高島屋とは?

高島屋

読み方:たかしまや

  1. 市川左団次市川松蔦(しやうてう)、市川莚升(えんしやう)(以上東京)、市川右団次(以上関西)の屋号。〔歌舞伎

分類 歌舞伎

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

高島屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/14 14:51 UTC 版)

株式会社 島屋[1](たかしまや、: Takashimaya Company, Limited)は、大阪府大阪市中央区難波に本社を置く関西を発祥とする百貨店である。なお、大阪店は同社の登記上の本店である。日本百貨店協会に加盟しており、ハイランドグループを主宰している。ロゴでは「高」の字にいわゆる「はしご高()」の字体を用いている。




注釈

  1. ^ ただし、髙島屋にとって元々バラが特別な意味を持っていたわけではない。1952年に包装紙にバラをあしらった結果、以降、バラが髙島屋のシンボルフラワーとなったのである。そして、この包装紙などに使われているシンボルフラワーのバラの品種は、1980年(昭和55年)よりモダンローズが使用されていたが、2007年(平成19年)4月19日からイングリッシュローズに切り替えられた。またバラに関連することとして、髙島屋のマスコットキャラクターとして「ローズちゃん」がいる。このローズちゃんは1962年に登場し、翌年にそのデザインが定まった。ただし、髙島屋のマスコットキャラクターが初めて作られたのは、1959年の秋に作られた「ハッピーちゃん」であって、ローズちゃんが最初のマスコットキャラクターではない[要出典]
  2. ^ 丸紅は伊藤忠商事とともに住友銀行(現在の三井住友銀行)の融資系列下にあったが、高島屋飯田が戦後富士銀行の融資系列に移行したため、合併後の丸紅は芙蓉グループの中核企業となっている。百貨店の島屋は三和銀行(現在の三菱UFJ銀行)の「三水会」に参加していたが、上記の関係でみずほグループとも関係がある[要出典]
  3. ^ 後述する「洛西店」「タカシマヤフードメゾン(新横浜・おおたかの森)」「タカシマヤスタイルメゾン海老名」を指す[要出典]
  4. ^ 後述する「タカシマヤフードメゾン(岡山)」を指す[要出典]
  5. ^ 南海電気鉄道が所有[要出典]
  6. ^ 当時は南海難波駅も同じ建物内に入居していたが、戦後の改装時に難波駅自体が和歌山方にずらされ、現在は髙島屋のみ[要出典]
  7. ^ 泉北高速鉄道の子会社[要出典]
  8. ^ 1938年(昭和13年)秋完成予定で1937年(昭和12年)3月に地下工事を着工[22]1937年(昭和12年)3月に鉄鋼工作物築造許可規制の適用を受け、鉄材は供出させられた[22]
  9. ^ S館のうち、北側の部分の1階-6階に相当する部分で、1,2,4階の専門店の一部・3階の化粧品売り場・5階のGAP・6階の子供服フロアが該当。7・8階の東急ハンズおよびユザワヤ、屋上のアップ・ゴルフスクール柏はこれに含まない[要出典]
  10. ^ 博多阪急2011年(平成23年)3月3日に、JR博多シティの核テナントとして開業した
  11. ^ 既存の本館の他に南海ターミナルビル改装工事と耐震化の工事も兼ねた様子、段階的に耐震工事をしながらの改装を進める予定であった[要出典]
  12. ^ 旧UFJ店舗の難波支店。現在は東向かいにある旧東京三菱店の難波駅前支店にブランチインブランチ[要出典]
  13. ^ 「なんばパークス」の2期計画でも、高島屋は33億円を投じて、5,800m2の専門店街をつくり、2007年(平成19年)4月に開業した[要出典]
  14. ^ 当時のカーグラフィック誌に広告を載せていたこともあった[要出典]
  15. ^ 株主であるが、2015年(平成27年)現在では一社提供番組を持たない[要出典]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 47-50 
  2. ^ 高島屋の貿易業参入過程における人材形成 : 貿易商社“高島屋飯田”創設前史木山実、商学論究64巻3号、2017-01-10
  3. ^ 南充浩. “百貨店店舗別売上高ベスト10から見えてくること ~高島屋の力強さと大阪地区のインバウンド需要の好調さ~” (日本語). 南充浩 オフィシャルブログ. 2019年10月14日閲覧。
  4. ^ 高島屋、中国ネット旅行社と提携、訪日客に割引サービス。” (日本語). リテールテックJAPAN. 2019年10月14日閲覧。
  5. ^ 「日本橋髙島屋 S.C.」18年秋開業 - 115の新店舗オープン&路面店が並ぶ「日本橋ガレリア」も” (日本語). www.fashion-press.net. 2019年10月14日閲覧。
  6. ^ 【百貨店業界の研究ガイド】現状と課題や売上高ランキングを紹介” (日本語). 就活の未来. 2019年10月14日閲覧。
  7. ^ a b c 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 18 
  8. ^ a b 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 339 
  9. ^ 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 398 
  10. ^ a b c d 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 401 
  11. ^ a b c 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 31 
  12. ^ 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 55 
  13. ^ 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 444 
  14. ^ 『相鉄七十年史』 相模鉄道、1987年12月、264ページ
  15. ^ 神奈川サンケイ新聞社 編『ヨコハマ再開発物語』 日刊工業新聞社、1982年1月、ISBN 4-8191-0510-8、126-128ページ
  16. ^ 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 349 
  17. ^ a b 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 478 
  18. ^ a b 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 480 
  19. ^ “高島屋、サイゴンセンターに15年出店[商業]”. NNA. (2012年2月24日). http://news.nna.jp/free/news/20120224icn002A.html 2012年2月25日閲覧。 
  20. ^ “高島屋、ベトナム進出を正式発表 3年後にホーチミン市に出店”. 産経新聞. (2012年2月23日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/120223/bsd1202231959014-n1.htm 2012年2月25日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ 高島屋、大阪店が1番店、66年ぶり、売上高で日本橋店抜く、訪日消費は「西高東低」(ビジネスTODAY) | リテールテックJAPAN” (日本語). messe.nikkei.co.jp. 2019年10月14日閲覧。
  22. ^ a b 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 34 
  23. ^ 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 8 
  24. ^ 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 22 
  25. ^ “「気軽に立ち寄れる文化財」へ 高島屋東京支店の重文指定”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年4月27日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200904270108.html 2010年5月15日閲覧。 
  26. ^ 流通ニュース- 高島屋/150億円投じ、日本橋店再開発(2013年3月25日)2014年4月9日閲覧。[リンク切れ]
  27. ^ 高橋末菜 (2018年9月26日). “老舗デパート、日本橋刷新 高島屋、新館開業 三越も改装中”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 8 
  28. ^ 【最新版】2018年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!” (日本語). 激安!元家電量販店員が語る業界裏事情!. 2019年10月14日閲覧。
  29. ^ 大規模小売店舗立地法届出内容一覧(東京都・平成17年度) (PDF) - 2012年7月14日閲覧
  30. ^ 立川髙島屋は「立川髙島屋S.C.」に生まれ変わります。髙島屋/東神開発(2018年8月8日)2018年9月11日閲覧。
  31. ^ 【最新版】2018年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!” (日本語). 激安!元家電量販店員が語る業界裏事情!. 2019年10月14日閲覧。
  32. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、51ページ
  33. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、75ページ
  34. ^ 岡幸男『横浜駅西口開発物語』イーグレープ、2007年、21-23ページ、ISBN 978-4-903748-09-2
  35. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、78ページ
  36. ^ 岡幸男『横浜駅西口開発物語』イーグレープ、2007年、46-60ページ、ISBN 978-4-903748-09-2
  37. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、99ページ
  38. ^ 【ランキング】代表的な百貨店・デパートの特徴・イメージのまとめ” (日本語). 街覧板 (2019年1月4日). 2019年10月14日閲覧。
  39. ^ 横浜北幸ビルに高島屋の貸ホール「横浜駅西口 タカシマヤ ローズホール」がオープン」『ヨコハマ経済新聞』 横浜コミュニティデザイン・ラボ、2018年1月30日
  40. ^ a b “高島屋港南台店が閉店、20年8月に”. 日本経済新聞. (2019年10月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50900970R11C19A0L82000/ 2019年10月15日閲覧。 
  41. ^ 相鉄グループ100年史』 相鉄ホールディングス 、2018年12月、94ページ
  42. ^ 日本商業年鑑 1971年版, 商業界, (1971), pp. 33 
  43. ^ a b 流通会社年鑑 1978年版, 日本経済新聞社, (1977-10-25), pp. 54 
  44. ^ “ステーションモール「刺激的」にオープン 柏”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 27. (1992年4月24日) 
  45. ^ “20後半-30代女性に照準 柏高島屋モール新館あす開業 「日常の都心」テーマに”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 4. (2008年9月30日) 
  46. ^ “SC内に出張所オープン 流山おおたかの森 4月から市税納付も 駅直結で利便性向上”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 15. (2007年3月13日) 
  47. ^ “一日ゆっくりと買い物や映画で 流山おおたかの森S・C 12日オープン控え公開 135店舗出店”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 15. (2007年3月9日) 
  48. ^ 岡野耕次「米子高島屋を譲渡 地元のジョイアーバンに」『日本海新聞新日本海新聞社、2019年10月12日。2019年10月14日閲覧。
  49. ^ a b 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 35 
  50. ^ “JRゲートタワー全面開業 名古屋駅 大きく進化”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 1. (2017年4月18日) 
  51. ^ a b c 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 9 
  52. ^ 大葉高島屋 - JapanDesk
  53. ^ 福岡国際大学「台湾における小売業の進展と課題」
  54. ^ a b c 「NEWS追跡「波乱の撤退劇やっと幕 津田沼高島屋、調整難航の11ヶ月(原文ママ)」」『日本経済新聞』(日本経済新聞社) 1988年1月22日、夕刊2面。
  55. ^ “津田沼高島屋店きょう閉店”. 毎日新聞 (毎日新聞社): pp. 朝刊 24. (1988年8月28日) 
  56. ^ なお、日本経済新聞の記事では、「約二千二百株」と掲載している(「高島屋津田沼撤退決まる(原文ママ)」『日本経済新聞』(日本経済新聞社) 1988年(昭和63年)1月14日、朝刊11面。)。
  57. ^ 「高島屋津田沼撤退決まる(原文ママ)」『日本経済新聞』(日本経済新聞社) 1988年(昭和63年)1月14日、朝刊11面。
  58. ^ 神沢和敬 (2014年9月1日). “高島屋和歌山店が閉店”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 経済 
  59. ^ “高島屋、和歌山店を閉鎖へ 10年以上赤字に苦しむ”. 朝日新聞. (2013年10月26日). http://www.asahi.com/articles/ASF0OSK201312260106.html 2013年12月27日閲覧。 [リンク切れ]
  60. ^ 高島屋135年史, 高島屋, (1968-9), pp. 58 
  61. ^ a b 山下博樹. “津山市における商業集積の動向と中心市街地活性化”. 鳥取大学教育地域科学部紀要 地域研究 第3巻 第1号 (鳥取大学教育地域科学部) (2001). 
  62. ^ a b 第1回 再開発事業のありかた委員会 議事録概要 (Report). 津山市. (2008-8-30). 
  63. ^ 「「商都水戸再編3 どう図る差別化 北口戦争(中)」『茨城新聞』(茨城新聞社) 『いはらき縮刷版昭和63年4月号』360頁(1988年(昭和46年)4月22日、朝刊4面)。
  64. ^ 港北ニュータウン事業推進連絡協議会発行「港北ニュータウン」
  65. ^ 「横浜流通戦争」1993年(平成5年)苅谷昭久著、オーエス出版社 ISBN 4871903613
  66. ^ 読売新聞(関西)2007年10月10日「高島屋 大阪店改装の工期延長」[リンク切れ]
  67. ^ 高島屋が丸井今井支援へ名乗り 読売新聞、2009年2月19日[リンク切れ]
  68. ^ 「出す親も大変」4コマ目、単行本3巻、117頁。
  1. ^ 歴史的建物 大阪・高島屋東別館にサービスレジデンス誘致を決定(2018年1月30日)2018年2月8日閲覧
  2. ^ 月次営業情報”. 高島屋 (2018年7月17日). 2018年8月11日閲覧。
  3. ^ “高島屋東京店 重要文化財指定記念” (プレスリリース), 高島屋, (2009年6月30日), http://www.takashimaya.co.jp/shopping/special/0900000247//-/ 2010年5月15日閲覧。 
  4. ^ 両備グループ代表メッセージ
  5. ^ タカシマヤフードメゾン岡山店グランドオープン ニュースリリース(2014年11月5日)
  6. ^ いよてつ島屋会社概要





高島屋と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「高島屋」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高島屋」の関連用語

高島屋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高島屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高島屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS