圧縮天然ガスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > ガス > 圧縮天然ガスの意味・解説 

圧縮天然ガス

読み方あっしゅくてんねんがす
【英】: compressed natural gas
略語: CNG

天然ガス圧縮後、耐圧容器格納し、輸送および貯蔵する方式
1970 年代より同技術利用した輸送システム検討されている。現在、CNG としてなじみが深いのは、バストラックCNG 車)の燃料であり、次世代を担う低公害石油代替エネルギーとして世界各地普及している。CNG 車での圧力はおよそ 2025 メガパスカル体積が約 1/200 ~1/250 となる。
近年天然ガス輸送には主にパイプラインLNG 方式採用している。パイプラインではおよそ 7 メガパスカル体積は約 1/70 でしかないが、陸上輸送および比較短距離海上輸送に適している。一方LNG 方式液化することにより超低温取扱うことになるため大規模設備投資が必要となるものの、体積が約 1/600 となり、海上長距離輸送に適している。
これに対し、中短距離海上輸送には、海底パイプラインとともに CNG 技術適用も有効である(図)。この技術は、LNGのような陸側に大規模設備投資不要なため、LNG 方式では経済的成り立たない中小規模ガス田を有効利用する輸送手段となりうる。海上輸送される CNG には、CNG 車燃料要求されるような品質管理は特に不要で、通常のパイプラインガスレベルの組成であれば問題はない。近年地球環境問題から油田における石油随伴ガス燃焼処理に対す批判や、天然ガス市場価格高騰等を背景に、ますます注目を浴びている。

参照石油天然ガスレビュー 2005 年 9 月号「中小天然ガス田マネタイゼーションの新展開」
後藤 譲、2006 年 3 月

図 初めて検討された CNG 船概観図

天然ガス

(圧縮天然ガス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/20 16:37 UTC 版)

天然ガス(てんねんガス)とは、天然に産する化石燃料としての炭化水素ガスのことである。メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。現代では、エネルギー源や化学品原料として広く使われる。




  1. ^ 都市ガス事業について日本ガス協会(2018年4月3日閲覧)
  2. ^ 天然ガスが「クリーン・エネルギー」と呼ばれるのはなぜ?国際石油開発帝石(2018年4月3日閲覧)
  3. ^ 火力発電の主力燃料「LNG」の正体って?東京電力ホールディングス(2018年4月3日閲覧)
  4. ^ 海運3社/船舶にLNG 自ら供給網/環境規制に対応 燃料船普及視野『日経産業新聞』2018年3月15日(商社・物流面)
  5. ^ 天然ガスとは三菱瓦斯化学(2018年4月3日閲覧)
  6. ^ ヨウ素とは関東天然瓦斯開発(2018年4月3日閲覧)
  7. ^ 「東ガス、LNGコスト削減/マレーシア産、転売可能に/ガス値下げの可能性も」『日本経済新聞』朝刊2018年3月14日
  8. ^ 北逸郎、長谷川英尚、神谷千紗子 ほか、CH4の炭素同位体比とN2/Ar比の分布に基づく天然ガスの生成プロセス 石油技術協会誌 Vol.66 (2001) No.3 P.292-302
  9. ^ a b c 早稲田周、重川守(1988):本邦油•ガス田地帯における天然ガスの起源に関する地球化学的考察 石油技術協会誌 Vol.53 (1988) No.3 P.213-222
  10. ^ 吉江照一:地球深層天然ガスに関する調査 石油技術協会誌 Vol.56 (1991) No.2 P159-164
  11. ^ 早稲田周、岩野裕継、武田信從、地球化学からみた天然ガスの成因と熟成度 石油技術協会誌 Vol.67 (2002) No.1 P.3-15
  12. ^ 石炭を天然ガスに変えるメタン生成菌を発見 産業技術総合研究所 2016/10/14
  13. ^ a b 金子信行:メタン生成アーケア(古細菌) 石油技術協会誌 Vol.68 (2003) No.5 P450-457
  14. ^ 坂田将、高橋誠、星野一男(1986):深部火山岩中の天然ガスの成因に関する地球化学的考察 石油技術協会誌 Vol.51 (1986) No.3 P.228-237
  15. ^ 藤田嘉彦、火山岩体石油鉱床の起源 地学雑誌 Vol.94 (1985-1986) No.7 P612-619
  16. ^ 北逸郎、長谷川英尚、滝沢英夫 ほか、天然ガスの起源と生成環境 N2/Ar比とHe/Ar比からのアプローチ 石油技術協会誌 Vol.64 (1999) No.5 P.438-447
  17. ^ a b c d e f g 糸山直之著 「LNG船がわかる本」 成山堂出版 2005年1月18日 増補改訂初版発行 ISBN 4-425-32123-5
  18. ^ サイエンス』日本語版 2007年12月号
  19. ^ a b c d e f g 藤田和男ほか監修 佐々木詔雄ほか編著 『天然ガスの本』 日刊工業新聞 2008年3月25日初版1刷発行 ISBN 978-4-526-06024-3
  20. ^ コンデンセートとは地下では気体であったものが地上の圧力や温度の低下によって凝縮した液体のことをいう。
  21. ^ ハイドレートとはガスの水分が凍結したもの。
  22. ^ 第2節 一次エネルギーの動向”. 資源エネルギー庁. 2019年7月9日閲覧。
  23. ^ 金子信行、佐脇貴幸、棚橋学、「関東平野下に賦存する可燃性天然ガスについて」 日本地質学会学術大会講演要旨 第115年学術大会(2008秋田)セッションID: P-90, doi:10.14863/geosocabst.2008.0.426.0
  24. ^ LNGとは
  25. ^ : liquefied natural gas
  26. ^ 日本エネルギー学会編 「よくわかる天然ガス」 社団法人 日本エネルギー学会 2000年2月16日初版発行 ISBN 4-339-08232-5
  27. ^ “「世界最大の浮遊施設」が進水、エンパイアステートビルより巨大”. AFP (フランス通信社). (2013年12月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004524 2013年12月6日閲覧。 
  28. ^ a b Center for Energy Economics, BEG/UT-Austin(2013年7月28日時点のアーカイブ
  29. ^ LNG供給(タンクローリー・タンクコンテナ輸送)東北天然ガス株式会社(2018年3月15日閲覧)
  30. ^ 【注目グリーン技術】石油資源開発/世界初のLNG鉄道輸送 鉄道網発達の欧米照準『日経産業新聞』2018年3月13日(環境・エネルギー・素材面)
  31. ^ SLNG - Singapre LNG Corporation(2014年3月8日時点のアーカイブ
  32. ^ 【ビジネスTODAY】川重がLNG発電船/10万世帯に供給可能/消費地近くに配置 土木工事不要『日本経済新聞』朝刊2018年12月4日(企業3面)2018年12月21日閲覧。
  33. ^ Johnson, Jeff. LNG WEIGHS ANCHOR. Chemical & Engineering News. Vol.83. No.17. pp.19-22. 2005年4月25日.
  34. ^ 商船三井がLNG発電船 事業化検討、収益安定狙う
  35. ^ LNG発電船、インドネシアに初配備…政府検討
  36. ^ : compressed natural gas
  37. ^ ケネス・S・ディフェス著 秋山淑子訳 「石油が消える日」 パンローリング株式会社 2007年8月5日初版第一刷発行 ISBN 978-4-7759-7088-1


「天然ガス」の続きの解説一覧



圧縮天然ガスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「圧縮天然ガス」の関連用語

圧縮天然ガスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



圧縮天然ガスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然ガス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS