液化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 液化 > 液化の意味・解説 

えき‐か〔‐クワ〕【液化】

読み方:えきか

[名](スル)気体液体の状態に変化すること。また、変化させること。

「液化」に似た言葉

液化(えきか)

飽和状態ほうわじょうたい)にある蒸気温度を下げると、蒸気一部液体に戻る。これを液化という。また、澱粉不溶性であるが、これをα-アミラーゼ分解して可溶性にすることを澱粉の液化という。

凝縮

(液化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 07:53 UTC 版)

凝縮(ぎょうしゅく 英:Condensation)は、気体から液体への物質の状態変化であり、気化の逆にあたるもの。液化とも言う[注釈 1]


注釈

  1. ^ 液化については、固体が溶けて液体になること(融解)を指す場合もあるが、通常は気体が液体になる状態変化を言う[1]
  2. ^ 水循環における「凝結」も「結露」も、英語では凝縮と同じ単語"Condensation"で表される[2]
  3. ^ a b 近年まで「昇華」とされていたが、2017年教科書改訂で気体から固体への状態変化は「凝華」と表すようになった[3]

出典

  1. ^ コトバンク「液化」日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より
  2. ^ a b IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "condensation in atmospheric chemistry".
  3. ^ Science Kido「2017年教科書改訂!これからは固体から気体は昇華、気体から固体は凝華」2020年3月14日
  4. ^ Schiermeier, Quirin (2008年2月28日). “'Rain-making' bacteria found around the world”. Nature. https://www.nature.com/news/2008/080228/full/news.2008.632.html 2018年6月21日閲覧。 
  5. ^ LIZ STINSON「空気中の水を集める竹の塔、エチオピアで実証試験へ」wired.jp,2015年1月14日
  6. ^ FogQuest - Fog Collection / Water Harvesting Projects - Welcome Archived 2009-02-23 at the Wayback Machine.
  7. ^ Warsinger, David M.; Mistry, Karan H.; Nayar, Kishor G.; Chung, Hyung Won; Lienhard V., John H. (2015). “Entropy Generation of Desalination Powered by Variable Temperature Waste Heat”. Entropy 17 (11): 7530-7566. Bibcode2015Entrp..17.7530W. doi:10.3390/e17117530. 
  8. ^ White, F.M. ‘Heat and Mass Transfer’ - 1988 Addison-Wesley Publishing Co. pp. 602-604
  9. ^ Q&A: Microchannel air-cooled condenser; Heatcraft Worldwide Refrigeration; April 2011; Archived copy”. 2013年2月20日閲覧。
  10. ^ Enright, Ryan (23 Jul 2014). “Dropwise Condensation on Micro- and Nanostructured Surfaces”. Nanoscale and Microscale Thermophysical Engineering 18 (3): 223?250. Bibcode2014NMTE...18..223E. doi:10.1080/15567265.2013.862889. https://dspace.mit.edu/bitstream/1721.1/85005/1/Dropwise%20Condensation%20on%20Micro-%20and%20Nanostructured%20Surfaces.pdf. 
  11. ^ a b Condensation”. Property Hive. 2021年11月14日閲覧。
  12. ^ Condensation around the house - what causes condensation”. diydata.com. 2021年11月14日閲覧。


「凝縮」の続きの解説一覧

液化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 09:59 UTC 版)

天然ガス」の記事における「液化」の解説

天然ガス主成分であるメタン他にもエタンプロパンブタンなどのガス含まれているが、LNGへの液化の過程これらのガス同時に液化されるため、LNG元となる天然ガス産地によってこれら炭化水素構成比違いがあるLNGの液化の初期段階過程では、水和物作ってパイプ閉塞させる炭酸ガスや、プラント腐蝕する硫黄酸化物などの不純物除去されるため、LNG人体にとって無害となる。 液化には「C3-MCR」「TEALARC」「PRICO」「CASCADE」の4つの方式が存在するCASCADE では冷媒メタンエチレンプロパンの純成分個別に3段階で使用しており、他の3方式窒素メタンエタンプロパン混合して使用している。液化プラント使用されているのは C3-MCR 方式が多い。 一般的なガス田の液化施設は、多くの生産地近接した所に設置されるが、海上ガス田の場合には浮体構造洋上液化設備(FLNG)や積み出し保管設備等が設置される場合がある2013年進水したロイヤル・ダッチ・シェル船型構造物自力航行装備持たない)は、排水トン数60トン以上と世界最大級空母6隻分に相当する巨大なものとなった

※この「液化」の解説は、「天然ガス」の解説の一部です。
「液化」を含む「天然ガス」の記事については、「天然ガス」の概要を参照ください。


液化(トロカデロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:50 UTC 版)

海賊 (ONE PIECE)」の記事における「液化(トロカデロ)」の解説

体を液体変え相手攻撃をかわす。酸性度コントロールし液体強酸変えることができるが、体力消耗激しい。

※この「液化(トロカデロ)」の解説は、「海賊 (ONE PIECE)」の解説の一部です。
「液化(トロカデロ)」を含む「海賊 (ONE PIECE)」の記事については、「海賊 (ONE PIECE)」の概要を参照ください。


液化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/29 14:20 UTC 版)

液体ヘリウム」の記事における「液化」の解説

ヘリウムは、1908年7月10日オランダ物理学者ヘイケ・カメルリング・オネスによって初め液化された。当時は質量分析法がまだ発明されていなかったため、ヘリウム3知られていなかった。近年液体ヘリウム冷媒として使用されており、核磁気共鳴画像法核磁気共鳴脳磁図等に用いられる超伝導電磁石冷却や、低温メスバウアー分光のような物理学実験用いるために、商業的に生産が行われている。ヘリウムは、ジュール=トムソン効果利用したハンプソン=リンデサイクルを用いてのみ液化が可能であり、より単純な他の冷却方法では得ることが出来ない

※この「液化」の解説は、「液体ヘリウム」の解説の一部です。
「液化」を含む「液体ヘリウム」の記事については、「液体ヘリウム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「液化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

液化

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 13:52 UTC 版)

名詞

 えきか

  1. 固体気体液体変化すること。

翻訳

発音(?)

え↗きか

動詞

活用

サ行変格活用
液化-する

翻訳


「液化」の例文・使い方・用例・文例




液化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

液化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



液化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凝縮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの天然ガス (改訂履歴)、海賊 (ONE PIECE) (改訂履歴)、液体ヘリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの液化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS