タービンエンジンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > エンジン > タービンエンジンの意味・解説 

タービンエンジン [5] 【turbine engine】

高圧ガスなどで回転翼回し推力をつくり出すエンジン

【タービンエンジン】(たーびんえんじん)

エンジン一種。現在航空機に用いられているジェットエンジンのほとんどは、このタービンエンジンである。

燃焼室を出た排気ガスによってタービン回しシャフトを介して伝えられるトルクによってコンプレッサー圧縮機)を回転させ、吸い込んだ空気圧縮する。
燃料大量噴射する必要があり、また理想的燃焼温度ではタービンブレードが融けてしまうたタービン入口温度抑制しており、熱機関としての効率はあまり高くない。

しかしながらレシプロエンジンなどに比べて単純な原理動作するため、軽量エンジンで高い出力を得ることができ、航空機速度上昇力などを飛躍的高めることとなった。
ゼロ速度からマッハ3未満までの幅広い速度帯で使うことができるため、現在実用化されている航空機用エンジンのほとんどがこのタービンエンジンで占められる。

なお、超音速飛行中のタービンエンジンといえどインテーク流入空気亜音速まで減速される。
タービンエンジンではないが、流入空気速度超音速のままで燃焼をおこなうものはスクラムジェットエンジン呼ばれる

動力取り出し方によって、ターボジェットターボファンターボプロップターボシャフトなどに分類される。

関連タービン入口温度 APU JFS ガスタービン






タービンエンジンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タービンエンジン」の関連用語

タービンエンジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タービンエンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2018 Weblio RSS