ベッツの法則とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ベッツの法則の意味・解説 

ベッツの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 20:17 UTC 版)

ベッツの法則(ベッツのほうそく、: Betz' law)とは、アルバート・ベッツ[1]によって導出された流体機械におけるエネルギー変換に関する法則。薄い羽根車状の回転機械を用いて、流体運動エネルギーから取り出すことのできる最大のエネルギーに言及する。ただし流体の密度は一定であると仮定し、熱力学的なエネルギーの授受は考慮しない。


  1. ^ A. Betz, Das Maximum der theoretisch moeglichen Ausnuetzung des Windes durch Windmotoren, Zeitschrift fuer das gesamte Turbinenwesen, Heft 20, Sept., 1920
  2. ^ F. W. Lanchester, Contribution to the Theory of Propulsion and the Screw Propeller, Transactions of the Institution of Naval Architects, Vol.LVII, March, 1915, pp.98-116.
  3. ^ 牛山泉 『風車工学入門』 (2版) 森北出版、2013年、29, 50頁。ISBN 978-4-627-94652-1 
  4. ^ 流体の単位時間当りの運動量変化と羽根車前後での圧力差により生じる力が等しいことを利用し、ベルヌーイの定理を用いると導出できる。ただし、vavg は条件次第でv1v2 を用いた別の関数形で表現される可能性もあり、それによって最終的に導かれる変換効率の値も変わってくる。


「ベッツの法則」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベッツの法則」の関連用語

ベッツの法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベッツの法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベッツの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS