音響カプラとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 音響カプラの意味・解説 

音響カプラ

読み方おんきょうカプラ
別名:音響カプラー
【英】acoustic coupler

音響カプラ音響カプラとは、電話回線利用してデータ通信を行うための装置一種で、データをいったん音声信号変換し、電話受話器通じてデータ送受信する装置のことである。

音響カプラは、まだインターネット普及しておらず、モデム設置にも制約があった頃に、電子メールなどのデータ通信を行う手段としてよく利用されていた。音響カプラに受話器をはめ込んで、受話器マイク部分に向かって音声信号出力することでデータ伝え仕組みとなっている。受話器音声伝える際、受話器マイク周囲雑音一緒に拾ってしまいやすい構造になっているので、伝送エラー起こしやすいという難点があった。

後に、誰でもモジュラージャックモデム接続して利用できるようになると、音響カプラは通常の通信手段としては使用されなくなった。



※画像提供 / 株式会社デバイスネット
通信事業のほかの用語一覧
公衆回線:  誤り比  エリアプラス  オートパイロット  音響カプラ  オートダイヤル  BRI  CCU

音響カプラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/21 08:00 UTC 版)

音響カプラ(おんきょうカプラ)とは電話機の受話器へスピーカーマイクロフォンを用いて音響結合し、データ通信を行う通信機器である。通信端末が自由化されていない国々や内線電話の特殊な回線インターフェースなどでモデム電話回線に直接接続できない場合に一旦音声に変換することによって、公衆交換電話網を利用してコンピュータ間の通信を可能にするものである。


  1. ^ a b ピクニック企画, 堤大介, ed (1990-03-01). “音響カプラー” (日本語). 『電脳辞典 1990's パソコン用語のABC』. ピクニック企画. pp. 27. ISBN 4-938659-00-X. 
  2. ^ : network control unit


「音響カプラ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「音響カプラ」の関連用語

音響カプラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ノートン360

Zune

AQUOS PHONE f SH-13C

iOS 11

BlackBerry Z10

Kobo Aura H2O

ミステルバロッコ

VIBE S1





音響カプラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ音響カプラの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音響カプラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS