国際純正・応用化学連合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 学術団体 > 学術団体 > 化学系学会 > 国際純正・応用化学連合の意味・解説 

こくさい‐じゅんせいおうようかがくれんごう〔‐ジユンセイオウヨウクワガクレンガフ〕【国際純正・応用化学連合】

読み方:こくさいじゅんせいおうようかがくれんごう

アイ‐ユー‐ピー‐エー‐シーIUPAC


国際純正・応用化学連合 (IUPAC, International Union of Pure and Applied Chemistry)


国際純正・応用化学連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 03:31 UTC 版)

国際純正・応用化学連合: International Union of Pure and Applied ChemistryIUPAC)は、各国の化学者を代表する国内組織の連合である国際科学会議の参加組織である[2]。IUPACの事務局はノースカロライナ大学チャペルヒル校デューク大学ノースカロライナ州立大学が牽引するリサーチ・トライアングル・パーク(アメリカ合衆国ノースカロライナ州)にある。また、本部は、スイスチューリッヒにある。[3]。2018年12月4日現在の事務局長は、周其鳳が務めている。


  1. ^ Our leadership
  2. ^ a b IUPAC National Adhering Organizations”. Iupac.org (2011年6月2日). 2011年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月8日閲覧。
  3. ^ IUPAC Council Agenda Book 2009”. IUPAC (2009年). 2010年4月17日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ Our History
  6. ^ a b IUPAC Committees list retrieved 15 April 2010
  7. ^ Interdivisional Committee on Terminology web page Archived 2010年10月9日, at the Wayback Machine. retrieved 15 April 2010
  8. ^ Chemdrawn Archived 2008年7月6日, at the Wayback Machine. retrieved 15 April 2010
  9. ^ Pure and Applied Chemistry Editorial Advisory Board web page Archived 2010年10月9日, at the Wayback Machine. retrieved 15 April 2010
  10. ^ Project Committee web page”. Iupac.org (2011年6月2日). 2011年6月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月8日閲覧。
  11. ^ Evaluation Committee page Archived 2010年10月9日, at the Wayback Machine. retrieved 15 April 2010
  12. ^ a b c d e Fennel, R.W. (1994). History of IUPAC, 1919–1987. Blackwell Science. ISBN 0-86542-878-6 
  13. ^ a b IYC: Introduction. 9 July 2009. Retrieved on 17 February 2010. Retrieved 15 April 2010
  14. ^ a b c d e Brown, Theodore L.; H. Eugene LeMay Jr, Bruce E Bursten (2006). Chemistry The Central Science Tenth Edition. Pearson Books. ISBN 0-13-109686-9 
  15. ^ International Union of Pure and Applied Chemistry: About Archived 2012-12-14 at the Wayback Machine.. IUPAC. Retrieved on 2013-07-29.
  16. ^ a b Kaderas, Brigitte (2002) (German). Wissenschaften und Wissenschaftspolitik: Bestandsaufnahmen zu Formationen, Brüchen und Kontinuitäten im Deutschland des 20. Jahrhunderts. Franz Steiner Verlag. ISBN 3-515-08111-9 
  17. ^ IUPAC National Adhering Organizations Archived 2011年6月4日, at the Wayback Machine. retrieved 15 April 2010
  18. ^ 代表派遣会議出席報告(日本学術会議 )
  19. ^ IUPACから“グリーンブック”の第3版が出版されました(社団法人 日本化学会)
  20. ^ IUPAC Publications List Archived 2010年5月9日, at the Wayback Machine. retrieved 15 April 2010
  21. ^ Klein, David R. (2008). Organic Chemistry I As a Second Language: Translating the Basic Concepts Second Edition. John Wiley & Sons Inc.. ISBN 978-0-470-12929-6 
  22. ^ Klein, David R. (2008). Organic Chemistry I As a Second Language: Translating the Basic Concepts Second Edition. John Wiley & Sons Inc.. ISBN 978-0-470-12929-6 
  23. ^ Gold Book web page”. Old.iupac.org (2006年10月19日). 2011年6月8日閲覧。
  24. ^ Amino Acid Codes retrieved 15 April 2010
  25. ^ Amino Acid and Nucleotide Base Codes retrieved 15 April 2010
  26. ^ United Nations Resolution 63/209: International Year of Chemistry. Archived 2010年8月5日, at the Wayback Machine. 3 February 2009. Retrieved on 24 April 2010.
  27. ^ About IYC: Introduction. 9 July 2009. Retrieved on 24 April 2010.
  28. ^ International Year of Chemistry Prospectus”. Portal.acs.org. 2011年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月8日閲覧。
  29. ^ International Year of Chemistry Prospectus Archived 2011年11月5日, at the Wayback Machine. retrieved 15 April 2010


「国際純正・応用化学連合」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

国際純正・応用化学連合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国際純正・応用化学連合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2022 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際純正・応用化学連合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS