堀 辰雄とは?

ほり‐たつお〔‐たつを〕【堀辰雄】

[1904~1953]小説家東京生まれ芥川竜之介師事フランス文学、特に心理主義手法影響を受け、知性叙情融合した独自の世界を築いた。作「聖家族」「風立ちぬ」「菜穂子」「美しい村」など。


堀 辰雄 (ほり たつお)

1904〜1953 (明治37年昭和28年)
小説家婚約者の死をもとに、「風立ちぬ」を執筆。純粋な愛と死フランス文学的な叙情で描き上げた。
昭和期小説家東京都出身東大卒一高入学後肺を患い軽井沢療養中関東大震災で母を失う。東京帝国大学に入ると、中野重治同人誌驢馬(ろば)」を創刊1930年昭和5)「聖家族」で文壇デビュー軽井沢療養所で婚約者を失った経験をもとに書かれた「風立ちぬ」では、純粋な愛と生命の美を描いた。ほか代表作に「美しい村」、「かげろふの日記」、「菜穂子」など。

 年(和暦)
1904年 (明治37年) 日露戦争 0才
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 3才
1910年 (明治43年) 韓国併合 6才
1918年 (大正7年) 米騒動 14才
1923年 (大正12年) 関東大震災 19才
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 24
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 28
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 32
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 37
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 41
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 42
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 47
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 49


 人物
淺沼 稲次郎 1898年1960年 (明治31年昭和35年) +6
土方 与志 1898年1959年 (明治31年昭和34年) +6
溝口 健二 1898年1956年 (明治31年昭和31年) +6
近衛 秀麿 1898年1973年 (明治31年昭和48年) +6
吉野 源三郎 1899年1981年 (明治32年昭和56年) +5
田河 水泡 1899年1989年 (明治32年平成元年) +5
阪東 妻三郎 1901年1953年 (明治34年昭和28年) +3
小林 秀雄 1902年1983年 (明治35年昭和58年) +2
近藤 真柄 1903年1983年 (明治36年昭和58年) +1
古川 縁波 1903年1961年 (明治36年昭和36年) +1
美濃部 亮吉 1904年1984年 (明治37年昭和59年) 0
榎本 健一 1904年1970年 (明治37年昭和45年) 0
朝永 振一郎 1906年1979年 (明治39年昭和54年) -2
湯川 秀樹 1907年1981年 (明治40年昭和56年) -3
大岡 昇平 1909年1988年 (明治42年昭和63年) -5
黒澤 明 1910年1998年 (明治43年平成10年) -6

堀辰雄

以下の映画堀辰雄関連しています。


堀辰雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 14:48 UTC 版)

堀 辰雄(ほり たつお、1904年明治37年)12月28日 - 1953年昭和28年)5月28日)は、日本小説家[2]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「師・芥川龍之介の死を超えて」(アルバム 1984, pp. 14-25)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az 「略年譜」(アルバム 1984, pp. 114-108)
  3. ^ 中村真一郎「月報2 編集雑記」(全集2 1996
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 「数学志望から文学志望へ」(アルバム 1984, pp. 2-13)
  5. ^ a b c d e 「『ふるさと』信濃・大和」(アルバム 1984, pp. 84-96)
  6. ^ a b c d e f g 堀辰雄「花を持てる女」(文學界 1942年8月号)。『幼年時代』(青磁社、1942年)、全集2 1996, pp. 189-218に所収。[1]
  7. ^ 池内 1977
  8. ^ 佐々木 1983
  9. ^ 谷田 1997
  10. ^ a b c d e f g h i 谷田昌平編「年譜」(別巻2 1997, pp. 407-422)
  11. ^ 堀辰雄「『青猫』について」(『萩原朔太郎全集 第2巻 詩集・下』第8回配本附録 小学館、1944年2月)。[2]
  12. ^ 「五『驢馬』の人々との出会い」(佐多 1983, pp. 106-132)
  13. ^ a b 「川端康成」(多恵子 1996, pp. 43-53)
  14. ^ a b c d e 「ロマンへの意欲」(アルバム 1984, pp. 26-64)
  15. ^ a b 「立原道造」(多恵子 1996, pp. 77-84)
  16. ^ 中村真一郎「ある文学的系譜――芥川・堀・立原」(新潮 1979年5月号)。別巻2 1997, pp. 29-38
  17. ^ a b c d 「鎮魂の祈り」(アルバム 1984, pp. 65-77)
  18. ^ a b 「『菜穂子』の構想と実現」(アルバム 1984, pp. 78-83)


「堀辰雄」の続きの解説一覧



堀 辰雄と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「堀 辰雄」の関連用語

堀 辰雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



堀 辰雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堀辰雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS