の「YouTube」や、音楽配信サービス大手の「Spotify」は、広告挿入利用にわずかな制限加えつつ無料視聴可能にするビジネスモデルと、有償広告その他の制限撤廃するサブスクリプション型のビジネスモデル併存させている。

ECネット通販大手Amazonが提供している「Amazon PrimeAmazonプライム)」の場合音楽映画ドラマ雑誌書籍、さらに購入商品の「お急ぎ便」等々使い放題である。ある意味サブスクのスイートとでも言うべきサービスである。

さらにサブスクリプションは、クラウドベースコンテンツ提供方式SaaS)との相性抜群である。アドビシステムズAdobe Systems)は、クリエイター向けのソフトウェアスイート開発・提供している企業として知られているが、2010年代前半いち早く従来型の「販売方式終了し、サブスクリプションサービスとしての提供に完全移行したことで話題になった。2020年時点ではオフィスソフトから日本語入力ソフトまで多種多様ソフトウェアクラウド化し、かつサブスクリプションサービスとして提供している。

昨今では、デジタルコンテンツ限らず現実社会におけるサービスのサブスクリプション化も進んでいる。事業分野によって形態異なるが、おおむね定額利用放題」「レンタルリース)」あるいは「定期便」に類するビジネスモデルとして分類される。

例えば、契約期間中なら何度でも通える美容室カフェ、ワークスペース(作業場)などが挙げられる。契約期間が過ぎたら返却する前提使える服、あるいはブランド物のバッグ家電製品定期的に届けてくれる絵本オモチャ食品化粧品などなども挙げられる。2019年にはトヨタ自動車が、日本国内で自動車サブスクリプション方式提供するサービス開始している。

サブスクリプションのメリットとデメリット

サブスクリプションにはさまざまな利点メリット)がある。他方難点デメリット)がないわけでもない。

消費者享受できるサブスクリプション方式最大利点は「定額使い放題」という点である。所定金額を払えば思う存分使い倒すことができる。とりわけ音楽映画書籍について膨大な種類作品物色する場合、いちいち購入レンタルする方法とは比較ならないほど安価、かつ手軽利用できるようになる。

サブスクリプション方式サービスでは「購入処分付随する雑事から解放され」「商品が常に最新に保たれる」という点も見逃せない大きな利点である。デジタルコンテンツのサブスクの場合コンテンツ自体提供する側(事業者)によって管理される。そのため、常に最新版、あるいは最良の状態に維持される。ソフトウェア随時改良アップデートが施され、最新に保たれる。音楽映画雑誌などのコンテンツ続々新規タイトル追加される。音質画質が向上される場合もあるだろう。車のサブスク(Kinto)の場合保険加入自動車税支払い車検法定点検乗り換え時の査定処分などのような手続きの手間が大幅削減できる。

現物を扱うサブスクリプションサービス場合配送サービス付帯していたり、膨大な種類ある商品の中から手頃なものを選んでくれたりすることも多く店頭赴く手間自分で選ぶ手間が省ける

サブスクリプションサービス難点になるかもしれない部分としては、「商品そのもの所有できない」という点が挙げられる。いま利用しているサービス今後永続的続いていくとは限らず提供者側の業績不振などによってサービス終了する可能性多かれ少なかれ必ず残る。もしサービス終了してしまった場合手元には何も残らない。終了時点CD廃盤になっていたり、小説絶版になっていたりした場合改め入手することは困難である。

また、サービスをほとんど利用しなくなっても、まったく利用しなくなっても、利用契約終了させない限り延々一定額を支払い続けることになる、という懸念難点なり得る徐々に利用しなくなっていって契約終了の手続きをすっかり忘れ去るという場合あり得る場合によっては、このような無用支払い発生させることを狙った悪質事業者被害に遭うかもしれない。実際、「無料お試し期間」を謳ってスマホアプリスマートフォン向けアプリ)をインストールさせ、試用期間終了後から高額利用料金が課されてしまうという悪質アプリ存在報告されている。契約解除忘れアプリアンインストールしてしまった場合契約解除が必要だったと気づくことも困難になる。


サブスクリプション

別表記:サブスク
英語:subscription

サブスクとは、サブスクの意味

サブスク、サブスクリプション(subscription)とは、料金支払うことによって、一ヶ月や一年などの一定期間サービスを使う「権利」を得られるビジネスモデルのこと。従来は、商品サービスに対して対価支払って「所有」することが主だった。「使用する権利」に対価発生するため、サービス提供者側は継続的収入を得ることが可能になり、使用者側はいつでも解約可能でお得に無駄にものを増やすことない環境実現するというメリットを得られるようになった

サブスク、サブスクリプションの語源

subscription(サブスクリプション)には、雑誌予約購読年間購読という意味がある。この意味から「一定期間サービス利用権」というサービスの名称に用いられるようになった。サブスクリプションは「サブスク」と略されることもある。

画像加工ソフトなどで有名なAdobeが、2013年PhotoshopIllustratorというソフトを、店頭でのパッケージ販売から、サブスクリプションに切り替えた。これをきっかけに、IT業界中心にサブスクリプションの仕組み注目され、導入が進むようになった

サブスク、サブスクリプションの特徴・事例

一度に高いお金を払ってもらうのではなく継続しやすい安価な価格設定にすることで、企業側は安定した収入を得られるだけではなく新たな顧客獲得しやすくなるなどの利点がある。また利用者とっても、常に最新バージョンソフトウェア利用できたり、追加料金を払うことなく新しく追加されるコンテンツ音楽書籍など)を楽しむことができたりというメリットがある。一方で利用者にとっては、自分には必要のないサービス組み込まれていたり、使っていなくても支払いの必要が生じたりといったデメリットもある。

サブスクリプションの代表的サービスには次のようなものがある



サブスクの関連用語

サブスクリプションビジネスとは、サブスクリプションの仕組み採用したビジネスのことをいう。主にデジタル業界進んでいたサブスクリプションの導入が、非デジタル業界にも急速に拡大しつつあるが、ユーザー継続的利用してもらうためには単なる定額制ではなく、そのサービスの質を高め続けていかなければならないサービスの質と企業価値高める、いわゆるブランディングへの取り組み含めてサブスクリプションビジネスと称することが多い。

サブスクリプション

【英】subscription

特定間内サービス商品の提供を受ける契約上の合意例えば、定期購読雑誌新聞は、購読期間ごとに購読契約結ばれる

サブスクリプション

ソフトウェアサービス数ヶ月から数年といった期間単位契約で提供し対価を得るというビジネスモデルソフトウェアサブスクリプション契約購入した場合は、契約期間内にリリースされた新しバージョン無償アップデートできるが、その代わりに契約期間終了した後は、そのソフトウェア使用する権利を失うのが普通である。
サブスクリプションモデルは、オープンソースソフトウェア収益上げるためのビジネスモデル1つとして採用されている。代表的な例としては、Red Hat社のRed Hat Enterprise LinuxRHEL)がある。RHELは、数年間のサブスクリプション契約販売され、契約期間中は、バグ情報パッチの提供、テクニカルサポートなどのサービスが提供される。
関連見出し
Red Hat Linux
RHEL
関連URL
Red Hat Enterprise Linux(http://www.jp.redhat.com/software/rhel/)

サブスクリプション [subscription]

ClickOnce において、アプリケーション更新するために定期的にスケジュールされ、自動化されたチェック。サブスクリプションは、ClickOnce 配置マニフェストで定義されます。

サブスクリプション

【英】subscription

サブスクリプションとは、寄附署名新聞雑誌定期購読などを意味する英語である。IT用語としては、サービスなどの利用権利特定間内限り許諾提供する方式を指す。

サービスの提供形態において、月などで期間を区切って利用契約を行う方式サービスを「サブスクリプションサービス」と呼ぶことがあるいわゆる月額制、定額制同義で扱われることが多い。料金はあらかじめ一定であり、利用間内いわゆる使い放題となっているサービスが多い。

ソフトウェアライセンス形態において、年などで期間を区切って利用権利を提供する方式は「サブスクリプション契約」と呼ばれることが多い。


サブスクリプション方式

(サブスクリプション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 05:10 UTC 版)

サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなるのが一般的である。コンピュータソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。「サブスク」とも略される[1][2]


  1. ^ 高級家具のサブスク、400ブランド サブスクライフ”. 日本経済新聞社 (2020年2月23日). 2020年2月26日閲覧。
  2. ^ トヨタの車サブスク苦戦、申込数1日6件 遠い事業化”. 朝日新聞社 (2019年12月16日). 2020年2月26日閲覧。
  3. ^ a b c ミック、木村明治「Coffee Break ライセンスとサブスクリプション」『おうちで学べるデータベースのきほん』翔泳社、2015年。ISBN 9784798141336
  4. ^ a b 関口大介、岩崎覚史『ドローンビジネス参入ガイド』翔泳社、2017年、28頁。ISBN 9784798152905
  5. ^ Ron Miller (2015年12月15日). “Adobeの売上は記録破り―大企業でもビジネスモデルの根本的転換は可能だ”. TechCrunch. 2017年9月19日閲覧。
  6. ^ a b 横山勝 (2017年7月28日). “所有から利用へ。「サブスクリプション」型モデルでビジネスを変革!”. 電通. 2017年9月19日閲覧。
  7. ^ 「IoT活用で実店舗の顧客エンゲージメント向上」 〜データドリブンな意思決定を実現する「スポーツクラブ ルネサンス」の取り組み〜”. CNET Japan. 2017年9月19日閲覧。
  8. ^ Victoria Song (2019年5月15日). “古いCreative Cloudは著作権的に問題? Adobeが警告”. GIZMODO. https://www.gizmodo.jp/2019/05/adobe-warns-using-old-creative-cloud-apps.html 2019年5月25日閲覧。 
  9. ^ 「不祥事が起きる→関連作品は封印」でいいのか。電気グルーヴの「自粛」撤回求める署名、発起人の思い”. BuzzFeed (2019年3月17日). 2020年3月9日閲覧。
  10. ^ サブスクは音楽を生かすのか、殺すのか――電気グルーヴ配信停止も波紋”. ITmedia (2019年7月11日). 2020年3月9日閲覧。


「サブスクリプション方式」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サブスクリプション」の関連用語

サブスクリプションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サブスクリプションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2020
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2020 Microsoft.All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサブスクリプションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサブスクリプション方式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS