ジャンボ機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ジャンボ機の意味・解説 

ボーイング747

(ジャンボ機 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 11:14 UTC 版)

ボーイング747シリーズ


注釈

  1. ^ ただし、エアバスA380が実機としてロールアウトしたのは2005年であるため、航空史上、20世紀における最大の民間航空機となっている。
  2. ^ C-5Aの計画時期に該当する。
  3. ^ 結果として超音速旅客機の就役はなかったものの、ボーイング777の登場により旅客型の主力の座を譲ることとなった際には、この設計が役立ち、貨物型の受注が好調となっている。
  4. ^ 2000年代に入ってからは、各航空会社の燃費に対する意識がさらに強くなり、A340でさえ燃費が悪い(4発機であるため)としてボーイング777に切り替える航空会社もある。例:エア・カナダオーストリア航空など
  5. ^ 関西国際空港開港前のにおいては、伊丹空港から国際線の運航が行われていた。
  6. ^ 旅客型は2016年10月1日を以て完全退役。
  7. ^ 元TNT航空。
  8. ^ ボーイング747-400LCF型。アトラス航空が運航。
  9. ^ a b 747-400D型も含む。
  10. ^ 1999年、-400D型がハイジャックされ、機長が死亡した。(JA8966)(全日空61便ハイジャック事件)
  11. ^ 2017年10月退役。
  12. ^ 2000年に、台北で特別塗装機(トロピカル・メガトップ)が離陸に失敗、B744で初の乗客が死亡する事故が起きた。(9V-SPK)(シンガポール航空006便墜落事故)
  13. ^ 1997年グアムで墜落。これはB747-300の唯一の事故である。(HL7468)(大韓航空801便墜落事故)
  14. ^ 1990年イラククウェート侵攻中にクウェート国際空港に着陸してしまい、乗員が拉致された。その後機体は爆破された。(G-AWND)(ブリティッシュエアウェイズ149便乗員拉致事件)
  15. ^ 1985年サンフランシスコ沖の太平洋で急降下事故を起こしている。(N4522V)(中華航空006便急降下事故)
  16. ^ 1985年8月12日、-100SR型が飛行中に尾翼が脱落し油圧全損、操縦不能になり、群馬県御巣鷹の尾根に墜落した。これは単独機の事故として世界最悪の事故である。(JA8119)(日本航空123便墜落事故)
  17. ^ 1974年ナイロビで墜落。これはB747初の事故である。(D-ABYB)(ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故)
  18. ^ 1977年KLM機と衝突事故(N736PA)(テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故)、1988年にはリビアによる爆破テロで空中分解している。(N739PA)(パンアメリカン航空103便爆破事件)
  19. ^ 1996年ニューデリー上空でカザフスタン航空機と空中衝突事故を起こした。(HZ-AIH)(ニューデリー空中衝突事故)
  20. ^ 1996年に、ニューヨークで空中分解事故を起こした。(N93119)(トランス・ワールド航空800便墜落事故)
  21. ^ 自社発注の-200Cを放出後長らくはDC-10とMD-11が主力だった。

出典

  1. ^ a b 「ジャンボジェット」ボーイング747型機が生産終了へ
  2. ^ ボーイング、B747ファミリーの累計生産が1500機を達成…ワイドボディ機で過去最多 レスポンス 2014年06月30日(月) 13時30分
  3. ^ a b c 阿施光南 (2019-04-01). “ジャンボジェットの半世紀”. 月刊エアライン. 39. イカロス出版. pp. 48-57 
  4. ^ 帆足孝治 (2019-04-01). “「747の父」、Joe Sutter”. 月刊エアライン. 39. イカロス出版. p. 59 
  5. ^ 航空用語辞典 非常口ドア - 日本航空(更新日不明/2018年3月21日閲覧)
  6. ^ 佐貫亦男 (1980). ジャンボジェットはどう飛ぶか. ブルーバックス. 講談社. ISBN 978-4061180291 
  7. ^ a b c B747 「落選作」がドル箱に:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 2019年2月27日閲覧。
  8. ^ B747 当初は中途半端な性能:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2019年2月19日閲覧。
  9. ^ スカイスリーパーサービス - JAL(facebook)・2015年10月4日
  10. ^ Time Flies: GE’s Original Flying Testbed Jets Off Into History
  11. ^ https://www.planespotters.net/production-list/Boeing/747/747-100
  12. ^ https://airlinegeeks.com/2018/05/25/last-commercially-operating-boeing-747sp-flown-to-retirement-in-iran/
  13. ^ 日本の旅客機全履歴データ 日本の旅客機2004-2005 159頁 イカロス出版 2004年5月31日発行
  14. ^ a b Boeing 747 - MSN 60411 - HL7644
  15. ^ a b 旅客機用の747、最後の1機製造か 米ボーイング
  16. ^ a b 「ジャンボ機」が生産終了に追い込まれたワケ
  17. ^ a b 90초만에 보는 보잉747 이야기
  18. ^ 747 Model Summary
  19. ^ 「ジャンボジェット」ボーイング747型機が生産終了へ:朝日新聞デジタル”. www-asahi-com.cdn.ampproject.org. 2021年9月13日閲覧。
  20. ^ Rzjets.net
  21. ^ [1]
  22. ^ Mahan Air | Mahan Fleet
  23. ^ 航空機の案内|ASIANA AIRLINES
  24. ^ 보잉 747-400 - 나무위키(朝鮮語)
  25. ^ 2020年に退役
  26. ^ 2020年8月~9月に退役
  27. ^ a b 写真特集:ユニークな塗装で魅了、世界の飛行機15選
  28. ^ Historic 747 reaches grim end in South Korea - ロサンゼルス・タイムズ(2010年12月13日)
  29. ^ デルタ航空のボーイング747-400型1号機が引退、来年本社の博物館に展示予定 - デルタ航空日本支社ニュースリリース 2015年9月10日
  30. ^ 「横着巨人機許さず 係官の我慢に限度 文書で定時発着求める」『朝日新聞』昭和45年(1970年)3月27日朝刊、12版、15面



「ジャンボ機」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャンボ機」の関連用語

ジャンボ機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャンボ機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボーイング747 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS