アンジャッシュとは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > アンジャッシュの意味・解説 

アンジャッシュ


アンジャッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/09 15:17 UTC 版)

アンジャッシュ(英:UN-JASH)は、児嶋一哉と渡部建によるお笑いコンビプロダクション人力舎に所属。1994年デビュー。略称は「アンジャ」。爆笑オンエアバトル第5代目チャンピオン。ともに東京都八王子市出身。




  1. ^ Real Sound - アンジャッシュ・児嶋一哉、なぜ実力派監督に起用される? コントで培われた“くどくない個性”
  2. ^ “アンジャ渡部&佐々木希 連名で結婚報告 2人そろっての会見の予定なし”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/09/kiji/20170409s00041000430000c.html 2017年4月9日閲覧。 
  3. ^ “渡部&佐々木希が婚姻届を提出 ヒルナンデスで報告”. Daily Sports Online. デイリースポーツ. (2017年4月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/11/0010085994.shtml 2017年4月11日閲覧。 
  4. ^ 2008年1月14日(月)放送の『嵐の宿題くん』(日本テレビ)でその事実を改めて披露している。
  5. ^ 後述の「感動エピソード」は漫才コンビを演じている設定のため、コントの中で漫才風の入りをすることがある。
  6. ^ 警視庁から許可を得て正式名称で演じられる前は「ピーポー君」と若干名前を変えていた
  7. ^ このネタの派生版として「キュータ君(東京消防庁のキャラクター)の防災キャンペーン」「トレイン君(架空の鉄道警察キャラクター)の電車マナー教室」などもある。
  8. ^ ただし、後継番組であるオンバト+ではコントを主軸としているトップリード(初代チャンピオン)とジグザグジギー(4代目チャンピオン)がそれぞれチャンピオンに輝いている。
  9. ^ ただし、後継番組のオンバト+では歴代のチャンピオン全て別の事務所である(1代目:トップリード太田プロダクション)、2代目:タイムマシーン3号ジェイピールーム〔当時〕)、3代目:トレンディエンジェルよしもとクリエイティブ・エージェンシー)、4代目:ジグザグジギーマセキ芸能社))
  10. ^ 第5回チャンピオン大会ファイナルにおいては、アンジャッシュのみならず全ての挑戦者の獲得KB数が低い傾向にあり、800KB台を獲得したのはアンジャッシュとアンタッチャブル(818KB)の2組だけであった。更に審査員が200人制となった第4回チャンピオン大会以降で、ファイナルにおいて900KB台以上が出なかったのはこの回のみとなっている。
  11. ^ 因みに第5回チャンピオン大会ではアンタッチャブルはアンジャッシュに次ぐ2位(818KB)であり、第6回チャンピオン大会ではネタ順のトップバッターがアンタッチャブルで、その2番目がアンジャッシュであった。
  12. ^ 彼らを含めてアンタッチャブル、タカアンドトシトータルテンボスの4組しか達成していない。
  13. ^ “アンジャッシュ渡部、佐々木希との結婚のうわさを完全否定!独身強調”. シネマトゥデイ. (2016年9月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085690 2016年9月2日閲覧。 
  14. ^ “杏とアンジャッシュが「アンパンマン」新作映画にゲスト参加”. 映画ナタリー. (2018年2月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085690 2018年2月22日閲覧。 


「アンジャッシュ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンジャッシュ」の関連用語

アンジャッシュのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンジャッシュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンジャッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS