音楽情報ネットワーク協議会とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 音楽情報ネットワーク協議会の意味・解説 

音楽情報ネットワーク協議会

読み方おんがくじょうほうネットワークきょうぎかい
別名:MINC
【英】music information on neighboring-rights & copyright

音楽情報ネットワーク協議会とは、音楽作品著作権情報集約し、情報提供を行う目的設立された団体の名称である。

音楽情報ネットワーク協議会は、日本音楽著作権協会JASRAC)、日本芸能実演家団体協議会芸団協)、日本レコード協会RIAJ)の3団体によって1991年設立された。主に、「Music Forest」というWebサイト通じて音楽著作権情報アーティスト情報などを検索できるようにし、集約された音楽著作権情報窓口を提供している。

音楽情報ネットワーク協議会が実現した著作権情報集約は、文化庁構想したJ-CIS著作権権利情報集中システム)の構想を、音楽について実現したものといえる


参照リンク
Music Forest


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

音楽情報ネットワーク協議会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音楽情報ネットワーク協議会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ音楽情報ネットワーク協議会の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS