大岡 昇平とは?

おおおかしょうへい おほをか- 【大岡昇平】 ○

(1909~1988 小説家東京生まれ京大卒。「俘虜記」「野火」で自らの戦場体験内省的に描く。知的文体の「武蔵野夫人」「花影」や,「レイテ戦記」ほか,中原中也評伝などがある。

大岡 昇平 (おおおか しょうへい)

1909〜1988 (明治42年昭和63年)
小説家】 「俘慮記」「野火」で戦後派作家旗手に。芸術院会員拒否した気骨の人。
昭和後期小説家東京都出身京大卒。成城高校時代家庭教師として小林秀雄出会い、後に中原中也河上徹太郎今日出海こんひでみ)らとも知り合う太平洋戦争従軍体験をもとに「俘虜記(ふりよき)」を書き以後野火(のび)」「レイテ戦記」と戦争文学傑作発表。「武蔵野夫人」「花影(かえい)」など風俗小説執筆した。1981年昭和46芸術院会員選出されたが、辞退

 年(和暦)
1910年 (明治43年) 韓国併合 1才
1918年 (大正7年) 米騒動 9才
1923年 (大正12年) 関東大震災 14才
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 19才
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 23
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 27
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 32
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 36
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 37
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 42
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 44
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 47
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成 51
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印 51
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック 55
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位 59
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会 61
1971年 (昭和46年) 環境庁設置 62
1973年 (昭和48年) 第1次オイルショック 64
1976年 (昭和51年) ロッキード事件 67
1978年 (昭和53年) 日中平和友好条約 69
1978年 (昭和53年) 成田空港開港 69
1979年 (昭和54年) 第2次オイルショック 70
1982年 (昭和57年) 東北・上越新幹線開通 73
1983年 (昭和58年) 大韓航空機撃墜事件 74
1985年 (昭和60年) 日航ジャンボ機墜落事件 76
1986年 (昭和61年) 国鉄分割・民営化 77


 人物
近藤 真柄 1903年1983年 (明治36年昭和58年) +6
古川 縁波 1903年1961年 (明治36年昭和36年) +6
美濃部 亮吉 1904年1984年 (明治37年昭和59年) +5
堀 辰雄 1904年1953年 (明治37年昭和28年) +5
榎本 健一 1904年1970年 (明治37年昭和45年) +5
朝永 振一郎 1906年1979年 (明治39年昭和54年) +3
湯川 秀樹 1907年1981年 (明治40年昭和56年) +2
黒澤 明 1910年1998年 (明治43年平成10年) -1

大岡昇平(おおおか・しょうへい)

1909年(明42)、東京牛込生まれ京都大学仏文科卒。小林秀雄影響文学研究を行う。日本代表的文学者
1948年(昭23)に発表した「俘虜記」で横光利一受賞同時に日本文藝家協会の「創作代表選集 第2巻(昭和23年度版)」に収録される。
探偵小説としては、1950年(昭25)、「オール読物」に「お艶殺し」を発表
1951年(昭26)に発表した「野火」で1951年(昭26)の第3回読売文学賞受賞同時に日本文藝家協会の「創作代表選集 第9巻(昭和26年後期)」に収録される。
1956年(昭31)に発表した「沼津」は日本文藝家協会の「創作代表選集 第17巻(昭和30年後期)」に収録される。
1956年(昭31)に発表した「友情」は日本文藝家協会の「創作代表選集 第18巻(昭和31年前期)」に収録される。
1955年(昭30)に「オール読物」に発表した「春の夜の出来事」が1956年(昭31)に第9回日本探偵作家クラブ賞候補となる。
1959年(昭34)に発表した「水の上」は日本文藝家協会の「創作代表選集 第25巻(昭和34年後期)」に収録される。
1960年(昭35)に発表した「逆杉」は日本文藝家協会の「文学選集 26(昭和36年版)」に収録される。
1961年(昭36)に発表した「花影」で新潮社文芸賞毎日出版文化賞受賞
1962年(昭37)に日本文藝家協会理事就任
1965年(昭40)に発表した「叔母」は日本文藝家協会の「文学選集 31(昭和41年版])」に収録される。
1971年(昭46)に発表した「焚火」は日本文藝家協会の「文学選集 37(昭和47年版)」に収録される。
1971年(昭46)、芸術院会員に選ばれたが、「私は捕虜になったから、国民的栄誉を受ける資格がない」と辞退
1972年(昭47)に発表した「ナポレオンの眼」は日本文藝家協会の「文学 1973」に収録される。
1973年(昭48)に発表した「『恥の歌』その他」は日本文藝家協会の「文学 1974」に収録される。
レイテ戦記」で毎日芸術大賞受賞
1974年(昭49年)、「中原中也」にて第27野間文芸賞受賞
1977年(昭52)に刊行した「事件」が、1978年(昭53)第31日本推理作家協会賞長編部門受賞芸術院会員辞退したが、このときは「今までいただいたどの賞よりも嬉しい」と喜んだという。また、この作品は「週刊文春」の77年傑作ミステリーベスト10」の8位に選ばれる。もともとは1961年(昭36)から朝日新聞連載された「若草物語」が元になっている。
1979年(昭54)に「小説新潮春号」に発表した「盗作の証明」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1980年版」に収録される。
1984年(昭59)に発表した「純文学」は日本文藝家協会の「文学 1985」に収録される。
1988年(昭63)、脳梗塞発作により死去



大岡昇平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/28 20:29 UTC 版)

大岡 昇平(おおおか しょうへい、1909年明治42年)3月6日 - 1988年昭和63年)12月25日)は、日本の小説家評論家・フランス文学の翻訳家・研究者。




  1. ^ a b 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、3頁)
  2. ^ a b c d e f 新潮日本文学アルバム 大岡昇平』104頁
  3. ^ 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、4頁)
  4. ^ 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、98頁)
  5. ^ 沢木耕太郎『テロルの決算』より
  6. ^ a b c d e f g h i j k 新潮日本文学アルバム 大岡昇平』105頁
  7. ^ a b c 新潮日本文学アルバム 大岡昇平』106頁
  8. ^ a b c d e f g h 新潮日本文学アルバム 大岡昇平』107頁
  9. ^ a b c 新潮日本文学アルバム 大岡昇平』108頁
  10. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)58頁
  11. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)6頁
  12. ^ 榊山潤編『碁がたき』(南北社)P.7
  13. ^ 『成城だより』1980年5月8日の記述より。
  14. ^ より詳しい記述は『成城だより』1980年9月10日に「選考委員の総体ではなく、(候補に挙げないのはおかしいと、選考の段階で欠席して、あとでクレームを入れた)クレーム委員とこの(それによって意見を変えた)翻意委員(舟橋聖一)に恩を着ることとなる」としている。
  15. ^ 加賀乙彦著『加賀乙彦 自伝』 集英社 2013年
  16. ^ a b c d 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、58頁)
  17. ^ a b 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、59頁)
  18. ^ a b 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、60頁)
  19. ^ 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、62頁)
  20. ^ 6.築き:源流”. 和歌山の日本酒・米焼酎【日本城蔵元 吉村秀雄商店】. 吉村秀雄商店. 2013年8月31日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、109頁)
  22. ^ 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、109-110頁)
  23. ^ 母が“姉さんのようにしていた”女性である
  24. ^ 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、103頁)
  25. ^ 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、110頁)
  26. ^ a b 大岡昇平著『少年─ある自伝の試み』(1975年、筑摩書房、111頁)


「大岡昇平」の続きの解説一覧





大岡 昇平と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

日本の小説家 清水紫琴  喜多みどり  大岡昇平  クライン・ユーベルシュタイン  藤田宜永
時代小説・歴史小説作家 井上祐美子  山本周五郎  大岡昇平  磐紀一郎  原田康子
推理作家 篠田節子  森下雨村  大岡昇平  藤田宜永  太田忠司
日本の推理作家 吉原忠男  山本周五郎  大岡昇平  藤田宜永  太田忠司
日本推理作家協会賞受賞者 香山滋  鶴見俊輔  大岡昇平  藤田宜永  梅原克文
戦記作家 吉田俊雄  大岡昇平  児島襄  御田重宝  井伏鱒二
日本の文学研究者 加藤典洋  河内清  大岡昇平  宮崎雄行  三谷邦明
日本の翻訳家 河内清  白石朗  大岡昇平  藤田宜永  若月紫蘭
太平洋戦争の人物 有泉龍之介  重光葵  大岡昇平  小栗一雄  保科善四郎
フランス文学者 高橋安光  河内清  大岡昇平  小林竜雄  岡谷公二
明治大学の教員 岡正雄  兼清弘之  大岡昇平  諸富祥彦  杉山利恵子

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大岡 昇平」の関連用語

大岡 昇平のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大岡 昇平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2018 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大岡昇平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS