市川 左団次二世とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 江戸人物事典 > 市川 左団次二世の意味・解説 

市川 左団次二世 (いちかわ さだんじ)

1880〜1940 (明治13年昭和15年)
歌舞伎役者稀代名優初代と海を渡った二世二代歌舞伎世界KABUKI革新
歌舞伎俳優屋号高島屋初世(1802〜1904)は大阪生まれ男性的口跡立ち回りで、九世市川団十郎・五世尾上菊五郎とともに団菊左」と並び称された。晩年明治座座主となり、明治開花風俗取り入れ散切物興業するなど歌舞伎革新を行った。初代の子二世(1880?1940)は、1906年明治39欧米渡り帰国小山内薫自由劇場創立歌舞伎十八番復活上演28年昭和3)ロシア歌舞伎公演など、歌舞伎近代演劇大きな足跡を残した。(三世は6代市川門之助養子で、6代尾上菊五郎没後菊五郎劇団を継いだ。現代まで四世を数える。)

 年(和暦)
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 2才
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 3才
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 9才
1894年 (明治27年) 日清戦争 14才
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 23
1904年 (明治37年) 日露戦争 24
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 27
1910年 (明治43年) 韓国併合 30
1918年 (大正7年) 米騒動 38
1923年 (大正12年) 関東大震災 43
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 48
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 52
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 56


 人物
福田 徳三 1874年1930年 (明治7年昭和5年) +6
上田 敏 1874年1916年 (明治7年大正5年) +6
長谷川 如是閑 1875年1969年 (明治8年昭和44年) +5
荒木 貞夫 1877年1966年 (明治10年昭和41年) +3
寺田 寅彦 1878年1935年 (明治11年昭和10年) +2
大河内 正敏 1878年1952年 (明治11年昭和27年) +2
吉田 茂 1878年1967年 (明治11年昭和42年) +2
有島 武郎 1878年1923年 (明治11年大正12年) +2
鏑木 清方 1878年1972年 (明治11年昭和47年) +2
永井 荷風 1879年1959年 (明治12年昭和34年) +1
大正天皇 1879年1926年 (明治12年昭和元年) +1
石井 柏亭 1882年1958年 (明治15年昭和33年) -2
福原 信三 1883年1948年 (明治16年昭和23年) -3
高村 光太郎 1883年1956年 (明治16年昭和31年) -3
鳩山 一郎 1883年1959年 (明治16年昭和34年) -3
石橋 湛山 1884年1973年 (明治17年昭和48年) -4
東条 英機 1884年1948年 (明治17年昭和23年) -4
安田 靫彦 1884年1978年 (明治17年昭和53年) -4
三浦 環 1884年1946年 (明治17年昭和21年) -4
武者小路 実篤 1885年1976年 (明治18年昭和51年) -5
平塚 らいてう 1886年1971年 (明治19年昭和46年) -6
山田 耕筰 1886年1965年 (明治19年昭和40年) -6
谷崎 潤一郎 1886年1965年 (明治19年昭和40年) -6
松旭斎 天勝 1886年1944年 (明治19年昭和19年) -6


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市川 左団次二世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市川 左団次二世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS